荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

レイクサイドマーダーケース

Posted by Tommy荒野 on   1 comments   0 trackback

レンタルDVDで「レイクサイドマーダーケース」を観る。

20160507-014


ある日、中学受験を控えた子どもを持つ3家族が塾の講師を招き、湖畔の別荘で一緒に勉強合宿を開くことに。

家族とは別居中の並木俊介も、中学受験には疑問を持ちつつも、妻・美菜子と娘のためとこの合宿に参加した。

そして講師・津久見の指導のもと、子どもの勉強や面接の訓練などに打ち込む3家族。

そんな時、俊介の仕事仲間で愛人でもある英里子が突然別荘にやって来る。

困惑する俊介。

やがてその夜、俊介は別荘のリビングで英里子の死体を発見する。

美菜子が犯行を告白する中、スキャンダルを恐れた他の親たちは積極的に事件の隠蔽工作進めるのだったが…。


観終わってから保険屋のおばちゃんからもらった「ザ・テレビジョン」を見てビックリ。

今週テレビで放映するじゃん!

早すぎはしないか?

やっぱりアレか、「直木賞」獲ったからか。

なんか損をした気分。

映画の感想は・・・

スポンサーサイト

クリストファー・ノーラン監督 「バットマン ビギンズ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで「バットマン ビギンズ」を観る。

20160507-015

大富豪の家庭に育ったブルース・ウェインは少年時代、井戸で遭遇したコウモリの大群に圧倒的な衝撃を受け、またさらには彼の両親が目の前で殺されて大きなショックを抱え込む。

やがて父の遺した企業を受け継いだブルースだったが、強いトラウマと親の仇への復讐心は消えず、犯罪者の心理を知るため自ら罪人となる。

そんな彼はある日、デュガードという男と運命的な出会いを果たし、不正と闘うことを決意。

そして彼の薦めにより、ヒマラヤの奥地に潜む“影の同盟”なる自警団のもとで心身を鍛え、心の闇を解放する。

こうして彼は、ゴッサム・シティへと舞い戻って来る。

街は悪の組織と暴力がはびこり、腐敗が進んでいた。

自らの使命に確信を持ったブルースは、全身黒いコスチュームを身に纏ったバットマンとなり、巨悪と対峙する道を選ぶのだった。


横山秀夫著 「半落ち」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

横山秀夫著「半落ち」(講談社)を読む。

20160331-095

「妻を殺しました」

現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。

動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは―。

日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。


北村薫著 「リセット」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

北村薫著「リセット」を読む。

20160331-093

太平洋戦争末期、神戸に住む女学生の水原真澄は、時局の厳しさを横目で見ながら、友人たちと青春を謳歌していた。

真澄には、結城修一というほのかな恋心を抱いている少年がいる。

幼い記憶にある、30数年に1度しか見られないという獅子座流星群をいつかふたりで眺めてみたいと真澄は心に期していたが、度重なる戦火がふたりを引き裂いてしまう。

やがて終戦を迎え、東京オリンピック開催が近づく昭和30年代前半。

小学5年生の村上和彦は、自前で小学生に絵本や児童書を貸し与える女性と知り合う。

彼女こそは水原真澄だった。

折りしも獅子座流星群の到来まで、あと4年と迫っていた…。


山田風太郎著 「忍法剣士伝」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

島田荘司著「ネジ式ザゼツキー」を読もうと思っていたが、見つからないので断念。

どうやら読み終わった本と一緒に古本屋に売ってしまったらしい。

昔はこんなことは絶対しなかったのに。

歳か?

気分を改め、山田風太郎著 「忍法剣士伝」(角川文庫)を読む。

20160331-032

“幻法びるしゃな如来”

その液体を浴びたとたん、あらゆる男を悩殺せずにはおかない女人となる

の犠牲となった北畠家の旗姫。

呪われた十二人の剣豪対若き忍者木造京馬の凄絶な闘い!


島田荘司読了作品一覧

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

■島田荘司読了作品一覧 【改訂中】

●御手洗潔シリーズ
01)「占星術殺人事件」(御手洗潔シリーズ1) 講談社文庫
02)「斜め屋敷の犯罪」(御手洗潔シリーズ2) 講談社文庫
03)「御手洗潔の挨拶」(御手洗潔シリーズ3) 講談社文庫
04)「異邦の騎士」(御手洗潔シリーズ4) 講談社文庫
05)「改訂完全版 異邦の騎士」 講談社文庫
06)「御手洗潔のダンス」(御手洗潔シリーズ5) 講談社文庫
07)「暗闇坂の人喰いの木」(御手洗潔シリーズ6) 講談社ノベルス
08)水晶のピラミッド(御手洗潔シリーズ7) 講談社ノベルス
09)「眩暈」(御手洗潔シリーズ8) 講談社
10)「アトポス」(御手洗潔シリーズ9) 講談社
11)「龍臥亭事件(上・下)」(御手洗潔シリーズ10) 光文社 カッパ・ノベルス
12)「御手洗潔のメロディ」(御手洗潔シリーズ11) 講談社文庫
13)「Pの密室」(御手洗潔シリーズ12) 講談社ノベルス
14)「最後のディナー」(御手洗潔シリーズ13) 講談社ノベルス
15)「ロシア幽霊軍艦事件」(御手洗潔シリーズ14) 原書房
16)「魔神の遊戯」(御手洗潔シリーズ16) 文春文庫
17)「セント・ニコラスのダイヤモンドの靴」(御手洗潔シリーズ17) 原書房
18)「上高地の切り裂きジャック」(御手洗潔シリーズ18) 原書房
19)「ネジ式ザゼッキー」(御手洗潔シリーズ19) 講談社ノベルス
20)「龍臥亭幻想(上・下)」(御手洗潔シリーズ20) 光文社ノベルス
21) 「犬坊里美の冒険」(御手洗潔シリーズ24)光文社ノベルス
22)「最後の一球」 (御手洗潔シリーズ25)
23)「リベリタスの寓話」 (御手洗潔シリーズ26)
24)「御手洗さんと石岡さんが行く」(コミック・アンソロジー+書下ろし短編) 原書房
25)「季刊 島田荘司」Vol.1(「山手の幽霊」収録) 原書房
26)「季刊 島田荘司」Vol.2(「ロシア幽霊軍艦事件」収録) 原書房
27)「季刊 島田荘司」Vol.3(「セント・ニコラスのダイヤモンドの靴」収録) 原書房
28)「季刊 島田荘司」Vol.4(「最後の一球」収録) 原書房

●吉敷竹史シリーズ
04)「寝台特急『はやぶさ』1/60秒の壁」(吉敷竹史シリーズ1) 光文社文庫
05)「出雲伝説7/8の殺人」(吉敷竹史シリーズ2) 光文社文庫
06)「北の夕鶴2/3の殺人」(吉敷竹史シリーズ3) 光文社文庫
09)「消える『水晶特急』」(吉敷竹史シリーズ4) 光文社文庫
10)「確率2/2の死」(吉敷竹史シリーズ5) 光文社文庫
15)「Yの構図」(吉敷竹史シリーズ6) 光文社文庫
21)「灰の迷宮」(吉敷竹史シリーズ7) 光文社文庫
26)「夜は千の鈴を鳴らす」(吉敷竹史シリーズ8) 光文社文庫
28)「幽体離脱殺人事件」(吉敷竹史シリーズ9) 光文社文庫
29)「奇想、天を動かす」(吉敷竹史シリーズ10) 光文社文庫
35)「羽衣伝説の記憶」(吉敷竹史シリーズ11) 光文社文庫
37)「ら抜き言葉殺人事件」(吉敷竹史シリーズ12) 光文社 カッパ・ノベルス
38)「飛鳥のガラスの靴」(吉敷竹史シリーズ13) 光文社 カッパ・ノベルス
50)「涙流れるままに(上)(下)」(吉敷竹史シリーズ14) 光文社 カッパ・ノベルス
53)「吉敷竹史の肖像」(吉敷竹史シリーズ15) 光文社 カッパ・ノベルス 


03)「死者が飲む水」 講談社文庫
07)嘘でもいいから殺人事件
08)漱石と倫敦ミイラ殺人事件
11)高山殺人行1/2の女
12)殺人ダイヤルを捜せ
13)サテンのマーメイド
14)夏、19歳の肖像
16)火刑都市
17)消える上海レディ
18)展望塔の殺人
19)網走発遥かなり
20)ひらけ!勝鬨橋
23)毒を売る女
24)嘘でもいいから誘拐事件
7)切り裂きジャック百年の孤独
30)見えない女
32)踊る手なが猿
33)都市のトパーズ
39)天国からの銃弾年
42)天に昇った男
43)秋好事件
45)三浦和義事件
58)「帝都衛星軌道」講談社ノベルス


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

島田荘司著 「セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

島田荘司「セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴」(講談社ノベルス)である。

20160331-094

聖夜、名探偵・御手洗潔(みたらいきよし)の推理が起こした、心優しい奇跡とは!?

ロマノフ王朝のダイヤの靴に秘められた謎。

「これは大事件ですよ」「占星術殺人事件」の直後、馬車道の仕事場を訪ねてきた老婦人に名探偵・御手洗潔は断言した。

とある教会で開かれたバザーで、彼女の知人がとった奇妙な行動には、隠された意図があったのだという。

ロシアのロマノフ王朝から明治政府に贈られた「セント・ニコラスのダイヤモンドの靴」をめぐって起きた事件を御手洗が解き明かす! 

クリスマスの夜、少女のために名探偵が起こす奇跡とは!?


司馬 遼太郎著 「功名が辻」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

司馬遼太郎著 「功名が辻」(文春文庫新装版、全四巻)を読んだ。

20160331-031

天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。

その彼に、賢くて美しい嫁がくるという…伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。

戦国時代、夫婦が手をとりあってついには土佐一国の大名の地位をえた山内一豊の痛快物語。

全四冊。


2時間ドラマ 「女王蜂」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画してあった「女王蜂」を観る。

20160406-001

横溝正史の小説、石坂浩二の映画、古谷一行のTVと何回も見てきたストーリーではあるが、

何故、こんなにおもしろくない!

稲垣吾郎の金田一耕介は悪くない。

横溝正史が出てくるのもかまわない。

ゴーゴー夕張も中井貴恵よりはハマっていると思う。

では何故?

脚本か?

演出か?

と見極める間も無く30分で断念!

もう、金田一の映像化は限界なのか?

20160406-002
※金田一耕介と横溝生史

◆「女王蜂」 2006年/日本・TVM
監督:星護 原作:横溝生史 脚本:佐藤 音楽:佐橋俊彦 出演:稲垣吾郎/栗山千明/及川光博/杉本哲太/小日向文世/塩見三省/手塚理美/石橋凌

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

重松清著 「流星ワゴン」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

重松清著「流星ワゴン」(講談社文庫)を読み終わる。

重松清の作品は初めて読む。

20160331-030

死んじゃってもいいかなあ、もう……。

38歳・秋。

その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。

そして自分と同い歳の父親に出逢った。

時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。

やり直しは、叶えられるのか?

「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。