FC2ブログ

荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

札幌らーめん 「大心」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

「大心」さんに来るのは3回目ぐらいでしょうか?

その名前は知っていましたが、コチラの方向に来ることはあまりないので、初めて食べたのは2年ほど前でしょうか?

その時から、清田でラーメンを食べるなら「大心」と決まってしまいました、我が家では。

味噌が苦手な私ですが、正油&塩は食べていますので今回は味噌ラーメンを注文。

本当はコチラが一押しなのでしょうが。

IMG_20181202_131435[1]

スポンサーサイト

ジャウマ・コレット=セラ監督 「フライト・ゲーム」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「フライト・ゲーム」を観る。

furaitoge-mu (2) furaitoge-mu (1)

一般の乗客を装い旅客機の警備に当たる航空保安官のビル・マークス。

酒が手放せず、決して品行方正とは言えない彼が今回乗り込むのは、NY発ロンドン行きの便。

大西洋の上空を飛行中の真夜中、機内ではほとんどの乗客が寝静まっていた。

その時、ビルの携帯に不審なメールが届く。

明らかにビルの行動を監視していると思われる正体不明の送信者は“指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す”とビルを脅迫。

やがて思いもよらぬ形で1人目の犠牲者が出てしまう。

そんな中、犯人の指定する口座がビルの名義と判明、地上の保安局ではビルこそが容疑者の筆頭と考え始める。

孤立無援の中、それでも見えない犯人の尻尾を掴もうと懸命に捜査を続けるビルだったが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

銀河鉄道999シールコレクション

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

◆アマダのシールコレクションNO.4 「銀河鉄道999 劇場上映版」

999nosi-rukorekusyonn01 (18) 999nosi-rukorekusyonn01 (20) 

実家の倉庫を整理していたら出た来たモノ。

劇場公開が1979年なのでたぶん79~80年ごろの物だと思われます。

夢枕獏著 「キマイラ11 明王変」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

夢枕獏著「キマイラ11 明王変」(朝日新聞/ソノラマノベルス/2015年11月20日第1刷)を読む。

kimaira11-002 (3) kimaira11-002 (2)

大鳳吼と久鬼麗一のキマイラ化を抑えるべく奔走する真壁雲斎。

亜室健之から聞いた恐るべき秘密を九十九三蔵に語り始める。

一方、スチュワート・ボックに拉致された織部深雪を助けるべく単身戦いを挑んだ菊地良二は、ボックの仲間と思われる久鬼にそっくりな謎の少年と対峙するが…。

キマイラをめぐる血ぬられた歴史と伝説が明らかになる、奇想天外の第11巻!

★★★★★★・・・・(6/10) 

TVドラマ 「遥かなる山の呼び声」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

NHKドラマ「遥かなる山の呼び声」を観る。

harukanaru-1.jpg

2018年春の北海道・中標津。

夫を亡くした風見民子(常盤貴子)は、亡夫がこだわり続けた完全放牧酪農を周囲の反対にも負けずに続けている。

昨年、風見家は大幅な赤字へ転落。

今年は黒字が必達の課題となっている。

しかし、民子をとりまく環境は崖っぷち状態。

義父は持病が悪化し、主な労働役務は民子ひとりの肩にずっしりと重くのしかかっているのが実態だ。

そんな折、嵐の夜にバイクが故障して動かなくなり、風見牧場へ一晩の宿を求めに来た男(阿部 寛)が民子の前に突然現れた。

ぶっきら棒に男は言った…「ここで働かせてください!」


★★★★★・・・・・(5/10) 

ホットワイン

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

以前に会場で飲んだホットワインが美味かったらしくカミさんのリクエストでミュンヘンクリスマス市に。

会場の小物売り場とか夜景のイルミネーションとかは関係なしの食い意地だけです。

カミさんはホットワイン、私はホットチェリービールなる物とソーセージの3種盛り合わせを注文。

IMG_20181124_121933_20181126175213f8e.jpg

ホットチェリービールは甘くて酒って感じではありませんが、かすかに残る炭酸も不思議な舌触りで、チェリー好きの私は意外と美味しく飲めました。

ホットワインも甘露です。

カミさんももっと飲みたいと言っていましたが

オジサン&オバサンは寒いのが苦手なので、買い物を済ませたら素直に直帰。

でも帰りにワイン2本とシナモンを買って帰りました。

ワインに砂糖とレモンジュースとシナモンと胡椒と一味唐辛子。

レンジでチンして・・・これが結構イケます。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

ギレルモ・デル・トロ監督 「デビルズ・バックボーン」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「デビルズ・バックボーン」を観る。

激しい内戦が続くスペイン。

人里離れた荒野に建つサンタ・ルチア孤児院。

中庭に大きな不発弾が突き刺さったままのこの孤児院にある日、12歳の少年カルロスがやって来る。

幼児を漬けたラム酒を飲む老牧師や義足の女院長など不気味な大人たちが少年を迎え入れる。

彼に与えられたベッドは“12番”。

それはある日を境に行方不明となったサンティという少年が使っていたベッドだった。

その日から、カルロスは奇妙な囁き声や物音に悩まされるようになる。

やがてカルロスはサンティの霊が何かを自分に訴えかけていると感じる。

恐怖に怯えながらもサンティをめぐる秘密に興味を抱くカルロスだったが…。


★★★★★★★・・・(7/10) 

夢枕獏著 「キマイラ10 鬼骨変」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

夢枕獏著「キマイラ10 鬼骨変」(2014年9月30日第1刷)を読む。

kimaira10-001 (3) kimaira10-001 (2)

明らかになった恐るべき過去を背負い、南アルプスの山麓でキマイラ化した久鬼麗一と対峙する久鬼玄造と九十九三蔵。

それを見守る宇名月典善、菊地良二―。

そして、一敗地にまみれたあの龍王院弘の姿もあった。

人か、獣か、それとも神か。

キマイラにおのれの運命を狂わされた男たちの執念が渦巻く、驚天動地の第10巻!


★★★★★★・・・・(6/10) 



◆2018年3月記事

夢枕獏の小説『キマイラ』が、押井守監督によってアニメ映画化されることが判明。このビッグタッグに、ファンから歓喜の声が上がっている。
同作は、「キマイラ」シリーズとして1982年から続いている小説。体内に幻獣キマイラを秘めた少年・大鳳吼がたどる数奇な運命を描いていく。今回のアニメ映画化は、2018年3月7日(水)に発売された『キマイラ 13 堕天使変』の帯で発表された。
原作小説のどの部分が映像化されるのかについては明かされていないものの、アニメ映画化に期待に寄せる声は多く、「はああぁぁぁ! 生きててよかったぁぁぁ!」「絶対に見なければならない」「ひやあああああ! 俺は30年以上待ってたぜえええ」「如何に調理されるのかが気になる!」といった声が上がっている。
スタッフや公開時期などもまだ発表されていないが、『キマイラ 13 堕天使変』の巻末で夢枕は映画化に対するコメントを綴っている。
『キマイラ』映画化のニュースは様々な言語で世界中に拡散されている。世界が注目する同作の続報に期待しよう。


TVドラマ 「スケバン刑事 II 少女鉄仮面伝説」 Vol.1

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

何を血迷ったのか、本作をレンタル。

sukebanndekatati (2) sukebanndekatati02 (1)

南野陽子主演による「スケバン刑事」の続編。

スケバン鉄仮面こと五代陽子は2代目スケバン刑事・麻宮サキを襲名し、特製ヨーヨーを駆使して巨悪と戦う。

第1話「登場!謎のスケバン鉄仮面」から第5話「秀才ドラフト会議をつぶせ!」までの全5話を収録する。


★★★★★・・・・・(5/10) 

本田隆一監督 「市民ポリス69」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「市民ポリス69」を観る。

siminnpori692 (1) siminnpori692 (2)

急増する犯罪に対応するため、東京都は軽犯罪の取り締りを善良な一般市民に委ねる“市民ポリス”制度を発足させる。

選ばれた市民には、任期の1ヵ月間、身分証でもある白い覆面と麻酔銃が支給される。

ある日、気弱なサラリーマン芳一彦治郎が69人目の市民ポリスに任命される。

最初は危険な任務に尻込みしていた芳一だったが、ある時、その権力を行使したところ思いがけず快感を味わってしまい…。


★★★★★・・・・・(5/10)