fc2ブログ

大藪春彦読了作品一覧

■大藪 春彦(おおやぶ はるひこ、1935年2月22日 - 1996年2月26日)
日本の小説家。狩猟家。日本統治期の朝鮮・京城生まれ。アクション・エンターテインメント色の濃い作風で知られた。日本におけるハードボイルド小説の先駆者の1人であり、代表作には『野獣死すべし』『蘇える金狼』『汚れた英雄』などがある。作品の多くが電子書籍化されており、映像化された作品も多い。

■大藪春彦読了作品一覧  【2022年2月現在】

〇シリーズ作品
 野獣死すべし (伊達邦彦シリーズ)
 野獣死すべし 復讐篇 (伊達邦彦シリーズ)
 野獣死すべし 渡米篇 (伊達邦彦シリーズ)
 血の来訪者 (伊達邦彦シリーズ)
 諜報局破壊班員 (伊達邦彦シリーズ)
 日銀ダイヤ作戦 (伊達邦彦シリーズ)
 不屈の野獣 (伊達邦彦シリーズ)
 マンハッタン核作戦 (伊達邦彦シリーズ)
 優雅なる野獣 (伊達邦彦シリーズ)
 野獣は甦える (伊達邦彦シリーズ)
 野獣は、死なず (伊達邦彦シリーズ)
 処刑の掟 (掟シリーズ)
 東名高速に死す (ハイウェイ・ハンター 西城秀夫シリーズ)
 曠野に死す (ハイウェイ・ハンター 西城秀夫シリーズ)
 処刑軍団 (処刑シリーズ)
 非情の女豹 (女豹シリーズ)
 女豹の掟 (女豹シリーズ)
 戦場の狩人 (ウェポン・ハンター・シリーズ)
 香港破壊作戦 (ウェポン・ハンター・シリーズ)
 オメガ・ワン破壊指令 (ウェポン・ハンター・シリーズ)
 血と背徳の序曲 (アスファルトの虎シリーズPART1)
 死の円舞曲 (アスファルトの虎シリーズPART2)

〇長編小説
 無法街の死
 みな殺しの歌
 凶銃ワルサーP38 (続みな殺しの歌)
 ウィンチェスターM70
 野獣都市
 蘇える金狼
 ベトナム秘密指令
 謀略空路
 殺人許可証No.3
 復讐の弾道
 汚れた英雄
 非情の標的
 死はわが友
 孤狼は挫けず
 血まみれの野獣
 切札は俺だ
 絶望の挑戦者
 唇に微笑 心に拳銃
 長く熱い復讐
 黒豹の鎮魂歌
 沈黙の刺客
 傭兵たちの挽歌
 戦士の挽歌
 復讐のシナリオ
 暴力租界(未完)

〇時代小説
 赤い手裏剣

〇短編集
 凶銃ルーガー08
 戻り路はない(続・凶銃ルーガー08)
 雇われ探偵
 特務工作員01
 血の罠
 狙われた野獣
 銃は知っている
 トラブル・シューター
 男の墓標
 青春は屍を越えて
 殺しは俺の稼業
 復讐は俺の血で
 凶銃 初期短編集2

〇エッセイ
 荒野からの銃火

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ブライアン・フリーマントル読了作品一覧

■ブライアン・フリーマントル(Brian Freemantle, 1936年 - )
イギリスの作家。サウサンプトンに生まれる。中学卒業後、地元新聞社のメッセンジャーボーイから週刊紙の新聞記者となる。中央紙のデイリー・エクスプレス紙、デイリー・スケッチ紙を経て、デイリー・メイル紙に勤務。外報部長を務める1973年に処女作『GOODBYE TO AN OLDFRIEND』でデビュー。1975年に退職し、ジャーナリストとして活動。特派員として30カ国以上に滞在。23歳に脳内出血で倒れ、1988年にも再発するが、手術で一命を取り留めた。ソビエト連邦には、政府当局から入国許可が下りず、ロシアとなり体制が変わるまで入国できなかった。エスピオナージやサスペンスなどの著作が多いが、取材によるノンフィクションなども多数執筆している。作品によっては、Jonathan Evans、Jack Winchester、Harry Asher、John Maxwellなどの名義で発表しているが、日本ではいずれもフリーマントルで紹介されている。主なものに、冴えない風貌でいながら頭脳明晰なスパイであるチャーリー・マフィンシリーズや、欧州版FBIであるユーロポール(欧州刑事警察機構)の心理分析官クローディーン・カーターシリーズ、米露の捜査官がタッグを組むカウリーとダニーロフシリーズなどがある。

●ブライアン・フリーマントル読了作品一覧 【2022年4月現在】

〇チャーリー・マフィンシリーズ
01) 消されかけた男 Charlie Muffin 1977
02) 再び消されかけた男 Clap Hands,Here Comes Charlie 1978
03) 呼びだされた男 The Inscrutable Charlie Muffin 1979
04) 罠にかけられた男 Charlie Muffin's Uncle Sam 1980
05) 追いつめられた男 Madrigal for Charlie Muffin 1981
06) 亡命者はモスクワをめざす Charlie Muffin and Russian Rose 1985
07) 暗殺者を愛した女 Charlie Muffin San 1987
08) 狙撃 The Run Around 1988
09) 報復 Charlie's Apprentice 1993
10) 流出 Charlie's Chance 1996
11) 待たれていた男 Dead Men Living 2000
12) 城壁に手をかけた男 King of Many Castles 2002
13) 片腕をなくした男 RED STAR RISING 2008
14) 顔をなくした男 RED STAR Eclipse 2009
15) 魂をなくした男 RED STAR Falling 2013

〇その他
01) 十二の秘密指令 The Factory 1989
02) スパイよ さらば The Solitary Man 1980
03) 殺人にうってつけの日 Time to Kill 2006

FC2 Blog Ranking
e_01.gif



テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

夢枕獏読了作品一覧

■夢枕 獏(ゆめまくら ばく、本名:米山 峰夫、1951年1月1日 -)
日本の小説家・エッセイスト・写真家。男性。ペンネームの由来は、夢を食べるとされる伝説上の生物「獏」と、夢のような話を書きたいという意味がある。高校時代に同人誌で活動していた頃に使い始め、それまでに複数のペンネームを使い2年ほど経った頃に夢枕獏に落ち着いたという。作品については本人曰く、「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」で、密教的要素を散りばめたエログロの伝奇バイオレンスや、ひたすら男たちが肉弾戦を演じる本格格闘小説を得意とする。しかしながら商業デビュー直後はそのような得意ジャンル一本槍では無く、集英社コバルト文庫他で少女向け小説やジュブナイル小説なども執筆した。デビュー短編集『猫弾きのオルオラネ』は、現在の作風とは大きく異なる、詩情とユーモアをたたえた大人の童話風の一冊である。安倍晴明を主役とした『陰陽師』シリーズは、晴明ブームのきっかけとなった。また漫画の原作となった作品も数多く、中でも『餓狼伝』は谷口ジロー、板垣恵介、『陰陽師』は岡野玲子、『荒野に獣慟哭す』は伊藤勢という実力派によって漫画化された。中でも「サイコダイバー・シリーズ」は手を変え、作者を変え、幾度も漫画化されており、アニメ化もされている人気作品である。

■夢枕獏読了作品一覧

ねこひきのオルオラネ
遥かなる巨神
キラキラ星のジッタ
幻獣変化
悪夢喰らい
こころほしてんとう虫 ロマンチック・メルヘン
悪夢展覧会
魔獣館
半獣神
獣王伝
ハイエナの夜 ソフトボイルド・カメラマン
風果つる街
怪男児
荒野に獣慟哭す 獣化の章
荒野に獣慟哭す 凶獣の章
荒野に獣慟哭す 獣王の章
荒野に獣慟哭す 鬼獣の章
荒野に獣慟哭す 完結編・獣神の章

〇キマイラ・吼シリーズ
幻獣少年キマイラ
キマイラ朧変
キマイラ餓狼変
キマイラ魔王変
キマイラ菩薩変
キマイラ如来変
キマイラ涅槃変
キマイラ鳳凰変
キマイラ狂仏変
キマイラ独覚変
キマイラ胎蔵変
キマイラ金剛変
キマイラ梵天変
キマイラ縁生変
キマイラ群狼変
キマイラ昇月変
キマイラ 9 玄象変
キマイラ 10 鬼骨変
キマイラ 11 明王変
キマイラ 12 曼陀羅変
キマイラ 13 堕天使変
キマイラ青龍変
岩村賢治詩集 蒼黒いけもの

〇闇狩り師シリーズ
闇狩り師 ミスター仙人九十九乱蔵
闇狩り師2 ミスター仙人九十九乱蔵
闇狩り師 蒼獣鬼 妄霊篇
闇狩り師 蒼獣鬼 異神篇
闇狩り師 崑崙の王 龍の紋章篇
闇狩り師 崑崙の王 龍の咆哮篇
闇狩り師 黄石公の犬

〇サイコダイバー・シリーズ
魔獣狩り 淫楽(いんらく)編
魔獣狩り 暗黒編 
魔獣狩り 鬼哭(きこく)編
魔獣狩り外伝 聖母隠陀羅編
魔性菩薩(ましょうぼさつ)〈上〉
魔性菩薩〈下〉
美空曼陀羅(びくうまんだら)/魔獣狩り外伝

〇餓狼伝シリーズ
餓狼伝 I
餓狼伝 II
餓狼伝 III
餓狼伝 IV
餓狼伝 V

〇陰陽師シリーズ
陰陽師
陰陽師 飛天ノ巻
陰陽師 付喪神ノ巻
陰陽師 鳳凰ノ巻
陰陽師 龍笛ノ巻
陰陽師 太極ノ巻

■夢枕獏原作漫画化作品鑑賞済一覧

闇狩り師 九十九乱蔵 (作画:石川賢)全1巻
闇狩り師(作画:来留間慎一)全1巻
餓狼伝(作画:谷口ジロー)全1巻
陰陽師(作画:岡野玲子)第1~6巻

■夢枕獏原作映像化作品鑑賞済一覧

OV「餓鬼魂」 1985年
OVA「サイコダイバー 魔性菩薩」 1997年
映画「陰陽師」 2001年
映画「陰陽師Ⅱ」 2003年
映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎)」 2018年
TVドラマ「陰陽師」 2020年

FC2 Blog Ranking
e_01.gif


テーマ : SF・ホラー・ファンタジー
ジャンル : 小説・文学

京極夏彦読了作品一覧

■京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年3月26日 - )
日本の小説家、妖怪研究家、グラフィックデザイナー、アートディレクター。日本推理作家協会理事長。 世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。
北海道小樽市出身。北海道倶知安高等学校卒業、専修学校桑沢デザイン研究所中退。代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」など。株式会社大沢オフィス所属。


■京極夏彦読了作品一覧(2020年4月現在)


01) 「姑獲鳥の夏」 百鬼夜行シリーズ1
02) 「魍魎の匣」 百鬼夜行シリーズ2
   ※第49回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞作
03) 「狂骨の夢」 百鬼夜行シリーズ3
04) 「鉄鼠の檻」 百鬼夜行シリーズ4
05) 「絡新婦の理」 百鬼夜行シリーズ5
06) 「塗仏の宴 宴の支度」 百鬼夜行シリーズ6
07) 「塗仏の宴 宴の始末」 百鬼夜行シリーズ7
08) 「陰摩羅鬼の瑕」 百鬼夜行シリーズ8
09) 「邪魅の雫」 百鬼夜行シリーズ9
10) 「巷説百物語」 巷説百物語シリーズ1
11) 「嗤う伊右衛門」 江戸怪談シリーズ1
   ※第25回泉鏡花文学賞受賞作
12) 「どすこい」
13) 「厭な小説」(短編集)
14) 「豆腐小僧双六道中ふりだし 本朝妖怪盛衰録」 豆腐小僧シリーズ1
15) 「死ねばいいのに」
16) 「百鬼夜行―陰」
17) 「百器徒然袋―雨」
18) 「今昔続百鬼―雲」
19) 「百器徒然袋―風」
20) 「数えずの井戸」

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

ジョン・ル・カレ読了作品一覧

■ジョン・ル・カレ(John le Carré、1931年10月19日 ~)
本名:デイヴィッド・ジョン・ムア・ コーンウェル〈David J. M. Cornwell〉)は、イギリス、ドーセットのプール出身の小説家。スパイ小説で知られている。
外務・英連邦省に入り、1956年にMI5の下級職員となった。1960年にMI6への転属願いを出す。1961年春にちょうどMI6の新人訓練を終える頃、イギリスの諜報員でソ連の二重スパイだったジョージ・ブレイク逮捕の知らせが入る。主に西ドイツ(在ボン大使館、在ハンブルク領事館)で働いた。外交官として働く傍ら、その経験を元に小説を書き始め、1961年(29歳)のとき発表した『死者にかかってきた電話』で小説家としてデビュー。
1963年9月、『寒い国から帰ってきたスパイ』を出版。同作品は出版前に3回も増刷され、かつパラマウント映画から映画化のオファーを受けた。エドガー賞 長編賞を受賞し、世界的に評価を得る。
ル・カレの作品の多くは、初老のイギリス情報部幹部「ジョージ・スマイリー」が登場し、その中でもスマイリーを主人公としたものは1960年代では『死者にかかってきた電話』『高貴なる殺人』、1970年代では『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』『スクールボーイ閣下』『スマイリーと仲間たち』の合計5作である。特に1970年代に発表した長編3作は全てスマイリーを主人公としており、日本ではその3作を「スマイリー三部作」と呼ぶ。
その後もスパイものを中心に作品を発表しており、各国語に翻訳されて世界各国で発売されている。映画化やテレビドラマ化された作品も多い。作家のニック・ハーカウェイ(Nick Harkaway)は息子。


■ジョン・ル・カレ読了作品一覧 【2019年11月現在】

01)宇野利泰訳 「寒い国から帰ってきたスパイ:The Spy Who Came in from the Cold」
02)村上博基訳 「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(新訳版):Tinker Tailor Soldier Spy」
03)加賀山卓朗訳 「誰よりも狙われた男:A Most Wanted Man」」
04)村上博基訳 「パーフェクト・スパイ(上・下):A PERFECT SPY」
05)村上博基訳 「われらのゲーム:Our Game」
06)村上博基訳 「リトル・ドラマー・ガール(上・下)The Little Drummer Girl」

■原作映画・ドラマ/鑑賞作品一覧

01)「寒い国から帰ったスパイ」【1965】 映画
02)「テイラー・オブ・パナマ」【2001】 映画
03)「ナイロビの蜂」【2005】 映画
04)「裏切りのサーカス」【2011】 映画
05)「誰よりも狙われた男」【2013】 映画
06)「われらが背きし者」【2016】 映画

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

麻耶雄嵩読了作品一覧

■麻耶 雄嵩 (まや ゆたか、1969年 - )
日本の小説家、推理作家。「問題作」を一貫して書き続けており、研究会OBの大勢と同じく長編・短篇を問わず寡作ではあるが、独特の世界観と手法的アプローチに強いこだわりを持った癖のある作風で、マニアックかつカルト的な支持を得ている。
同業者やミステリ界隈からの評価に関わらず長い間無冠であったが、2011年に「隻眼の少女」で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。
2015年、「さよなら神様」で第15回本格ミステリ大賞受賞。


■麻耶雄嵩読了作品一覧 【2015年12月現在】

01) 「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」 
02) 「痾」
03) 「夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)」 
04) 「メルカトルと美袋のための殺人」 
05) 「鴉」 
06) 「木製の王子」 
07) 「名探偵 木更津悠也」 
08) 「まほろ市の殺人 秋―闇雲A子と憂鬱刑事」 
09) 「蛍」
10) 「隻眼の少女」
   ※第64回日本推理作家協会賞 ※第11回本格ミステリ大賞

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

逢坂剛読了作品一覧

■逢坂 剛 (おうさか ごう、1943年 - )
日本の小説家、推理作家。父は挿絵画家の中一弥。博報堂に勤務する傍ら、執筆活動を行う。17年ほど兼業した後、1997年に社屋が芝浦に移るのを機に31年勤めた同社を早期退職し、神田神保町にオフィスを構える専業作家となった。1980年 -「屠殺者よグラナダに死ね」(後に「暗殺者グラナダに死す」に改題)により第19回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。1986年 -『カディスの赤い星』により第5回日本冒険小説協会大賞を受賞。1987年 - 同作により第96回直木三十五賞、第40回日本推理作家協会賞を受賞。2014年 - 第17回日本ミステリー文学大賞を受賞。2015年 -『平蔵狩り』により第49回吉川英治文学賞を受賞。2001年から2005年まで日本推理作家協会理事長を務めた。

■逢坂剛読了作品一覧 【2015年6月現在】

01) 「裏切りの日々」(百舌シリーズ)
02) 「百舌の叫ぶ夜」(百舌シリーズ)
03) 「幻の翼」(百舌シリーズ)
04) 「砕かれた鍵」(百舌シリーズ)
05) 「よみがえる百舌」(百舌シリーズ)
06) 「クリヴィッキー症候群」(岡坂神策シリーズ/短編集)
07) 「十字路に立つ女」(岡坂神策シリーズ)
08) 「斜影はるかな国」(岡坂神策シリーズ
09) 「ハポン追跡」(岡坂神策シリーズ/短編集)
10) 「カプグラの悪夢」(岡坂神策シリーズ/短編集)
11) 「空白の研究」(短編集)
12) 「情状鑑定人」(短編集)
13) 「カディスの赤い星」
14) 「コルドバの女」(短編集)
15) 「水中眼鏡の女」(短編集)
16) 「さまよえる脳髄」
17) 「まりえの客」(短編集)
18) 「禿鷹の夜」(禿鷹シリーズ)
19) 「無防備都市」(禿鷹シリーズ)
20) 「銀弾の森」(禿鷹シリーズ)
21) 「禿鷹狩り」(禿鷹シリーズ)
22) 「凶弾」(禿鷹シリーズ)
23) 「アリゾナ無宿」

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

佐々木譲読了作品一覧

■佐々木 譲 (ささき じょう、1950年3月16日 - )
日本の作家。東京農業大学客員教授。広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物新人賞」を受賞し、作家デビュー。1989年 「エトロフ発緊急電」で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。1994年 「ストックホルムの密使」で日本冒険小説協会大賞を受賞。2002年 「武揚伝」で新田次郎文学賞を受賞。2008年版 「このミステリーがすごい!」で、「警官の血」が1位となる。2010年「廃墟に乞う」で第142回直木賞受賞。高卒の作家としては6年ぶりの快挙であった。また、デビュー30年目の大ベテランによる受賞は32年目の白石一郎(第94回)に次ぐ記録であった。2016年 第20回日本ミステリー文学大賞を受賞。

■佐々木譲読了作品一覧【2015年11月現在】

01)「牙のある時間」
02)「笑う警官」 (道警シリーズ1)
03)「警視庁から来た男」 (道警シリーズ2)
04)「警官の紋章」 (道警シリーズ3)
05)「巡査の休日」 (道警シリーズ4)
06)「密売人」 (道警シリーズ5)
07)「人質」 (道警シリーズ6)
08)「制服捜査」 (川久保篤シリーズ1) 
09)「暴雪圏」 (川久保篤シリーズ2)
10)「警官の血」
11)「廃墟に乞う」 第142回直木賞受賞作
12)「警官の条件」 (警官の血続編)
13)「ユニット」
14)「カウントダウン」
15)「犬どもの栄光」
16)「憂いなき街」 (道警シリーズ7)
17)「地層捜査」
18)「真夏の雷管」 (道警シリーズ8)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

ロバート・B・パーカー読了作品一覧

■ロバート・ブラウン・パーカー (Robert Brown Parker, 1932年 - 2010年)
アメリカ合衆国の小説家。1973年、私立探偵スペンサーを主人公としたハードボイルド小説「ゴッドウルフの行方」で小説家デビューした。以後、スペンサー・シリーズを中心に、ジェッシィ・ストーン・シリーズ、サニー・ランドル・シリーズなどを発表した。スペンサーシリーズ第4作目の「約束の地」でエドガー賞 長編賞を受賞した。2002年、同クラブが授与する巨匠賞を受賞した。2010年1月18日、マサチューセッツ州ケンブリッジで心臓発作を起こし、急死した。

■ロバート・B・パーカー読了作品一覧 【2018年2月現在】

●スペンサーシリーズ
01) 「ゴッドウルフの行方」 S-01 (1973年デビュー作)
02) 「誘拐」 S-02
03) 「失投」 S-03
04) 「約束の地」 S-04 (1976年エドガー賞長編賞受賞作)
05) 「ユダの山羊」 S-05
06) 「レイチェル・ウォレスを探せ」 S-06
07) 「初秋」 S-07
08) 「残酷な地」 S-08
09) 「儀式」 S-09
10) 「拡がる環」 S-10
11) 「告別」 S-11
12) 「キャッツキルの鷲」 S-12
13) 「海馬を馴らす」 S-13
14) 「蒼ざめた王たち」 S-14
15) 「深紅の歓び」 S-15
16) 「プレイメイツ」 S-16
17) 「スターダスト」 S-17
18) 「晩秋」 S-18
19) 「ダブル・デュースの対決」 S-19
20) 「ペイパー・ドール」 S-20
21) 「歩く影」 S-21
22) 「虚空」 S-22
23) 「チャンス」 S-23
24) 「悪党」 S-24
25) 「突然の災渦」 S-25
26) 「沈黙」 S-26
27) 「ハマーマガーを守れ」 S-27
28) 「ポットショットの銃弾」 S-28
29) 「笑う未亡人」 S-29
30) 「真相」 S-30
31) 「背信」 S-31
32) 「冷たい銃声」 S-32
33) 「スクール・デイズ」 S-33
34) 「ドリームガール」 S-34
35) 「昔日」 S-35
36) 「灰色の嵐」 S-36
37) 「プロフェッショナル」 S-37

●ジェッシイ・ストーン・シリーズ
01) 「暗夜を渉」 S-01
02) 「忍び寄る牙」 S-02
03) 「湖水に消える」 S-03
04) 「影に潜む」 S-04
05) 「決別の海」 S-05
06) 「秘められた貌」 S-06

●サニー・ランドル・シリーズ
01) 「家族の名誉」 S-01
02) 「二度目の破滅」 S-02
03) 「束縛」 S-03
04) 「メランコリー・ベイビー」 S-04
05) 「虚栄」 S-05
06) 「殺意のコイン」 S-06

●その他
01) 「銃撃の森」
02) 「愛と名誉のために」

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

船戸与一読了作品一覧

■船戸 与一 (ふなど よいち、1944年 - 2015年)
日本の小説家。小学館、祥伝社などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年「非合法員」(講談社)で冒険小説家としてデビュー。他に豊浦 志朗の筆名で「叛アメリカ史」等のルポルタージュ、外浦 吾朗の筆名で「ゴルゴ13」、「メロス」の劇画原作も著している。2015年4月22日 、胸腺癌のため死去。71歳没。闘病生活を続けながら執筆した長編「満州国演義」シリーズの完結をもって絶筆となった。

■船戸与一読了作品一覧 【2016年4月現在】

01)「非合法員」 
02)「祖国よ友よ」 
03)「山猫の夏」 
  ※第3回日本冒険小説協会大賞(国内部門)
  ※第6回吉川英治文学新人賞受賞
04)「神話の果て」 講談社文庫
05)「銃撃の宴」 
06)「猛き箱舟」
  ※第6回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞
07)「伝説なき地」 
  ※第7回日本冒険小説協会大賞(国内部門)
  ※第42回日本推理作家協会賞(長編部門受賞

08)「蝦夷地別件」 
  ※第14回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞
09)「龍神町龍神十三番地」 
10)「かくも短き眠り」 
11)「午後の行商人」

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク