荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

斉藤耕一監督 「無宿〈やどなし〉」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

DVDで「無宿〈やどなし〉」を観る。

20160330-002 20170117-008

刑務所で知り合った旅廻り一座の駒玄と、粋な着流しのヤクザ・錠吉。

性格は違うが、なぜか馬が合うふたりは、出所後、ふとしたことからサキエと言う女を女郎屋から助け出す。

二人を慕うサキエと共にやどなし三人の旅が始まる。

当時の日本映画界の新鋭「勝プロ」が、実現不可能と言われた高倉健、勝新太郎の2大スターの競演を実現させた、ファン待望の作品。


スポンサーサイト

余市12年

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

いつものバーで「余市12年」をボトルキープ。

いつもながら本当に美味い!

マスターのやめなさいとの声を無視し、ギネスと一緒に飲む。

失敗。

全然合わない。

土曜日より連日飲み続け。

めずらしく早く帰る・・・・が、

家でもビールを飲んでしまった。

20060531141634[1]

また反省。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

ボウモア17年

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

21:30イベントの撤去が終わって近くのバーで乾杯。

1杯目はサッポロクラシックを一気飲み。

2杯目からはギネスをチェイサーにボウモア17年をストレートで。

爽やかで、穏やかな磯の風味。

美味くて、美味くて結局3杯。

20060531125318[1]

ちょっと1杯のつもりが・・・

また、反省。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

奥田英朗著 「最悪」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

仕事でイベント会場に張り付き。

展示品の安全確保のため1人で見張り番。

すること無いので本一冊、読み終わる。

奥田英朗著 「最悪」 (講談社文庫/2002年刊)

最悪


鉄工所の社長、信次郎はバブル崩壊の危機は乗り越えたものの仕事は変わらずキツく、その上、近隣住民達との工場の騒音問題に頭を悩ませている。

銀行員のみどりは妹の素行不良と会社の上司との人間関係に憂鬱な毎日を送っていた所、支店長にセクハラを受け、会社を辞める決意をする。

パチンコとカツアゲで生計を立てる和也はチンピラの友人と共に強盗をはたらき、それが基で友人の兄貴分であるヤクザの組に家宅捜索が入り、友人と共にヤクザに暴行を受けて上、命と引き換えに大金を要求される。

まったく面識の無い三人の人生が少しずつ狂いはじめ、最後には“最悪”な状態で交差する。


TVアニメ 「ベルサイユのばら」2

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

TVアニメ 「ベルサイユのばら」 5~8巻をビデオで観る。

本当は全部借りるつもりだったが、9・10巻がレンタル中。

DVDも全巻借りられていた。

やっと絵(作画)が落ち着いてきたなと思ったら、途中から出崎演出が炸裂!

急に登場人物の顔が長くなった。

おまけにフェルゼンも声変わり(堀→野沢)、物語も佳境に入る。

とても面白いのだが、そこは少女漫画。

誰に感情移入していいのか分からない。

とりあえず安原義人さんを応援。

※観終わって、なんとなく「新ルパン三世」の101話「ベルサイユは愛に燃えた」をビデオで観た。
 
 同じ東京ムービーなのに、ありゃ最低だね。
 
 オスカルファンは怒るわ。

20160331-076

■「ベルサイユのばら 5~8」 1979~1980年/日本・TV/95分
総監督:出崎統  原作:池田理代子 脚本:篠崎好/山田正弘/杉江慧子  作画監督:荒木伸吾/姫野美智
声:田島令子/志垣太郎/上田みゆき/安原義人/松金よね子/野沢那智/武藤礼子/森功至

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

京極夏彦著 「巷説百物語」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

京極夏彦著 「巷説百物語」(角川文庫/2003年刊)を読む。

20160331-072

江戸を舞台に絵師竹原春泉の「絵本百物語」で描かれた妖怪を題材とした7編の短編。

小股潜りの又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平の三悪党と戯作者・山岡百介が闇に葬られた事件を人知れず解決する。


嶽本野ばら著 「下妻物語-ヤンキーちゃんとロリータちゃん」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

嶽本野ばら著 「下妻物語-ヤンキーちゃんとロリータちゃん」 (小学館文庫/2004年刊)を読む。

20160331-070

四方八方田んぼだらけの茨城県下妻。

そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女 ・ 桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリ ヤンキー少女・イチコと出会う。

見た目も趣味も全く違うこの二人。

わかり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて……。

深田恭子・土屋アンナ主演で映画化もされた、乙女のカリスマ作家・嶽本野ばらの爆走青春ストーリー。


スティーヴン・キング読了作品一覧

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

●スティーヴン・エドウィン・キング (Stephen Edwin King, 1947年9月21日 - )
アメリカのモダンホラー小説家。1974年に長編『キャリー』でデビュー。ジャンルはホラーであるにもかかわらず、舞台は主にアメリカのごく平凡な町で、具体的な固有名詞をはじめとした詳細な日常描写を執拗に行うのが特徴。その作風から、従来の「非現実的な世界を舞台とした、怪奇小説としてのホラー」とは異なる「モダン・ホラー」の開拓者にして第一人者とされる。ホラーばかりではなく、『ショーシャンクの空に(原作:『刑務所のリタ・ヘイワース』)』や『グリーンマイル』など、映画化された話題作でも有名である。日常の中に潜む「ちょっとした不思議」を題材にした作品も目立つ。著作の多くが映画化またはTVドラマ化されている。世界幻想文学大賞(1982年、1995年、2004年)、ヒューゴー賞(1982年)、オー・ヘンリー賞(1996年)、ブラム・ストーカー賞(1988年、1996年、1997年、1999年、2007年、2009年)など、数々の文学賞を受賞している。別ペンネームリチャード・バックマン(Richard Bachman)名義で、『死のロングウォーク』、『バトルランナー』、『痩せゆく男』、『レギュレイターズ』などを発表した。『死のロングウォーク』は、キングの事実上の処女長編小説である。


●スティーヴン・キング読了作品一覧 【2010年6月現在】

01) 「ナイトシフト1:深夜勤務」
02) 「トウモロコシ畑の子供たち」
03) 「スケルトン・クルー1:骸骨乗組員」
04) 「神々のワードプロセッサ」
05) 「ミルクマン」
06) 「キャリー」
07) 「シャイニング(上・下)」
08) 「ザ・スタンド(1~5)」
09) 「デッドゾーン(上・下)」
10) 「ファイアスターター(上・下)」
11) 「クージョ」
12) 「クリスティーン(上・下)」
13) 「ペット・セマタリー(上・下)」
14) 「IT-イット-(1~4)」
15) 「ミザリー」
16) 「トミーノッカーズ(上・下)」
17) 「ダーク・ハーフ(上・下)」
18) 「ニードフル・シングス(上・下)」
19) 「ジェラルドのゲーム」
20) 「ドロレス・クレイボーン」
21) 「ローズ・マダー(上・下)」
22) 「グリーンマイル(1~6)」
23) 「デスペレーション(上・下)」
24) 「骨の袋(上・下) 」
25) 「アトランティスのこころ(上・下)」
26) 「ドリームキャッチャー(1~4)」
27) 「第四解剖室」
28) 「幸運の25セント硬貨」
29) 「恐怖の四季(春夏編)ゴールデン・ボーイ」
30) 「恐怖の四季(秋冬編)スタンド・バイ・ミー」
31) 「ランゴリアーズ」
32) 「図書館警察」
33) 「セル(上・下)」
34) 「1922」(短編集)
35) 「ブルックリンの八月」(短編集)

●リチャード・バックマン読了作品一覧

01) 「死のロングウォーク」
02) 「最後の抵抗」
03) 「痩せゆく男」
04) 「レギュレイターズ」

●スティーヴン・キング原作映画・鑑賞済作品一覧

1)「キャリー」【197】
2)「シャイニング」【1980】
3)「クジョー」【1983】
4)「デッドゾーン」【1983】
5)「クリスティーン」【1983】
6)「炎の少女チャーリ」【1984】
7)「地獄のデビルトラック」【1986】
8)「スタンド・バイ・ミー」【1986】
9)「バトルランナー」【1987,】
10)「ペット・セメタリー」【1989】
11)「ミザリー」【1990】
12)「 スリープウォーカーズ」【1992】
13)「ダーク・ハーフ」【1993】
14)「ニードフル・シングス」【1994】
15)「ショーシャンクの空に」【1994】
16)「マングラー」【1995】
17)「黙秘」【1995】
18)「痩せゆく男」【1996】
19)「ゴールデンボーイ」【1998】
20)「グリーンマイル」【1999】
21)「アトランティスのこころ」【2001】
22)「ドリームキャッチャー」【2003,】
23)「シークレット ウインドウ」【2004】
24)「ミスト」【2007】

●スティーヴン・キング原作テレビ・鑑賞済作品一覧

1)「死霊伝説」【1979】
2)「IT」【1990】
3)「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」【1991】
4)「ゴールデン・イヤーズ 」【1991】
5)「ザ・スタンド」【1994】
6)「ランゴリアーズ」【1995】
7)「シャイニング」【1997】
8)「X-ファイル 第5シーズン」第107話『ドール』 【1998】
9)「ローズ・レッド」【2003】
10)「キャリー」【2002】
11)「デッド・ゾーン」 第1シーズン第1話 「運命の紡ぎ車」、第2話 「この目に映るもの」【2002】
12)「デスペレーション」【2006】

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720






スティーヴン・キング著 「幸運の25セント硬貨」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

スティーヴン・キング著 「幸運の25セント硬貨:EVERTHING’S EVENTUAL Ⅱ」(新潮文庫/2004年刊)を読む。

20160331-010

ベッドの枕に置かれた封筒。

中には祝福の手紙(「きみはついてるな!」)と25セント硬貨。

チップとも呼べない少額すぎるそのコインが、ホテルのメイドにもたらした幸運とは…

市井の普通の人間に訪れた特別な瞬間を、名人芸の手業で描いた標題作ほか、天才キングが十年をかけて、瞬間瞬間の全精力を傾注して彫琢した傑作揃い、意外な結末ばかりの全七篇。


ウォルター・ヒル監督 「ストリート・オブ・ファイヤー」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

DVDで「ストリート・オブ・ファイヤー」を観る。

「インディ・ジョーンズ」「ダイ・ハード」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と並ぶ、私がお気に入りの元気が出る映画。

ストリート


高架線と路地裏に囲まれた街リッチモンド。

地元出身のロックの女王がコンサート会場で暴走族グループに誘拐された。

事件を知った彼女の昔の恋人、流れ者のトムは街に帰ってくる。

自分を捨てた憎い女・・・だが愛した女、そしてまだ愛している女のために男は命をかけて救出に向かう。