fc2ブログ

ジョン・カニング編集 「未解決事件19の謎」

編集:ジョン・カニング 翻訳:喜多元子「未解決事件19の謎」 (現代教養文庫/ワールド・グレーティスト・シリーズ文庫/1989年刊)を読む。

19nonazo.jpg

殺人が発覚しないことはめったになくとも、真犯人がわからずじまいの事件は多い。
また、「犯人」が逮捕され、事件に決着がついたと思われても、捜査過程の誤りや科学的分析の不正確さなどによって間違った判決が導き出された場合には、冤罪となったり、証拠不十分であったりして、結局真犯人は不明、ということになる。
本書は謎を残している19の事件についての追跡調査レポートである。

■収録作品
【殺したのは誰か? 】

アダムズ医師と孤独な未亡人たち:コリン・ウィルソン リンドバーグの幼児誘拐事件:ヘンリー・レスター ウオレスは本当に妻を殺したのか:コリン・ウィルソン エドウィン・バートレット毒殺事件:コリン・ウィルソン 斧で惨殺された両親 :ヘンリー・レスター 南仏キャンプ場の悲劇:ブライアン・マリナー 連続殺人鬼「ゾディアック」/:ヘンリー・レスター
【何が彼らに起こったか? 】
フレディ・ミルズの死の謎:フェントン・ブレスラー オーストラリア首相の失踪:コリン・ウィルソン 山中で消えた赤ん坊:コリン・ウィルソン 虚栄にとりつかれたヨットマン:アラン・ワイクス
【本ものか、偽ものか?】
ルドルフ・ヘスの謎:ジョック・ハズウェル チェスマンは「赤い灯強盗」か?:コリン・ウィルソン オスカー・スレーターの冤罪:コリン・ウィルソン
【事故】
ボンベイ港の大爆発:マイケル・ハードウィック ロンドン地下鉄衝突事故:アラン・ワイクス
【空と海の謎】
落ちた赤ワシー:マイケル・ハードウィック 呪われたUボート:コリン・ガンブレル メイン号の爆沈:マイケル・ハードウィック
【訳者あとがき】


★★★★★★・・・・(6/10)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

野波ツナ著 「旦那さんはアスペルガー」

野波ツナ著「旦那さんはアスペルガー」(コミック・知恵の実文庫/2018年11月刊)を読む。

asupennga-01.jpg

KY(空気が読めない)のあの人はアスペルガー症候群!?

体験コミックエッセイ。

妻だからここまで描けた。


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

奥野修司著 「心にナイフをしのばせて」

奥野修司著 「心にナイフをしのばせて」文藝春秋 (2006/8/28)

20190501-1 (1) 20190501-1 (3)

「あいつをめちゃめちゃにしてやりたい」―。

40年近くの年月を経ても、被害者はあの事件を引きずっていた。

歳月は遺族たちを癒さない。

そのことを私たちは肝に銘じておくべきだと思う。

「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した著者の、司法を大きく変えた執念のルポルタージュ。

続きを読む

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

稲葉圭昭著 「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」

稲葉圭昭著「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社/2011年10月初版)を読む。

hajisarasihonn01.jpg

犯罪者へ転落した「エース刑事」の懺悔。

9年の服役後、腐敗した警察組織のすべてを明かす。

圧倒的迫力のクライム・ノンフィクション。

2000年4月、莫大な量の覚醒剤が北海道函館新港に運ばれた。

その量130キロ、末端価格にして約40億円。

“密輸”の手引きしたのは、北海道警察銃器対策課と函館税関だった――。

根っこまで腐りきった道警が日常的に犯してきた違法捜査の数々。

ガサ状なしの家宅捜索、クビなし拳銃の押収、おとり捜査、やらせ逮捕。

そして、彼らが行き着いたのは、覚醒剤の“密輸”だった。

「銃対のエース」ともてはやされ、上司の指示の下、数多くの違法捜査に手を染めた著者は、最後には警察組織に裏切られ、覚醒剤の魔力に魅せられていく。

2002年7月、著者は覚醒剤の使用をエス(=情報提供者)に告発され、逮捕される。

道警史上初となる現役警部の逮捕によって、“道警の闇”が次々と明るみに出た。

これが、北海道警察のみならず、全国の警察組織を震撼させた「稲葉事件」だ。

捜査の過程では著者の元上司と告発したエスの二名が自殺。

問題の根の深さがあらゆるメディアで報道された。

数多くの警察小説やノンフィクション作品のモチーフとなった「稲葉事件」の当事者が、9年の服役を経て、新事実とともにそのすべてを告白する。


続きを読む

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

鴨志田穣著 「酔いがさめたら、うちに帰ろう」

鴨志田穣著「酔いがさめたら、うちに帰ろう」(講談社文庫/2010年第1刷)を読む。

20160408-003

アルコール依存症で離婚。

10回の吐血。再飲酒(スリップ)。ついにアルコール病棟に入院することになった、元戦場カメラマンの「僕」。

そこで出会った個性的な面々との生活が、僕を変えた。うちに帰りたい――。

依存症を克服し、愛する元妻、子供たちとの時間を取り戻したが、そこには悲しい現実が……。

笑って泣ける私小説。


続きを読む

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

豊田正義著 「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 」

豊田正義著 「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 」(新潮文庫/2009年刊)を読む。

kesaretaikka.jpg

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた―。

明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖感から家族同士を殺し合わせる。

まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。

人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。

渾身の犯罪ノンフィクション。


続きを読む

テーマ : 感想
ジャンル : 本・雑誌

国分良成著 「中華人民共和国」

国分良成著 「中華人民共和国」(ちくま新書/1999年刊)を読む。

20150913-071

メンツと原則にこだわる一方で、限りなく現実主義的な中国。

社会主義色が薄まる近年の中国は、発展途上国の顔を見せ、伝統に回帰しているかにみえる。

しかし同時に、国際化の潮流にのって、内部改革を促進してもいるのだ。

いま中国はどのような問題を抱え、それにどのように対応しようとしているのか?

彼らの考え方、政治体制、歴史、そしてグローバライゼーションがすすむなかでの未来像まで、これまで誰も書かなかった中国の実像に深く迫る。

続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

辻仁成著 「函館物語」

辻仁成著「函館物語」(集英社文庫/1996年刊)を読む。

20160331-029

最も多感な時期を過ごした町・函館を再訪し、自ら撮影したカラー写真と、書き下ろしエッセイで綴る。

観光ルートから逸れて、誰も書かなかった函館を案内。

オリジナル・カラー文庫。


続きを読む

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

菊池貞幸著 「道警刑事サダの事件簿」

菊池貞幸著 「道警刑事(デカ)サダの事件簿」(徳間文庫/2012年刊)を読む。

20160221-012

サダは走る。

ひったくり犯を追って。

車泥棒のヤクザを追って。

北海道江別署の駅前交番を振り出しに、機動捜査隊や銃器対策課などで刑事として活躍後、熱血ゆえの左遷もなんのその、真っ直ぐに正義を貫いた42年間の警官人生!

サダの熱い心が、逮捕した自販機破損の高校生を改心とせ、ヤクザが隠匿していた大量の拳銃や機関銃押収の糸口を掴んだ。

事実の迫力が小説やドラマを越える。


続きを読む

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

「新潮45」編集部編 「凶悪―ある死刑囚の告発」

「新潮45」編集部編 「凶悪―ある死刑囚の告発」 (新潮文庫/2009年刊)を読む。

kyouakusinntyou004.jpg

この本から、事件が動き始めた!

「他にも人を殺しています。警察はそのことを把握していません」。死刑判決を受けた男・後藤良次が、獄中で衝撃の自白を始めた。

被害者は複数人、そして首謀者はまだ娑婆にいる。

はたして、奴の話は真実なのか!?

告白を受けた雑誌記者は独力で現場を歩き、関係者への取材を開始した。

やがて、明るみに出てきた衝撃の事実とは......

法治国家・日本の暗部を抉りだして、ついに警察をも動かした迫真の取材記録!


続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク