荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

福山庸治著 「17 じゅうなな」 VOL.1

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

福山庸治著 「17じゅうなな VOL.1」(太田出版/f×comics/2001年刊)を読む。

じゅうなな-1

ある日突然、見知らぬ女につけ狙われることになった17歳の少年・道康。
女の正体、目的、動機すべてが不明。
甘く禍々しい罠が少年に襲いかかる……!!


スポンサーサイト

マイケル・ウィナー監督 「ロサンゼルス」

Posted by Tommy荒野 on   1 comments   0 trackback

レンタルDVDで「ロサンゼルス」を観る。

20160622-002

数年前ニューヨークでチンピラに妻を殺された開発技師ポール・カージーは、ロサンゼルスに移り住み穏やかな生活を送っていた。

しかし、突然惜しいってチンピラに、再び最愛の娘を強姦された挙げ句、死に追いやられてしまう。

怒りに燃え、復讐を誓った彼は、闇に紛れながら、ひとり、またひとり地獄へ突き落としていく。




吉田喜重監督 「人間の約束」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた映画「人間の約束」を観る。

20160401-012

東京都多摩市の新興住宅地にある森本依志男宅で、寝たきりの老母、タツが死んでいた。

調べてみると他殺の形跡が見られた。

そして、その日の夕方、タツの夫の亮作が、自分が絞殺したと自首する

驚く息子夫婦だったが、取調べをしてみると亮作自身もかなりのボケの症状が現れていた。

やがて、痴呆の老人を抱えた家族の苦悩が浮き彫りになっていく……。

新興住宅地で起きた老女の死を巡り、老人の痴呆を取り上げ、介護や親子の絆といった問題を描いた社会派の人間ドラマ。




東直己著 「悲鳴」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

東直己著 「悲鳴」(ハルキ文庫/2004年刊)を購入。

悲鳴 1.

ごくありふれた浮気調査のはずだった。

私立探偵・畝原の許へ現れた女は、夫の浮気現場の撮影を依頼してきた。

だが、畝原が調査を始めると依頼人から指定された現場に現れたのは夫の本当の“妻”だったのだ。
依頼人の女は、何者なのか?

やがて畝原へのいやがらせが始まり、依頼人の女に関わった者たちに危機が。

警察、行政をも敵に回す恐るべき事実とは何か!?深く刻まれた現代の疵を描く、傑作長篇ハードボイルド。


オノ・ナツメ著 「リストランテ・パラディーゾ」 

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

オノ・ナツメ著 「リストランテ・パラディーゾ」(太田出版/f×COMICS/2006年刊)を購入。

リストランテパラ1

老眼鏡紳士がおもてなし!
新鋭オノ・ナツメが贈る待望の新作。
オトナの"小さな恋のメロディ"。
元気娘ニコレッタが出逢ったのは、従業員は老眼鏡紳士のみ(女性客に大人気)という少し不思議なお店で...!?
優しいクラウディオ、小言の多いルチアーノ、モグほっぺのジジ、豪気なテオ・・・この連中、素敵すぎます!
「紳士萌え」という新たなジャンルを打ち出したオノ・ナツメの極上単行本。
描きおろし短編「休日の昼食」15p収録!



唐沢なをき著 「漫画家超残酷物語」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

唐沢なをき著 「漫画家超残酷物語」(小学館/BIG SPIRITS COMICS SPECIAL/2006年刊)を読む。

漫画家超残酷1




札幌芸術の森美術館 「男鹿和雄展」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

札幌芸術の森美術館で開催されている「ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人」を見に行く。(9月13日)

男鹿和雄展2

スペシャルドラマ 「古畑任三郎 2nd season 5~消えた古畑任三郎」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで「古畑任三郎~消えた古畑任三郎」を観る。

第2シーズン終了後に放送された特別編。

本放送の時に見逃したので、その後レンタルで探すが当時はビデオ化されていなかった。

今回DVDで見つけたので借りてみる。

古畑2-5



上甲宣之著 「地獄のババぬき」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

上甲宣之著 「地獄のババぬき」(宝島社文庫/2006年刊)を読む。

地獄のババヌキ 1.

卒業旅行のため、夜行バスで東京へと出発したしよりと愛子。

旅行を満喫していた二人だったが、なんとバスジャック事件に巻き込まれてしまう。

一方、深夜タクシーに乗っていたしよりの親友・弥生は、ラジオから流れる怪談話に耳を傾けていた。

やがて話は現実を侵食し始め…。導かれるように、しよりと愛子に合流する弥生。

バス車内では、犯人の命令により、命を堵けた“地獄のババぬき”が開始されようとしていた。


猫の日常2

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

猫写真1
撮影:J・A

FC2 Blog Ranking
e_01.gif