荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

押井守総監督 「真・女立喰師列伝」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで「真・女立喰師列伝」を観る。

女立喰師列伝1


“立喰師”とは立喰いによる無銭飲食を生業とする架空の仕事師のこと。

「攻殻機動隊」「イノセンス」の鬼才・押井守監督が生み出したこのモチーフを基に、押井監督と気鋭クリエイター4人が、美しき女立喰師たちを主役に多彩なスタイルで描く異色のオムニバス・ムービー。

押井監督が「金魚姫 鼈甲飴の有理」、「ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子」の2作を手掛け、他に辻本貴則監督「荒野の弐挺拳銃 バーボンのミキ」、神山健治監督「Dandelion 学食のマブ」、湯浅弘章監督「草間のささやき 氷苺の玖実」、神谷誠監督「歌謡の天使 クレープのマミ」の計6編。


スポンサーサイト

東直己著 「逆襲」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

東直己著「逆襲」(光文社文庫オリジナル/2001年刊)を読む。

逆襲


しがない探偵・法間謙一は我知らず大事件の渦中にいた!?

発端は市議会議員・師山史輔からの依頼だった。

彼は娘の縁談を反古にするため、婚約者・柿俣正吾の弱みを探ってほしいと頼む。

ところが、調査中、法間は何者かに襲われ、監禁されてしまった!

彼が触れてしまっていた禁忌とは!? (表題作)。

真剣でユーモラスで哀切感漂う、ハードボイルド小説登場。


伊坂幸太郎著 「ラッシュライフ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

石持浅海氏を一休みして、遅らばせながらも伊坂幸太郎氏を購入。

作品が次々と映画化されている話題の作家だが、今までまったく手に取ることがなかった。

したがって本作も予備知識なしで読み始める。

ラッシュライフ


泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。
父に自殺された青年は神に憧れる。
女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。
職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。
幕間には歩くバラバラ死体登場――。
並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。
不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。
巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。


米国ドラマ 「ヒーローズ」 Vol.10~11 

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

ヒーローズ11


知らなかった・・・・

Vol.11でシーズン1のラストだった。

こちらとしてはまだまだ続くと思い、全然覚悟していなかったので、

「あれ、いきなりかよ!」とか

「おぉ、コイツ死んじまった!」とか

思っている間に気がついたら終っていた。

本当に驚いた。

田崎竜太監督 「仮面ライダー THE NEXT」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで「仮面ライダー THE NEXT」を観る。

仮面ライダーネクスト 1


怪奇な連続殺人事件の現場に、、国民的アイドル・Chiharuの曲が必ず流れているという噂が立つ。

高校教師の本郷猛は、彼の受け持ちの生徒でChiharuの友人・琴美とともに、Chiharuの兄・風見志郎を訪れる。

しかし、風見志郎はショッカーライダーたちとともに、本郷に襲いかかる。

彼は、ナノロボットによる改造手術を受けたショッカーの改造人間=V3だったのだ。


米国ドラマ 「ヒーローズ」【3】

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで「HEROES 」 Vol.7~9を観る。

ヒーローズ7-9


ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。

何千何万kmも隔てたそれぞれの土地で、ある奇妙な現象が同時に発生する。

それは平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。

ある者は空を飛び、ある者は不死身の肉体となり、ある者は未来を予知し、ある者は時空を曲げるなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安におちいる者もいる。

いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。

人類を救うためか、それとも只のいたずらか。

そして、彼ら HEROESや人類を待ち受ける、巨大な運命とは……


Yoshi著 「Dear Friends」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

Yoshi著 「Dear Friends」(講談社文庫/2007年刊)を読む。
有名なケーター小説家のロングセラーと聞く。
また、映画化されたらしいので、試しに購入。

ディアフレンド


完璧な容姿をもつ18歳の高校3年生リナ。
「友達なんて利用するもの」と言い放つリナを、予期せぬ病が襲う。
そんなリナのもとに現れた小学校時代の同級生マキ。
マキは無償の友情を与え続けるが―。
今の時代にどんな友情があるのだろう?
時代の語りべYoshiが贈る、実話をもとにした友情の物語。


石持浅海著 「君の望む死に方」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

石持浅海著 「君の望む死に方」(祥伝社/ノン・ノベル/2008年刊)
「扉は閉ざされたまま」「アイルランドの薔薇」「月の扉」「水の迷宮」「セリヌンティウスの舟」「BG、あるいは死せるカイニス」「心臓と左手 座間味くんの推理」に続いて著者の作品を読む。

君の望む死に


膵臓ガンで余命6ヶ月──
〈生きているうちにしか出来ないことは何か〉
死を告知されたソル電機の創業社長日向は社員の梶間に、自分を殺させる最期を選んだ。
彼には自分を殺す動機がある。
殺人を遂行させた後、殺人犯とさせない形で──。
幹部候補を対象にした、保養所での“お見合い研修”に梶間以下、4人の若手社員を招集。
日向の思惑通り、舞台と仕掛けは調った。
あとは、梶間が動いてくれるのを待つだけだった。
だが、ゲストとして招いた一人の女性の出現が、「計画」に微妙な齟齬をきたしはじめた・・・。


久保田眞二著 「ホームズ」 第2巻

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

久保田眞二著 「ホームズ」第2巻(集英社/ヤングジャンプ・コミックス/2002年刊)を古本屋で見つけ、購入。

ホームズ2


英国が誇る名探偵・ホームズは国内のみならず、国外にも名声を馳せ、その推理はますます冴えわたる!
しかし、光輝き増せば、反する闇も深みを増す・・・天才的犯罪者にしてホームズの宿敵となるあの男が、密やかに闇の中から姿を現した!!


光原百合著 「時計を忘れて森にいこう」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

光原百合著 「時計を忘れて森にいこう」(創元推理文庫/2006年刊)を読む。

時計を忘れて森


同級生の謎めいた言葉に翻弄され、担任教師の不可解な態度に胸を痛める翠は、憂いを抱いて清海の森を訪れる。
さわやかな風が渡るここには、心の機微を自然のままに見て取る森の護り人が住んでいる。
一連の話を材料にその人が丁寧に織りあげた物語を聞いていると、頭上の黒雲にくっきり切れ目が入ったように感じられた。
その向こうには、哀しくなるほど美しい青空が覗いていた…。