fc2ブログ

シャーリー・ハリソン構成 「切り裂きジャックの日記」 

「切り裂きジャックの日記」構成:シャーリー・ハリソン 訳:大野晶子 監修:芹沢常行 (同朋舎出版/1995年刊)を再読。

20160331-026

犯罪史上、最も悪名高き連続殺人犯の日記が百年後に発見された。

その日記を分析し、あらゆる証拠とつき合わせた結果、その恐るべき真実を解明した。

何が彼を殺人に駆り立てたのか、またその結末はどうであったのか。


続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

サピオブックス 「日本国憲法」

サピオブックス 「日本国憲法」(小学館/1982年刊)を読む。

20160331-027

もう一度、読んでみませんか

原典はそのままに、活字を大きくし、ふりがなと解説をつけて読みやすさを追求。

29枚の写真を添え、帝国憲法と英文憲法も収載。


続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

関暁夫著 「ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2」

古本屋で105円だったので購入。

関暁夫著「ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2~受け継がれし語られる者たちへ」(竹書房/2008年刊)を読む。

20160331-028

巨大クリオネがいた、日本を支配する秘密結社の陰謀、お札に隠された驚愕の事実、など、あなたの思考が覆される話が満載。

世の中で言われている不思議な話やうわさ話、著者なりのルートで集めた話の中からまとめた「セキ・アキオの都市伝説」。


続きを読む

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

東直己著 「酔っ払いは二度ベルを鳴らす」

東直己著 「酔っ払いは二度ベルを鳴らす」(光文社文庫/2005年刊)を購入。

20160331-025

ススキノで飲んでン十年のハードボイルド作家が、見て聞いた人間模様。

何度読み返してもしみじみ楽しい傑作エッセイ。


続きを読む

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

千石涼太郎著 「なまら北海道だべさ!!」

千石涼太郎著 「なまら北海道だべさ!!」(双葉文庫/2007年刊)を購入。

20160331-024

「炊事遠足は北海道だけ?」「焼酎の番茶割りって?」「デレッキって何?」「ゴキブリは本当にいない?」──

北海道では常識だけど内地の人にはあまり知られていない、北の大地の暮らしや食べ物、道民性を徹底解説。

北海道を愛してやまない著者が語る、北の大地への賛歌。

待望の文庫書下ろし最新版。


続きを読む

テーマ : 感想
ジャンル : 本・雑誌

千石涼太郎著 「やっぱり北海道だべさ!!スペシャル版」

千石涼太郎著 「やっぱり北海道だべさ!!スペシャル版」(双葉文庫/2004年刊)を購入。

20160331-023

なにかあったらジンギスカン、なにもなくてもジンギスカン!こんな常識、内地の人にはわかんないしょ!?

北海道フリークをうなずかせ、道産子を思わずにやりとさせる話題を満載。

北海道を愛してやまない著者が、その限りない魅力を徹底的に語る、北の大地への賛歌。


続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

北尾トロ著 「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

北尾トロ著 「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」 (文藝春秋/文春文庫/2006年刊)を読む。

20160331-022


ワイドショーも小説もぶっとぶほどリアルで面白いのがナマの裁判だ。

しかもタダで誰でも傍聴できる。

殺人、DV、詐欺、強姦…。突っ込みどころ満載の弁明や、外見からは想像できない性癖、傍聴席の女子高生にハッスルする裁判官。

「こいつ、絶対やってるよ!」と心の中で叫びつつ足繁く通った傑作裁判傍聴記。



続きを読む

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

島田洋七著 「佐賀のがばいばあちゃん」

島田洋七著 「佐賀のがばいばあちゃん」(徳間文庫/2004年刊)を読む。

20160331-020

昭和三十三年、広島から佐賀の田舎に預けられた八歳の昭広。

そこでは厳しい戦後を七人の子供を抱えて生き抜いたがばい(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。

しかし家にはいつも笑いが溢れ…。

黒柳徹子、ビートたけしも感動した超話題作。



続きを読む

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

「【実録】 放送禁止作品/ワケあり作品300超収録!!」

「[実録] 放送禁止作品/ワケあり作品300超収録!!」(三才ブックス/三才ムック/2008年刊)を読む。

20160331-021

あの作品は何故消えてしまったのか。

特撮、ドラマ、アニメ、映画といった放送禁止映像と、昭和・平成の放送禁止曲を計300以上収録し、詳細に解説。

ワケあり作品の真実に迫る。


続きを読む

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

「北海道警察 日本で一番悪いやつら」&「北海道警察の冷たい夏」

織川隆著 「北海道警察 日本で一番悪いやつら」(講談社/2003年刊)と
曽我部司著 「北海道警察の冷たい夏」(講談社文庫/2005年刊)を読む。

以前、友人から借りて「日本で~」は読んでいるが、古本屋で105円だったので「冷たい夏」と共に購入。

併読する。

20151210-001 20151210-002

マスコミが報じない衝撃の事実!事件を隠蔽し続ける腐敗組織の暗部を暴く。
告発者と上官の相次ぐ怪死で真相は闇に葬られてしまうのか―。
チャカとシャブを密売し、女と金にまみれた「黒い警部」を生んだ道警の暴走を許すな。
【北海道警察 日本で一番悪いやつら】

覚せい剤の使用で現職の警部が逮捕されるという不祥事に揺れた北海道警察。
だが事件の深層を知る男たちが不可解な死を遂げ、本当の「悪」はまだ姿を現していない。
拳銃摘発の切り札といわれた警部は、なぜ覚せい剤に溺れたのか。
取材現場から警察組織の腐敗臭が漂いはじめた―。
衝撃のノンフィクション。
【北海道警察の冷たい夏】

続きを読む

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク