荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

エビ丼

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

201205251233000

えび丼 海老丼 エビ丼 エビフライ丼

どれが正解なのでしょう。

ボリュームとしてはカツ丼には劣りますが

値段としてはカツ丼より高いお店が多いです。

そのため

いつもはカツ丼を食うのに

金に余裕があるとエビ丼を食ってしまう

と言う貧乏くさい習慣が私にはあります。

南区役所の食堂。

カツ丼500円に対しエビ丼510円

たった10円の違いです。

それでもエビ丼を選んでしまう私なのです。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720




スポンサーサイト

浅田次郎著 「あやし うらめし あな かなし」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

浅田次郎著 「あやし うらめし あな かなし」(双葉文庫/2008年刊)を読む。

あやし うらめし あな かなし (双葉文庫)あやし うらめし あな かなし (双葉文庫)
(2008/09/11)
浅田 次郎

商品詳細を見る


著者がこどもの頃、伯母から聞かされた“こわい話”を元に書いた「赤い絆」「お狐様の話」。

作家になる前に体験したエピソードをふくらませた「虫篝」など、日本特有の神秘的で幻妖な世界で起こる、哀しみと幸いの奇跡を描く極上の奇譚集。

「文学の極意は怪談にあり」を見事に体言した七つの優霊物語。


★★★★★・・・・・

石井裕也監督 「川の底からこんにちは」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「川の底からこんにちは」を観る。

川の底からこんにちは [DVD]川の底からこんにちは [DVD]
(2011/02/26)
満島ひかり、遠藤雅 他

商品詳細を見る

上京して5年目のOL木村佐和子。

5つ目の職場で淡々と働き、恋人も連れ子のいる職場の上司、新井健一といった具合に、すべてに妥協の人生を歩んでいた。

そんなある日、父の忠男が倒れ、一人娘の佐和子が実家のしじみ工場を継ぐ事態に。

最初は渋っていた佐和子だったが、エコにかぶれた健一が田舎暮らしへの憧れを理由にはなしをどんどん進めてしまう。

結局、健一とその連れ子を伴って帰郷する佐和子。

ところが、工場ではアクの強いおばちゃん従業員たちに圧倒され、おまけに経営は右肩下がりで倒産寸前。

そしていつしか妥協の余裕すらないどん底に追いつめられてしまう佐和子だったが…。


★★★★★★★・・・

花村萬月著 「百万遍 青の時代」 上・下

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

花村萬月著「百万遍 青の時代」上・下(新潮文庫/2006年刊)を読む。

百万遍 青の時代〈上〉 (新潮文庫)百万遍 青の時代〈上〉 (新潮文庫)
(2006/08)
花村 萬月

商品詳細を見る
 
百万遍 青の時代〈下〉 (新潮文庫)百万遍 青の時代〈下〉 (新潮文庫)
(2006/08)
花村 萬月

商品詳細を見る


今日、三島が死んだ。

俺は高校を辞め、教護院から放逐された。

1970、あてどない漂流が始まる。

衝動を持てあまし、世界との齟齬を感じながらも、俺は小器用に大人たちと渡りあってゆくことができた。

そんなある日、俺は幼馴染の女と再会する。ささやかな幸せに満ちた同棲生活。

しかし俺は、刹那を生きるアウトローたちとの暮らしこそを、望んだのだ。

花村萬月、入魂の自伝的長篇。


★★★★・・・・・・ 

クレイグ・ギレスピー監督 「ラースと、その彼女」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画 「ラースと、その彼女」を観る。

ラースと、その彼女 (特別編) [DVD]ラースと、その彼女 (特別編) [DVD]
(2009/08/05)
ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー 他

商品詳細を見る


雪に覆われた小さな田舎町。

町の人たちからMr.サンシャインと呼ばれ慕われている心優しい青年、ラース。

しかし、純粋すぎるがゆえに極端にシャイで、女の子とまともに話すことも出来ない。

そんなラースを心配していた兄夫婦のもとに、ある日、当のラースが彼女を紹介しにやって来た。

しかし驚いたことに、その彼女とは、インターネットで購入した等身大のリアルドール“ビアンカ”だった。

困惑する兄夫婦は医師に相談し、当面ラースの妄想に話を合わせるようにとの助言をもらう。

そこで、町の人たちにも協力を仰ぎ、みんなでビアンカを生身の女性として扱うことにするのだが


★★★★★★★・・・

リボンナポリンアイス

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

子供の頃よりリボンナポリンが好きです。

近くのコンビニでこんなものを見つけたので即購入してしまいました。

201205261956000

味は

ナポリンをご存知の方、

そう、あなたが今想像した通りの味です。

好きな人にはおいしいはずです。

北海道限定販売と聞きました。

「へ~っ」と思っていたら

リボンナポリン自体が北海道限定販売だったんですね。

ちっとも知りませんでした。

ナポリン2012-2

北海道の大地で愛されて、2011年で生誕100周年を迎えたナポリン!

シャンペン調の口当たりと柑橘系の丸みのある後味で、清涼感のある優しい味わいが特長の北海道限定の炭酸飲料です。

これからも変わらない美味しさをご提供していきます。


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720




トッド・フィリップス監督 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画[ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い]を観る。

ハングオーバー! [DVD]ハングオーバー! [DVD]
(2011/04/21)
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ 他

商品詳細を見る

結婚式を2日後に控えたダグは、独身最後の夜を楽しもうと悪友のフィルとステュ、そして義理の弟となるアランと共にラスベガスへと向かう。

高級ホテルのスイートを確保して酒を浴びるように飲み、バカ騒ぎする4人。

ところが翌朝目覚めると、メチャクチャになった部屋の中には何故か赤ん坊と一頭の虎が。

しかも、肝心のダグが行方知れずという緊急事態に。

ひどい二日酔いで昨夜の記憶が全くないために、自分たちの陥った状況が皆目理解できないフィルたち。

それでも、ダグは明日には結婚式を挙げなければならない身。

なんとしてでも見つけなければと、わずかな手掛かりから捜索を開始したものの、ダグの行方は杳として知れず、代わりに昨晩の取り返しのつかない失態の数々が明らかになるばかりだったが…。


★★★★★★・・・・(6/10)

金子修介監督 「クロスファイア」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「クロスファイア」を観る。

クロスファイア [DVD]クロスファイア [DVD]
(2001/01/25)
矢田亜希子、伊藤英明 他

商品詳細を見る


少年グループによる、残忍な連続女子高生殺人事件が発生した。

グループのリーダー・小暮は、未成年のため法の裁きもままならない。

そんな中、青木純子がほのかに思いを寄せる同僚の妹が、事件に巻き込まれた。

幼少の頃から自分の“力”を抑えていた純子は、法の網の目をすり抜け、世の中にはびこるキレた暴力に、怒りの執行を決意する・・・。


★★★★★★★・・・

ニール・ブロンカンプ監督 「第9地区」 【2】

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「第9地区」を観る。

第9地区1-1

南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に正体不明の巨大宇宙船が現われ、そのままとどまってしまう。

しかし、エイリアンは襲撃に来たわけではなく、宇宙船の故障で漂着しただけだった。

追い返すことも出来ず、やむを得ず彼らを難民として受入れることに。

それから20数年後。共同居住区“第9地区”はいまやスラムと化し、地域住民の不満は爆発寸前に。

そこで超国家機関MNUは、エイリアンたちを新たな難民キャンプへ強制移住させることを決定。

プロジェクトの最高責任者に抜擢されたエイリアン対策課のヴィカスは、さっそく彼らの住居を訪問し、立ち退きの通達をして廻る。

ところがその最中に、不注意から謎の液体を浴びてしまうヴィカスだったが…。


★★★★★・・・・・

宮部みゆき著 「楽園」 (上・下)

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

宮部みゆき著 「楽園」(上・下)(文春文庫/2007年刊)を読む。

rakuennmiyabemiyukihonn001 (2) rakuennmiyabemiyukihonn001 (1)

「模倣犯」事件から9年が経った。

事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。

12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。

少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、それを絵に描いていたという―。


★★★★★★★・・・