荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ロバート・B・パーカー著 「殺意のコイン」

ロバート・B・パーカー著 奥村章子訳 「殺意のコイン:Spare Change」(早川書房/ハヤカワミステリ文庫/2008年刊)を読む。

20170319-001
◆Robert Brown Parker 「Spare Change」 (2007/USA)

血を流して横たわる被害者。

何者かに頭を撃ちぬかれたのだ。

そのかたわらには三枚のコインが……二十年前にボストンを震撼させた連続殺人鬼が犯行を再開した。

かつて捜査を担当したサニーの父、フィル・ランドル元警部のもとにも、犯人からと思われる人を食ったような手紙が届く。

闇に消えた殺人鬼が舞い戻ったのか?

父に協力するサニーは、一人の男に焦点を絞り、危険な賭けに挑む。

息づまる対決を描くシリーズ最新作


★★★★★★★・・・(7/10)

スポンサーサイト
テーマ : ミステリ  ジャンル : 小説・文学

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ロバート・B・パーカー著 「メランコリー・ベイビー」

ロバート・B・パーカー著 奥村章子訳 「メランコリー・ベイビー:Melancholy Baby」(ハヤカワミステリ文庫/2005年刊)を読む。

20170319-002
◆Robert Brown Parker 「Melancholy Baby」 (2004/USA)

「本当の親を探してほしい」。

大学生サラからの依頼を引き受けた私立探偵サニー・ランドルは、彼女の両親がかたくなにDNA鑑定をこばみ、「過去のことはすべて忘れた」と不可解な言葉をはくのを聞いた。

たちまち調査が行き詰まる中、サラが男二人に暴行される事件が起きてしまう。

男たちは調査を止めろと言ったらしいのだが…リアルなヒロイン、サニーが家族の絆と愛を見つめなおす。

せつなく胸に響くハードボイルド。

★★★★★★・・・・(6/10) 

テーマ : ミステリ  ジャンル : 小説・文学

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

アイラ・レヴィン著 「ブラジルから来た少年」

アイラ・レヴィン:著 小倉多加志:訳 「ブラジルから来た少年:The Boys from Brazil」(ハヤカワ文庫/1982年発刊・1987年第2刷)を読む。

20160424-001

元ナチス・ドイツの一員で第三帝国の復興をもくろむメンゲレは、2年半のうちに65歳の公務員を94人殺すという奇妙な計画を立てていた。

ナチ残党狩りで知られたユダヤ人・リーベルマンはメンゲレの陰謀を知り、それを阻止しようとするが、やがてメンゲレの本当の恐るべき意図が明らかにされていく……。


★★★★★★★★・・(8/10)

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ロバート・B・パーカー著 「二度目の破滅」

ロバート・B・パーカー著 奥村章子訳 「二度目の破滅:Perish Twice」(ハヤカワミステリ文庫/2001年刊)を読む。

20160509-001
◆Robert Brown Parker 「Perish Twice」 (2000/USA)

サニーの新しい仕事はストーカー対策のボディガード。

依頼人は厭味な女性で、サニーは早く仕事を終えるべくストーカーの正体を探るが、依頼人に余計な真似をするなと言われる。

そして依頼人に似た女性が殺された直後、突然の解雇を通告された。

納得がいかず真相を追うサニーの前に、裏世界に繋がる驚くべき人間関係が…

肩肘張らずに自立する生き方の理想形、女性探偵サニー・ランドル・シリーズ第2弾。

文庫オリジナル。

★★★★★★・・・・(6/10)

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

デヴィッド・セルツァー著 「オーメン」

デヴィッド・セルツァー著 中田耕治訳 「オーメン:THE OMEN」(三笠書店/1976年第5刷)を読む。

20160425-001 20170108-017

六の月、六の日、六の時刻―待望の初子が死産だったことを妻に告げず、同じ時刻に生を受けたみなしごを養子に迎えた米国大使。

その子「デミアン」こそ、黙示録に予言されていた悪魔であった。

ホラー映画の金字塔「オーメン」(1976年)の脚本家が自ら執筆したベストセラー小説。

★★★★★★・・・・(6/10) 

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ジョン・ル・カレ著 「誰よりも狙われた男」

ジョン・ル・カレ著「誰よりも狙われた男」(ハヤカワ文庫/2014年第1刷)を読む。

20160103-013

ドイツのハンブルクにやって来た痩せすぎの若者イッサ。

体じゅうに傷跡があり、密入国していた彼を救おうと、弁護士のアナベルは銀行経営者ブルーに接触する。

だが、イッサは過激派として国際指名手配されていたのだ。

練達のスパイ、バッハマンの率いるチームが、イッサに迫る。

そして、命懸けでイッサを救おうとするアナベルと、彼女に魅かれるブルーは、暗闘に巻きこまれていく…

スパイ小説の巨匠が描く苛烈な諜報戦。


★★★★★★★・・・(7/10)

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ジェフリー・ディーヴァー著 「007 白紙委任状」 【2】

ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳 「007 白紙委任状」(文藝春秋/2011年刊)を読む。

20160103-016

“金曜夜の計画を確認。当日の死傷者は数千に上る見込み”。

イギリスへの大規模テロ計画の存在が察知された。

金曜までの6日で計画を阻止せよ―指令を受けた男の名はジェームズ・ボンド、暗号名007。

攻撃計画の鍵を握る謎の男を追って彼はセルビアへ飛ぶ。

世界最高のヒーローを世界最高のサスペンス作家が描く話題の大作。

★★★★★★・・・・(6/10) 

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ジェフリー・ディーヴァー著 「007 白紙委任状」 【1】

ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳 「007 白紙委任状」(文藝春秋/2011年刊)を読む。

20160103-016

50年以上にわたって冒険小説のヒーローであり続けたジェームズ・ボンド、暗号名007。

その新たな冒険行を、リンカーン・ライム・シリーズなどで知られるサスペンスの巨匠ディーヴァーが手がけたのが本書です。

舞台を現在に移し、秘密兵器を開発するQ課が製作した特殊スマートフォンとワルサーPPSを手に、9.11後の世界を駆け回るボンド。

スタイリッシュなボンドの言動に彩られたスピーディな展開というボンドものらしいストーリーに、“ドンデン返しの魔術師”ディーヴァーらしい巧妙なプロットが仕掛けられています。


テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ジョン・ル・カレ著 「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」

ジョン・ル・カレ著 村上博基訳 「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(新訳版):Tinker Tailor Soldier Spy」(ハヤカワ文庫/2012年刊・2012年4刷)を読む。

20160103-014

英国情報部“サーカス”の中枢に潜むソ連の二重スパイを探せ。

引退生活から呼び戻された元情報部員スマイリーは、困難な任務を託された。

二重スパイはかつての仇敵、ソ連情報部のカーラが操っているという。

スマイリーは膨大な記録を調べ、関係者の証言を集めて核心に迫る。

やがて明かされる裏切者の正体は?

スマイリーとカーラの宿命の対決を描き、スパイ小説の頂点を極めた三部作の第一弾。

著者の序文を付した新訳版。

★★★★★★★★★・(9/10) 

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

ドンペンドルトン原作 「マック・ボラン M-9:テロ黙示録」

原作:ドンペンドルトン/著者:不明/訳:井口恵之 「テロ黙示録:DON PENDLETON’S THE EXECUTIONER Bloodsport」
(ハーレクイン・エンタープライズ日本支社/Gold Eagle Books/1985年刊)を読む。

makkuborannM-09-02

ツヴィリング・ホルデ―双子の兄妹が操る西ドイツのテロリスト・グループ。

やつらが武器をほしがっている。

それも、こともあろうにフランクフルトのアメリカ陸軍基地から手に入れようとしていた。

基地内部に、軍用物資を横流しして私腹を肥やす連中がいるのだ。

郡を相手に、高くつく代償を払ってまで、やつらは武器を、しかも大量に欲しがっている。

何のために?

何かことを起こす前触れに違いない。

薄汚れた夜の歓楽街、ボランは二人のMPとさびれた通りを曲がり、古ぼけたホテルへと向かった。

この一室で取引がある。

夜の戦士が非常階段に足音を忍ばせる。

二階の踊り場、ボランは窓から、そっとなかのようすをうかがった。

★★★★・・・・・・・(4/10) 

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017