荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

今週のラーメン 【3】

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今週は移動が多かったので・・・

●新千歳空港内 「ラーメン 次郎長」

森町の人気店だそうな。

味噌がおすすめらしいけど函館ラーメンと聞いたらやっぱり塩を頼んでしまう。

なかなか美味しかったよ。

ラーメン201110-3
★★★★★★★・・・


●秋田空港内 「比内地鶏ラーメン」

腹が減っていたんで、やたら美味かったあっさり醤油味。

でも考えてみれば・・・比内地鶏はあまり感じなかったな。

ラーメン201110-2
★★★★★★・・・・

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720






スポンサーサイト

2011年10月24日(月)~27日(木)

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

法事があって急遽4日間ほどカミさんの実家(秋田)に行って来た。

葬式20111023

“身内の不幸”ではあるが、

仕事が忙し過ぎたのでこれを理由に多少休めるか・・・などと不謹慎な考えを持ったのが甘かった。


藤田宜永著 「子宮の記憶」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

藤田宜永著 「子宮の記憶〈ここにあなたがいる〉」(講談社文庫/2006年刊)を読む。

子宮の記憶小説

会いに行こう、かつて僕を誘拐した女に!生後三日で新生児室から連れ去られた過去を持つ十七歳の島本真人は、実母の愛を充分に受けずに育った。

父が経営する歯科医院の機材を壊して、現金を持ち出した真人は、神奈川県の真鶴を目指す。

そこには「誘拐犯」、黒江愛子が住んでいるのだ。


TVドラマ 「妖怪人間ベム」 【2】

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画したテレビ番組「妖怪人間ベム」を観る。

ベム2011-11

それはいつ生まれたのか誰も知らない。

暗く、音の無い世界で、一つの細胞が分かれて増えていき、3つの生き物が生まれた。

彼等は勿論、人間ではない。

また動物でもない。

だがその醜い身体の中には正義の血が隠されているのだ。

その生き物・・

それは人間になれなかった妖怪人間である。


サービス残業

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

201110150

1部署の人間だけ毎日毎日こんな時間までサービス残業って・・・・

ウチの会社はどっかおかしい。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720





深夜番組を録画する

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

仕事が忙しいと
帰宅後すぐ寝てしまうので
見たい深夜番組は録画する。

もっと忙しいと
見たい深夜番組は帰宅後オンタイムで観られるので
録画はする必要は無い。

でも・・・
もっと忙しい最近では
帰宅後は見たい深夜番組はもう終わっているので
やっぱり録画しなきゃダメなのだ。

同じ録画するのでも
なんか悲しい想いがある。

カイジアニメ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720






田中秀夫監督 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を観る。

インシテ1-1

フリーターの青年・結城をはじめ、ワケあって大金を必要としている10人の男女。

彼らは、時給11万2千円もの高額バイトに参加するため、謎の施設“暗鬼館”にやって来る。

彼らが参加する“7日にわたる心理学の実験”とは、24時間完全監視の下で生活し、“事件”が起きたら全員で推理し解決するというもの。

その際、犯人は多数決で決定される。

一見、極めてシンプルな実験に思われたが、そこには“犯人”や犯人を名指しした“探偵”への特別ボーナスなど、事件を誘発するいくつものルールや仕掛けが用意されていた。

それでも、全員でおとなしくしていれば、それだけで大金が手にはいるはずだった。

ところが2日目、いきなり参加者のひとりが死体となって発見されてしまい…。


矢作俊彦監督 「ザ・ギャンブラー」

Posted by Tommy荒野 on   1 comments   0 trackback

先日、久々に松田ケイジの姿を映画で観たので・・・

録画していた映画「ザ・ギャンブラー」を観る。

20160109-005

昭和74年。

世界中から流れついたあらゆる人種が棲みつき無国籍化した無法地帯。

国家によって封鎖されたこの《町》に、さすらいの男(プレイヤー)が流れ着いた。

カードの腕は超一流だが、ラスヴェガスで問題を起こし首に10万ドルの賞金がかかっている。

彼の腕を見込んだ台湾マフィアの大物(ターレン)が半月後に迫ったギャンブル・パーティを仕切ってくれと声をかける。

しかし「俺はもうプロじゃない」と断るプレイヤー。

ターレンは、プレイヤーのあとを追うようにやって来た元傭兵の女(ソルジャー)を用心棒に雇った。

ターレンのクラブを出たプレイヤーは合理的な近代ヤクザ(オナラブル)のもとに身を寄せる事になる。

そこでひとりのアル中の男に勝負を挑まれる。

その男こそエースのジョー。

20年前なら、知らないというだけで命がなかったというヤクザであった・・・


★★★★★★★・・・(7/10)

大塚祐吉監督 「Girl’s Life」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「Girl’s Life」を観る。

ガールズライフ1-1

家族には見放され、彼氏には裏切られ、勢いのままに唯一の味方・亀のジミーと東京にやって来た一之瀬ハルカ。

金髪を盛りに盛って、超個性的なファッション、面接にはジミー同伴、住所不定。

故になかなか仕事が決まらず、自然とネットカフェ難民に。

たまたま目にした求人の貼り紙にすがる想いで飛び込んだのがキャバクラだった。

事務所で働く寂しい目をしたミキとのルームシェア、店のNO.1でライバルのレイ 、超人気ホスト流星、様々な人間との出会いがハルカに問いかける。

「本当は何がしたいんだろう?」

あるがままに突き進むハルカを待ち受ける未来とはーーー?!


園子温監督 「冷たい熱帯魚」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「冷たい熱帯魚」を観る。

冷たい熱帯魚1-1

2009年1月14日。

小さな熱帯魚屋を経営する社本信行とその妻・妙子は、万引で捕まった娘・美津子を引き取りにスーパーへと向かう。

すると、その場に居合わせた店長の知り合いという村田幸雄の取りなしで、美津子は何とか無罪放免に。

村田も熱帯魚屋のオーナーだったが、規模は社本の店とは比べものにならないほど大きなものだった。

人の良さそうな村田は、美津子を自分の店で預かってもいいと提案、継母である妙子との不仲に頭を痛めていた社本は、その申し出を受入れることに。

さらに村田は、高級熱帯魚の繁殖という儲け話にも社本を誘い込む。

その口の上手さと押しの強さを前に、いつの間にか村田のペースに呑み込まれてしまう社本だったが…。