fc2ブログ

ロバート・B・パーカー著「春嵐」 S-39

ロバート・B・パーカー著 加賀山卓朗訳 「春嵐」(早川書店/2011年6月初版発行)を読む。

supennsa-saisyuukai (1)

supennsa-saisyuukai (2)

【内容紹介等】

ボストンで新作映画を撮影中の人気スター、ジャンボ・ネルソンのホテルの部屋で、若い女性ドーン・ロパタが変死した。
アクの強い個性でのし上がったジャンボは決して好感度の高い男ではない。
マスコミは大騒ぎし、誰もがジャンボを殺人犯であると信じていた。
だが、クワーク警部は証拠もないままジャンボを逮捕する気はなかった。
クワークの示唆で、ジャンボの弁護士からの依頼という形で、スペンサーは事件の調査にとりかかる。
だが不愉快きわまりない人格を有するジャンボとたちまち衝突し、解雇されてしまう。依頼人がないまま、しかし看過できないものを感じたスペンサーは調査を続ける。
そしてジャンボとのいざこざの際に、ジャンボの護衛についていた一人の青年と出会った…人気スターをめぐるスキャンダラスな事件の裏には、さらなる深い闇が潜んでいた。
そしてスペンサーは、道を見失いつつあった青年を泥沼から救い上げる。

初登場から38年、圧倒的な支持を受け続けてきた人気シリーズが、ついに完結する最終作。

【訳者あとがき】 2011年・加賀山卓朗
定価:1900円+税


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

tag : ミステリ小説ハードボイルド

今村昌弘著「屍人荘の殺人」

今村昌弘著「屍人荘の殺人」(創元推理文庫/2019年11月5版)を読む。

sininnsounosatujinnhyousihonntou001.jpg

sininnsounosatujinnhyousi2.jpg

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、いわくつきの映画研究会の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪れる。
しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。

合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。
それは連続殺人の幕開けだった!
奇想と謎解きの融合。
衝撃のデビュー作。
「怪物的な傑作」有栖川有栖
定価(本体740円+税)

※第27回鮎川哲也賞受賞
※「このミステリーがすごい! 2018年版」国内編 第1位
※〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10/国内部門 第1位
※「2018本格ミステリ・ベスト10」国内篇 第1位
※第18回本格ミステリ大賞/小説部門 受賞


【点数】 ★★★★★★・・・・(6/10)

カバーの上に映画宣伝のカバーが付いていたので中のカバーは新品のようです・・・だからどうと言う事はありませんが。

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説ミステリゾンビ

今野敏著「清明-隠蔽捜査8-」

今野敏著「清明-隠蔽捜査8-」(新潮文庫/2020年6月発行)を読む。

innpeisousa8seimei01.jpg

大森署署長として功績を挙げた竜崎伸也は、神奈川県警に刑事部長として招かれた。
着任後まもなく、東京都との境で他殺体が発見され、警視庁との合同捜査に。被害者が中国人で、公安が関心を寄せたため、事案は複雑な様相を呈してゆく。
指揮を執りつつ、解決の鍵を求めて横浜中華街に赴く竜崎。
彼は大規模県警本部で新たな重責を担うことができるのか――。
隠蔽捜査シリーズ第二章、ここに開幕。

解説:吉田大助(ライター)
定価:本体710円(税別)


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 隠蔽捜査ミステリ小説

石持浅海著「殺し屋、やってます。」

石持浅海著「殺し屋、やってます。」(文春文庫/2020年1月第1刷)を読む。

korosiyayatteimasu0014.jpg

コンサルティング会社を営む男、富澤允。
彼には、650万円の料金で人殺しを請け負う「殺し屋」という裏の顔があった。
ビジネスライクに「殺し」を請け負い、危なげなく仕事をこなす富澤だが、標的の奇妙な行動がなぜか気になり、仕事の度にその謎を推理してしまう―。
殺し屋が解く日常の謎シリーズ、開幕!!

収録作品「黒い水筒の女」「紙おむつを買う男」「同伴者」「優柔不断な依頼人」「吸血鬼が狙っている」「標的はどっち?」「狙われた殺し屋」 解説:細谷正充(文芸評論家)
定価(本体730円+税)


【点数】 ★★★★★★★★・・(8/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 石持浅海ミステリ小説

月村了衛著「機龍警察 自爆条項(下)」

月村了衛著「機龍警察 自爆条項(下)」(ハヤカワ文庫JA/2014年5月第5刷)を読む。

jibakuyoukougekann022.jpg

ライザ・ラードナー、警視庁特捜部付警部にして、元テロリスト。
自らの犯した罪ゆえに、彼女は祖国を離れ、永遠の裏切り者となった。
英国高官暗殺と同時に彼女の処刑を狙うIRFには〈第三の目的〉があるという。
特捜部の必死の捜査も虚しく国家を越える憎悪の闇が遂に見せる最後の顔。
自縄自縛の運命の罠にライザはあえてその身を投じる。
過去と現在の怨念が狂おしく交錯する"至近未来"警察小説、慟哭と死闘の第二弾。

第33回(2012年)日本SF大賞受賞。
解説:千街晶之(ミステリ評論家)
定価(本体680円+税)


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 月村了衛機龍警察警察小説機甲兵装

月村了衛著「機龍警察 自爆条項(上)」

月村了衛著「機龍警察 自爆条項(上)」(ハヤカワ文庫JA/2014年5月第5刷)を読む。

jibakuyoukouue0012.jpg

軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織IRFによるイギリス高官暗殺計画を掴んだ。
だが、不可解な捜査中止命令がくだる。
首相官邸、警察庁、外務省、そして中国黒社会の暗闘の果てに、特捜部の契約する〈傭兵〉ライザ・ラードナー警部の凄絶な過去が浮かび上がる。
極限までに進化した“至近未来”警察小説、戦慄と驚愕の第二弾。

第33回(2012年)日本SF大賞受賞。
定価(本体700円+税)


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

tag : 月村了衛機龍警察小説機甲兵装

花村萬月著「心中旅行」

花村萬月著「心中旅行」(光文社文庫/2020年11月初版)を読む。

20230903001 (5)

幸せな家庭がありながら、薬の過剰服用と、部下との愛欲に溺れた男。
その行き着く先は――。
文芸編集者の澤野逸郎は、妻と双子の娘と四人で幸せに暮らしていた。編集長に昇進し順風満帆かと思われたが、いつの間にか編集部には鬱が蔓延し、自身も薬の過剰服用がやめられなくなっていた。部下の豊嶋との不倫も始まり愛欲に溺れる逸郎だが、あってはならない悲劇をきっかけに、すべてが暗転する――。
生と死を描き続ける著者の真骨頂!

解説:泉ゆたか(作家)
定価(本体900円+税)


続きを読む

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

スティーヴン・キング著「ファインダーズ・キーパーズ(下)」

スティーヴン・キング著 白石朗訳 「ファインダーズ・キーパーズ(下)」(文藝春秋/文春文庫/2020年2月第1刷)を読む。

kinngusyousetufasinanntoka (2)

掘り出した金は底を突き、ピートは妹の進学のために未発表原稿を金に換えようとするが、出獄した犯罪者モリスが消えたお宝を追って魔手を伸ばす。
少年を救うために立ちあがったのはメルセデス・キラーを捕らえた退職刑事ホッジズと仲間たち。
巨匠がアメリカ文学と犯罪小説への愛をこめて描くノンストップ・ミステリ。
訳者あとがき:白石朗 解説:堂場瞬一(作家)

定価(本体880円+税)


【点数】 ★★★★★★・・・・(6/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : スティーヴン・キングファインダーズ・キーパーズ

スティーヴン・キング著「ファインダーズ・キーパーズ(上)」

スティーヴン・キング著 白石朗訳 「ファインダーズ・キーパーズ(上)」(文藝春秋/文春文庫/2020年2月第1刷)を読む。

kinngusyousetufasinanntoka (1)

文学を愛する犯罪者モリスが襲撃したのは隠遁生活を送る大作家の邸宅。
カネと未発表原稿を強奪、ほとぼりが冷めるまでと川辺に埋めたモリスは、別件で刑務所に送られてしまった。
30年後、それを貧しい家の少年ピートが発掘する。
このお金を使えば、両親の不和も治まるはずだ。
だが少年は、モリス出獄の日が迫っているのを知らない……。

定価(本体880円+税)


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

2023年小説 Tommy賞発表

私が今年読んだ小説は国内、海外含め全部34作品です・・・コチラも年々減ってきております。

また映画と同じで相変わらずシブい評価で10点中8点が最高得点でした。

そんな中で今年の私的小説ベスト3を決めたいと思います。

再度言いますが、あくまで私が今年読んだ小説なので、発行年や初版か再版か、大昔の作品だろうが関係ありません。

また、再読作品は候補には入れませんのであしからず。

8点以上の候補作品は

〇ユッシ エーズラ・オールスン著「特捜部Q―カルテ番号64―」★9

〇法月綸太郎著「キングを探せ」★8

〇マイ・シューヴァル& ペール・ヴァールー著「笑う警官」★8

〇ダヴィド・ラーゲルクランツ著「ミレニアム6 死すべき女」★8

〇スティーヴン・キング著「任務の終わり」★8

〇原尞著「それまでの明日」★8

〇柚月裕子著「孤狼の血」★8

〇北村薫著「中野のお父さんは謎を解くか」★8


となります。



栄えある第1位は★9個付けた

ユッシ エーズラ・オールスン著 「特捜部Q―カルテ番号64―」

が当たり前なのですが

そこはそれ私の独断の賞なので

osuka-zoujyuyou.png

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク