荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

小中和哉監督 「七瀬ふたたび」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「七瀬ふたたび」を観る。

七瀬ふたたび [DVD]七瀬ふたたび [DVD]
(2011/04/07)
芦名星、佐藤江梨子 他

商品詳細を見る


他人の心が読めてしまうテレパスの火田七瀬にとって、その能力はうれしいものではなかった。

かつて列車で出会った予知能力者の了は、互いに惹かれ合いながらも、七瀬に心を読まれるのを恐れて決して逢おうとしてくれない。

そんな七瀬は、同じくテレパスの少年ノリオとテレキネシス(念動力)の黒人青年ヘンリーと北海道の湖畔の家に暮らしていた。

ある時、彼らの命を狙う謎の組織の存在が明らかとなる。

やがて、親友の瑠璃を殺された七瀬は、彼らに立ち向かうことを決意する。

一方、ある事件を執拗に追い続ける初老の刑事・山木も、次第に七瀬へと迫っていくが…。


★★★★★・・・・・

スポンサーサイト

真保裕一著 「ボーダーライン」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

真保裕一著「ボーダーライン」(集英社文庫/2002年刊)を読む。

ボーダーライン (集英社文庫)ボーダーライン (集英社文庫)
(2002/06/20)
真保 裕一

商品詳細を見る

ロサンゼルスの日系企業で働く探偵のサム永岡は、一人の若者を探すように命じられた。

国境に近い町で見つけた彼は、天使のような笑顔を見せながらいきなり発砲してきた―。

人としての境界を越えた者と、そんな息子の罪を贖おうとする父親。

ふたりにかかわった永岡もまた、内なるボーダーラインを見つめる…。

重層的なテーマが響く傑作長篇。


★★★★★★★・・・

トーマス・アルフレッドソン監督 「ぼくのエリ 200歳の少女」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を観る。

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
(2011/02/04)
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

商品詳細を見る


ヴァンパイアの恐怖や哀しみと同時に、孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描ききり世界中で絶賛の嵐が巻き起こったスウェーデン発の感動ヴァンパイア・ムービー。

ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。

同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。

そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う。

彼女は、オスカーの家の隣に父親と引越してきたばかりの少女エリ。

やがて、同じ12歳だという彼女と毎晩のように言葉を交わすようになり、自分よりも大人びた彼女に次第に心惹かれていくオスカー。

その頃、町ではおぞましい殺人事件をはじめ奇妙な出来事が立て続けに起こり、住民の間に不安が広がっていた。

そんな中、エリが少女の姿のまま200年も生きているヴァンパイアだという衝撃の事実を知ってしまうオスカーだったが…。


トッド・フィリップス監督 「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」を観る。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [DVD]ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [DVD]
(2011/11/30)
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ 他

商品詳細を見る


2年前にラスベガスで散々な体験をしたフィル、ダグ、ステュの悪友3人だが、このたび歯科医のステュが晴れて結婚することに。

しかも結婚式の舞台は、花嫁の両親の出身地、タイ。

前回の二の舞だけは避けたいステュは、問題児アランの招待に二の足を踏むが、義兄ダグに懇願され渋々了承するハメに。

こうして異国の地タイへと降り立った4人。

花嫁のまじめな弟テディも交えて、大人しく結婚式を迎えるはずだった。

ところがその夜、一行は軽くビールを口にしただけのはずが、翌朝目覚めてみると、またしてもひどい二日酔いで昨夜の記憶が飛んでしまっていた。

自分たちのいる場所も分からないばかりか、アランの頭は丸坊主で花婿ステュの顔にはド派手なタトゥー、おまけにテディは行方不明。

そして、なぜかベストを着たサルが。

結婚式が明日に迫る中、大混乱のフィルたちは、何はともあれテディの捜索へと繰り出すのだが…。


★★★★★★★★・・(8/10)

宮部みゆき著 「名もなき毒」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

宮部みゆき著 「名もなき毒」(光文社/カッパ・ノベルズ/2009年刊)を読む。

名もなき毒 (カッパ・ノベルス)名もなき毒 (カッパ・ノベルス)
(2009/05/21)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


今多コンツェルンの広報室では、ひとりのアルバイトを雇った。

編集経験があると自称して採用された原田いずみは、しかし、質の悪いトラブルメーカーだった。

解雇された彼女の連絡窓口となった杉村三郎は、極端なまでの経歴詐称とクレーマーぶりに振り回される。

折しも、街では連続して起こった、無差別と思しき毒殺事件が多くの注目を集めていた…。

人間の心の陥穽を、圧倒的な筆致で描ききった、現代ミステリーの最高峰。

第41回吉川英治文学賞受賞。


★★★★★★★・・・

「名探偵読本-7 怪盗ルパン」 【1】

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

「名探偵読本-7 怪盗ルパン」(パシフィカ/1979年刊)

ルパン読本7-1

ルパンの魅力 (榊原晃三)/闇の支配者 (大岡昇平)/エコー・ド・フランス (島田一男)/『奇巌城』の余白に (中村真一郎)/聖なる怪人=アルセーヌ・ルパンの身上調書 (榊原晃三)/名探偵リュパン (海渡英祐)/ルパンの隠れ家 (中島河太郎)/アルセーヌ・リュパンの悪ふざけ (フレイドン・ホヴェイダ)/ルパン残影、フォル・ラ・ラッテ城の秘密 (井上宗和)/運命のたわむれ(花屋治)/『怪紳士』序文 (ジュール・クラルティ)/ルパン幻像 (日影丈吉)/二つの世紀末のあいだ カリオストロからリュパンへ (阿部良雄)/夢を喰う冒険児ルパン三世 (モンキー・パンチ)/アルセーヌ・ルパン年表/アルセーヌ・ルパン事件簿/エメラルドの指輪 (モーリス・ルブラン)/ルパンの活躍した時代 (神木耕)/鹿皮服を着た男 (モーリス・ルブラン)/ルブランとルパン (保篠龍緒)/暗号 (長田順行)/ルパン対ホームズ (鈴木幸夫)/ヴィドックの系譜 (松村喜雄)/アルセーヌ・ルパンの冒険の原理 (フランソワ・ジョルジュ)/かっこいいぞ! ルパン (阿部主計)/ルパンの復権 (三輪秀彦)/ノルマンディの夕陽 (花屋治)/ルパン断想 (かもよしひさ)/ルパン宮財宝目録 (神木耕)/日常生活における「物語」の効用 (鈴木いづみ)/ルパンと保篠龍緒 (中島河太郎)/ルパン銀幕登場 (児玉数夫)/神話になった英雄 (榊原晃三)/座談会「怪盗ルパンの虚と実」 (小林信彦+田中潤司+榊原晃三)/児童むけ全集・選集リスト/モーリス・ルブラン翻訳年表 (中島河太郎)

我慢できずにとうとう買ってしまった。

お値段1800円。

高いのか安いのかは、これからジックリと吟味します。


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720




高橋克彦著 「京伝怪異帖」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

高橋克彦著「京伝怪異帖」(文春文庫/2009年刊)を読む。

京伝怪異帖 (文春文庫)京伝怪異帖 (文春文庫)
(2009/07/10)
高橋 克彦

商品詳細を見る


伝蔵こと、稀代の人気戯作者・山東京伝が、風来山人・平賀源内、安兵衛、蘭陽らの仲間とともに、奇怪な事件に挑む。

源内秘蔵の天狗髑髏にまつわる奇談、生きては帰れぬ地獄宿、恋女房に取り憑いた悪霊、そして背後に見え隠れする権力者の陰謀―。

多彩なキャラクターが縦横無尽に活躍する、痛快時代ミステリー。


★★★★★★・・・・ 

鈴木雅之監督 「プリンセストヨトミ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「プリンセストヨトミ」を観る。

プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディションプリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション
(2011/11/16)
堤真一、綾瀬はるか 他

商品詳細を見る

東京から大阪にやって来た3人の男女。

彼らは国の予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官たち。

リーダーは、超エリートにして、税金の無駄遣いを決して見逃さない“鬼の松平”の異名を持つ松平元、その部下で、普段は脳天気ながら時々驚くべき勘を発揮する“ミラクル鳥居”こと鳥居忠子、そして鳥居とは対照的にクールな日仏ハーフのイケメン新人エリート、旭ゲンズブール。

調査対象を順調にこなしてきた彼らは、次の調査のため空堀商店街へと向かう。

そして、財団法人“OJO(大阪城趾整備機構)”の調査を開始する。

それは、何の問題もなく簡単に終了するかに思われたが…。


村上龍著 「希望の国のエクソダス」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

村上龍著 「希望の国のエクソダス」(文春文庫/2000年刊)を読む。

希望の国のエクソダス (文春文庫)希望の国のエクソダス (文春文庫)
(2002/05)
村上 龍

商品詳細を見る

2002年、失業率は7%を超え、円が150円まで下落した日本経済を背景に、パキスタンで地雷処理に従事する16歳の少年「ナマムギ」の存在を引き金にして、日本の中学生80万人がいっせいに不登校を始める。

彼らのネットワーク「ASUNARO」は、ベルギーのニュース配信会社と組んで巨額の資金を手にし、国際金融資本と闘い、やがて北海道で地域通貨を発行するまでに成長していく。


★★★★★・・・・・ 

BOOKOFF(ブックオフ)あるある 【1】

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

BOOKOFF(ブックオフ)にありそうで無い本。