fc2ブログ

フリーマントル著 「殺人にうってつけの日」

ブライアン・フリーマントル著 二宮磬訳 「殺人にうってつけの日 Time to Kill」(新潮文庫/2007年11月刊)を読む。

satujinnniutte001.jpg

協力者の元KGBスパイに裏切られ、妻まで奪われた末に逮捕。

元CIA工作員メイソンは、獄中で15年ものあいだ、彼らに対して鉄壁の復讐計画を練り続けていた。

ハッキング技術の習得、肉体の鍛錬、周倒な下準備。

あらゆる手段を駆使して元妻の幸福な家庭に迫る復讐者が、照準を合わせた意外な人物とは。

情報のプロ同士が繰り広げるすさまじい頭脳戦、巨匠による最高峰サスペンス。

【訳者あとがき:二宮磬】


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ユッシ・エーズラ・オールスン著  「特捜部Q - Pからのメッセージ - 」 (下)

ユッシ・エーズラ・オールスン著 吉田薫・福原美穂子訳 「特捜部Q ―Pからのメッセージ― 下」 (ハヤカワ・ミステリ文庫/2013年第1刷)を読む。

51KumS4245L.jpgtokusouhannqsyousetupgekann.jpg

雲をつかむような誘拐事件の追跡は、まったく進捗しなかった。

だが特捜部Qはあきらめない。

わずかな手がかりと根気を武器に、じりじりと捜査を進める。

そのころ悪魔のような犯人は、新たな凶行を進めていた。

その毒牙にかかるのは罪もない子供たちだった……ますます快調。

アサドに続き、ローセの秘密までもが明らかになる驚きの展開!

シリーズ第三作でついに北欧最高のミステリ賞「ガラスの鍵」賞を射止めた最高傑作

【解説/堂場瞬一】


★★★★★★★★・・(8/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ユッシ・エーズラ・オールスン著  「特捜部Q - Pからのメッセージ - 」 (上)

ユッシ・エーズラ・オールスン著 吉田薫・福原美穂子訳 「特捜部Q - Pからのメッセージ - (上)」 (ハヤカワ・ミステリ文庫/2013年第1刷)を読む。

51KumS4245L.jpg 51pPbU6XfoL_20220302152238403.jpg
◆Carl Valdemar Jussi Henry Adler-Olsen 「Flaskepost fra P.」

その手紙は、ビンに収められたまま何年間も海中にあり、引き揚げられてからもすっかり忘れ去られていた。

だがスコットランド警察からはるばる特捜部Qへとその手紙が届いた時、捜査の歯車が動き出す。

手紙の冒頭には悲痛な叫びが記されていたのだ。

「助けて」

いまひとつ乗り気でないカールをよそに、二人の助手アサドとローセは判読不明のメッセージに取り組む。

やがておぼろげながら、恐るべき犯罪の存在が明らかに……


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

デイヴィッド・バルダッチ著 「完全記憶探偵・下」

デイヴィッド・バルダッチ著 関麻衣子訳 「完全記憶探偵(下)」 (竹書房文庫/2016年12月第1刷刊)を読む。

kannzennkiokutannteige01.jpg

“いつ終わるんだ、兄弟。

おまえが教えてくれ”FBI捜査官の殺害現場に残されたメッセージ。

この殺人もまた、デッカーの一家殺害やマンスフィールド高校での銃乱射事件に連なるものだった。

そして、それすらも、新たな事件の端緒に過ぎなかった―。

自首してきた謎の男レオポルドには、よりによって警察に拘束されていたという完璧なアリバイがあり、事件は振り出しに戻ったかに思われた。

だが、現場に残され続ける犯人からのメッセージに、頭の中のDVDを再生すると、意外な事実が浮かんだ…。

歩いて、見て、訊いて、思い出す―。

“忘れることができない”完全記憶能力を持つ探偵デッカーは、この謎を解くことができるのか。

ニューヨークタイムズベストセラーリスト1位獲得の話題のミステリ、ついに日本登場!


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

デイヴィッド・バルダッチ著 「完全記憶探偵・上」

デイヴィッド・バルダッチ著 関麻衣子訳 「完全記憶探偵(上)」 (竹書房文庫/2016年12月第1刷刊)を読む。

kannzennkiokutannteijyou01.jpg

デッカーは、あらゆる記憶をDVDを再生するように取り出せる完全記憶能力を持つ探偵だ。

プロフットボールの選手だったが、試合中の事故がきっかけでこの力を持つこととなった。

競技を引退し、刑事となったのだが、愛する妻子を惨殺され、第一発見者となってしまう。

その能力ゆえに、悲惨な光景を正確に再現してしまうデッカーは、苦しみ、犯人を見つけられないまま警察を去った。

だが1年後、かつての相棒がデッカーの元を訪れた。

レオポルドと名乗る謎の男が自首してきたという。

レオポルドが拘留された日、地元の高校での銃乱射事件が起き、8人が殺された。

過去最悪の事件に、デッカーも警察の相談役として捜査に加わることになったが、やがて妻子の殺害と銃乱射事件の意外な繋がりが判明する―。

ニューヨークタイムズベストセラーリスト1位獲得の話題のミステリ、ついに日本登場!


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマントル著 「十二の秘密指令」 

ブライアン・フリーマントル著 新庄哲夫訳 「十二の秘密指令 The Factory and Other Stories」(新潮文庫/1990年7月刊)を読む。

bookoff1o312 (3)

英国情報機関内にどうやら「もぐら=二重スパイ」がいるらしい。

情報工作本部長サミュエル・ベルは、自らの部下の内偵という屈辱的作業を強いられ、組織内での孤独感を深めてゆく。

窮余の一策としてベルは部下の信頼度を試す「秘密指令」を作成。

指令の遂行過程に組み込んだ巧妙なプログラムは、見事スパイを突き止めたかに思えたが…。

連作短編に挑んだフリーマントルの異色作。

【収録作品】
裏切り者/亡命者/救出/暗殺/もぐら/醜聞/マネー・チェンジャー/テロリスト・ルート/皇帝の密書/尋問/暗号破り/セカンド・チャンス

訳者あとがき:新庄哲夫


★★★★★★・・・・(6/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマントル著 「スパイよ、さらば (1980)」

ブライアン・フリーマントル著 池央耿訳 「スパイよ、さらば The Iron Cage」(新潮文庫/1982年11月刊)を読む。

bookoff1o312 (2)

二重スパイ・ハートマンは、もう引退したかった。

病床の妻は死に、息子は独立した。

金のための嫌な仕事をする必要はない。

そろそろ老いも感じる。

しかし、あまりに卓越したその経歴のため、二大国の情報部は決して彼を自由にしてくれなかった。

だが、ついにチャンスが訪れた。

彼の身代りになってくれそうな男を見つけたのだ。

人並みの幸せを夢みたスパイが立てた完壁な作戦とは?

解説:池央耿


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマントル著 「魂をなくした男(下)」

ブライアン・フリーマントル著 戸田裕之訳 「魂をなくした男(下)」(新潮文庫/2014年刊)を読む。

tamasiiwonakusitagekann.jpg

MI6部長は焦っていた。

チャーリー暗殺を計画したが失敗。

再び抹殺を企てるも、同組織内では早くも責任のなすりあいが始まっていた。

一方でMI5はチャーリーを狙撃した犯人を突き止めるため調査を開始。

そんな中、MI6がチャーリーに銃口を向けるのが目撃され、両情報機関の非難合戦はピークに。諜報員同士の騙しあいに次ぐ騙しあい、暗闘、嫉妬…。

エスピオナージュの白眉。

★★★★★★★★・・(8/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマントル著 「魂をなくした男」 (上)

ブライアン・フリーマントル:著 戸田裕之:訳 「魂をなくした男(上)」(新潮文庫/2014年刊)を読む。

tamasiiwo001.jpg

チャーリー・マフィンはモスクワの空港で妻ナターリヤと娘を英国へ逃がすも、自身は銃撃で負傷、病院に運ばれ当局が尋問を始める。

MI6はロシア連邦保安局副長官の亡命に成功するが、彼は息子が合流しないかぎり英政府には何も情報を提供しないと黙秘。

MI5の保護下に置かれたナターリヤもまた、チャーリーを連れ戻すまでは、と協力を拒否している。

大好評3部作、遂に完結。


★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマントル著 「魂をなくした男(上・下)」

続きがどうしても読みたくて、知っている古本屋を回って2週間。

どうしても発見できません。

とうとうブックオフオンラインに頼ってしまいました。

便利ですが・・・・何か負けた気分(誰にだ?)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク