FC2ブログ

荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

東野圭吾著 「容疑者Xの献身」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

東野圭吾著 「容疑者Xの献身」(文春文庫/2008年刊)を読む。

2006年半「このミステリーがすごい!」第1位で、

第6回(2006年)「本格ミステリ大賞」受賞作で、

第134回(2006年)「直木賞」受賞作。

容疑者

天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。

彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。

だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる・・・。


スポンサーサイト



大塚英志著 「リヴァイアサン―終末を過ぎた獣」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

大塚英志著 「リヴァイアサン―終末を過ぎた獣」((講談社ノベルス/2002年刊)を読む。

リヴァイアサン小説

人種と性別が綯い交ぜになった五人分のボディで構成された肉体を持つ男、三溝耕平が新世紀の東京に舞い戻るとき、終末を告げる喇叭が鳴り響く。

左右対称の鏡人間、脳内に潜むハルトゼーカーの小人、アパートの軒下で暮らす透明な子供・・・。

耕平とその元恋人の研修医・福山さつきが遭遇する奇怪な人物と事件があぶり出す東京の真実とは!?

現代の語り部、大塚英志があの「世紀末」に捧げるもうひとつの黙示録。


桐野夏生著 「I’m sorry,mama.」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

桐野夏生著 「I’m sorry,mama.」(集英社文庫/年刊)を読む。

アイムソーリーママ

児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで25歳年下の夫と焼死した。

その背景に、女の姿が浮かび上がる。

盗み、殺し、火をつける「アイ子」。

彼女の目的は何なのか。

繰り返される悪行の数々。

次第に明らかにされる過去。

救いようのない怒りと憎しみとにあふれた女は、どこからやって来たのか。

邪悪で残酷な女の生を、痛快なまでに描き切った問題作。


スティーヴン・スピルバーグ監督 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を観る。

インディクリスタル1

1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。

彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛かりを辿っていた。

そしてそこには、なんとインディが捕らえられ、クリスタル・スカルの捜索を強要されていたのだった。

しかし、スキをみて脱出を図り、何とかスパルコの手を逃れたインディは考古学教授として赴任している大学へと舞い戻る。

すると今度は、彼の前に一通の手紙を携えたマットという青年が現われるのだが・・・。


宮部みゆき著 「ぼんくら」 上・下

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

宮部みゆき著 「ぼんくら(上・下)」 (講談社文庫/2004年刊)を読む。

ぼんくら1

「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」

江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。

その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。

いったい、この長屋には何が起きているのか。

ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。

著者渾身の長編時代ミステリー。


三谷幸喜監督 「ザ・マジックアワー」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで「ザ・マジックアワー」を観る。

マジックアワー1

港町・守加護(すかご)。

街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。

はたして天塩に捕まり絶体絶命となってしまう。

助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。

条件を飲んだ備後だったが、そう簡単に見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。

そこで備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋“デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだったが…。


釧路ラーメン 「河むら」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

釧路ラーメンは細ちぢれ麺であっさりスープ

河むらラーメン

私には合っている。

最高に美味かったッス。

FC2 Blog Ranking
e_01.gif



※北海道釧路市末広町5 丁目2 「釧路ラーメン 河むら」

桜庭一樹著 「少女に向かない職業」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   1 trackback

桜庭一樹著 「少女に向かない職業」(創元推理文庫/2007年刊)を読む。

少女に向かない

あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した・・・

あたしはもうだめ。

ぜんぜんだめ。

少女の魂は殺人に向かない。

誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。

だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから―。

これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。

「赤朽葉家の伝説」の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。


市役所の本屋

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今日、気が付いた。

札幌市内の本屋でハヤカワのポケミスの品揃えが一番多いのは、市役所の地下かもしれない。

ほとんどが日焼けしているけど・・・。

FC2 Blog Ranking
e_01.gif


マイケル・マン監督 「マイアミ・バイス」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた映画。

私の周り(TVで観ていた世代)の人間にはすこぶる評判の悪い本作。

覚悟して観る。

マイアミバイス1

マイアミ警察の特捜課(バイス)で働く刑事コンビ、ソニー・クロケットとリカルド・タブス。

彼らは潜入捜査官として犯罪組織の中に深く潜り込む危険な任務に挑み続けていた。

そんなある日、FBIなど合衆国司法機関が行なっていた合同捜査の極秘情報がドラッグ密輸コネクションに漏洩してしまう。

合同捜査に従事していた関係者全員の命が危険に晒される中、合同捜査と関係のないクロケットとタブスのコンビに情報の漏洩ルートを突き止める重要な任務が託される。

そこで2人は南米の危険地帯に乗り込み、北米のドラッグ・ディーラーになりすますと、さっそく犯罪組織への接触を開始するのだったが・・・。