荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

政岡としや著 「キャットディフェンス」第1~3巻

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

作:小池一夫 画:政岡としや「キャットディフェンス/原作:林不忘『丹下左膳』」第1~3巻(小池書院/刃コミックス/2006~2008年刊)を読む。

キャットデ1-1 キャットデ2-1 キャットデ3-1

銀幕のヒーロー丹下左膳。

昭和2年に林不忘が原作小説を発表してから翌年には3社が映画化し、一大旋風を巻き起こした。

以後、大河内伝次郎や大友柳太郎、丹波哲郎、豊川悦司といった時代のスターが左膳を演じることに。

数多くの左膳が登場したが、なぜ、隻眼隻腕となったかを触れている作品はない。

「キャットディフェンス」に描かれる若き丹下左膳、その魂が揺さぶられる生き様に刮目せよ!!


スポンサーサイト

竹谷州史 「Astral Project 月の光」 第1巻

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

原作:marginal  画:竹谷州史 「Astral Project 月の光」第1巻(エンターブレイン/ビームコミックス/2005年刊)を読む。

月の光1-1

姉の急死をきっかけに体外離脱をし、月光輝く夜空を翔ぶ青年・柾彦。

謎に満ちた姉の死と、天空に拡がる壮大な幽体世界を探りつつ、現代日本が抱える根深い病理をも浮き彫りにする、問題作のミステリー・ロマン!


トニー・スコット監督 「デジャヴ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた映画「デジャヴ」を観る。

デジャヴ1-1

500人以上もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件が発生する。

捜査を開始したATF捜査官ダグ・カーリンは、その的確な捜査能力を買われ、FBIの特別捜査班への協力を要請される。

彼は政府が極秘に開発した“タイム・ウィンドウ”と呼ばれる映像装置を見せられる。

それは、過去の特定のエリアを自由に見ることが出来る驚くべき監視システムだった。

ただし、この装置には現在から“4日と6時間前”の映像をリアルタイムで再生することしかできなかった。

事件に関係ある場所を確実にスキャンするためにダグの判断力が求められたのだ。

そして、事件直後に遺体が発見された女性クレアが鍵を握っていると確信したダグは、この装置で彼女の自宅を映し出し、4日と6時間前の生きていた彼女を目にするのだが…。


ロジャー・ドナルドソン監督 「13デイズ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた映画「13デイズ」を観る。

13デイズ1-1

1962年10月16日ケネディ大統領の寝室に衝撃の知らせが届く。

カストロ将軍による社会主義政権下の隣国キューバ上空から撮影された写真から、ソ連が弾道ミサイルを運び込んでいることが確認されたのだ。

アメリカからわずか140Kmしか離れていないキューバに核兵器が持ち込まれたことにホワイトハウスは震撼した。

ミサイルを取り除くことは絶対に必要だが、対応をひとつでも間違えれば第三次世界大戦に発展しかねない。

大統領は重大な決断を迫られる……。

“キューバ危機”の真相に迫る緊迫のサスペンス・ドラマ。


スティーヴン・キング著 「セル」 上巻

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

スティーヴン・キング著/白石朗訳「セル」上巻(新潮文庫/2007年刊)を読む。

20160326-0017

穏やかな陽射しが落ちる秋の一日、ボストン午後3時3分。

世界は地獄へと姿を変えた。

《パルス》。

そのとき携帯電話を使用していたすべての人々が、一瞬にして、残虐極まる行為もいとわず、犠牲を求め続ける凶悪な存在へと変貌したのだ。

目前で突然繰り広げられる惨劇、街中に溢れる恐怖。

クレイは茫然としていた。

いったい何が?
 
別居中の妻と息子は?

巨匠の会心作、開幕!


平川雄一朗監督 「陰日向に咲く」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた映画「陰日向の咲く」を観る。

陰日向1-1

大型台風が接近中の東京。

ギャンブルから足が洗えず、借金まみれの末に、ついにオレオレ詐欺に手を染める青年、シンヤ。

若かりし頃に売れない芸人・雷太に恋した母・鳴子の恋の軌跡を辿る女性、寿子。

25歳の崖っぷちアイドル・みゃーこと、彼女を一途に応援するアキバ系アイドルオタクのゆうすけ。

大ボラ吹きのカリスマ・ホームレス“モーゼ”に心酔し、人生を投げ出しダンボール生活を始めたエリートサラリーマン、リュウタロウ。

一見、無関係な彼らの人生が、台風の接近と共に不思議な縁に導かれるように次第に交錯していく…。


佐藤嗣麻子監督 「K-20(TWENTY)」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」を観る。

K-20-1-1

1949年、第二次世界大戦を回避した日本の都市、帝都。

そこは、19世紀から続く華族制度により極端な貧富の格差が生まれ、ごく一部の特権階級が富を独占する社会となっていた。

折しも巷では、そんな富裕層だけを狙い、鮮やかな手口で窃盗を繰り返す怪人二十面相、通称“K-20”が出現し世間を騒がせていた。

ある日、サーカス団に所属する天才曲芸師・遠藤平吉は、見知らぬ紳士から羽柴財閥の令嬢・羽柴葉子と名探偵・明智小五郎の結納の儀を写真に撮ってほしいとの依頼を受ける。

しかし、それは二十面相の罠だった…。


500円貯金

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

カミさんの500円貯金。

「生きているうちには絶対貯まらなねぇ」

と馬鹿にしていたが、いつの間にか貯金箱が満杯になり御開帳。

500円いっぱい

クリント・イーストウッド監督 「グラン・トリノ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「グラン・トリノ」を観る。

グラントリノ1-1

長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。

いまや、彼の暮らす住宅街に昔馴染みは一人もおらず、朝鮮戦争帰還兵の彼が嫌ってやまないアジア人をはじめ外国人であふれる通りを目にしては苦虫をかみつぶし、亡き妻に頼まれたと、しつこく懺悔を勧めてくる若造神父にも悪態をついては追い返す日々。

自宅をきれいに手入れしながら、愛犬デイジーと72年製フォード車グラン・トリノを心の友に、お迎えが来るのをただじっと待つ退屈な余生を送っていた。

そんなある日、彼が大切にする自慢の庭で、隣に住むモン族の気弱な少年タオと不良少年グループがもみ合っているのを目撃したウォルト。

彼らを追い払おうとライフルを手にするが、結果的にタオを助けることに。

タオの母親と姉がこれに感謝し、以来何かとお節介を焼き始める。

最初は迷惑がるものの、次第に父親のいないタオのことを気に掛けるようになるウォルトだったが…。


誉田哲也著 「ストロベリーナイト」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

誉田哲也著「ストロベリーナイト」(光文社文庫/2008年刊)を読む。

ストロベリー1-1

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。

警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。

捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?

クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。

人気シリーズ、待望の文庫化始動。