荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   2011年以後の作品

Comment (0)  Trackback (0)

森田芳光監督 「僕達急行 A列車で行こう」

録画した映画「僕達急行 A列車で行こう」を観る。

20160405-008

大手不動産ディベロッパー“のぞみ地所”の社員、小町圭は、列車に乗り車窓を眺めながら音楽を聴くのが好きな鉄道マニア。

一方、小さな町工場“コダマ鉄工所”の二代目・小玉健太も無類の鉄道好き。

そんな2人は、ふとしたきっかけで出会い、すぐに打ち解ける。

ほどなく小町はマンションを追い出されたのを機に、コダマ鉄工所の寮に転がり込み、2人は友情を育んでいく。

そんな中、九州支社に転勤になった小町。

交渉が難航していた地元企業の社長が偶然にも鉄道ファンだったことから、事態を好転させることに成功する。

それとは対照的に、小町も小玉も恋愛のほうは少々苦戦気味で…。


★★★★★・・・・・(5/10)  

スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Category: ★小説 >   国内小説

Comment (0)  Trackback (0)

荒俣宏著 「新帝都物語―維新国生み篇」

荒俣宏著「新帝都物語―維新国生み篇」(角川書店/2007年刊)を読む。

20160421-005

明治維新前夜、伝説の神器「瑠璃尺」を手に入れた旗本・加藤重兵衛保憲。

瑠璃尺を用いて日本転覆を目論む加藤と、それを阻止せんとする者たちの死闘が始まる!古からの叡智が結晶した、伝奇大河小説。


テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★小説 >   海外小説

Comment (0)  Trackback (0)

トマス・H・クック著 「石のささやき」

トマス・H・クック:著  村松潔:訳 「石のささやき:The Murmur of Stones」(文藝春秋/文春文庫/2007年刊)を読む。

20160331-001

姉が壊れはじめたのは、幼い息子を亡くしてからだった。

すべてが取り返しのつかない悲劇で幕を下ろしたあと、私は刑事を前に顛末を語りはじめる…。

破滅の予兆をはらみながら静かに語られる一人の女性の悲劇。

やがて明かされる衝撃の真相。

人の心のもろさと悲しみを、名手が繊細に痛切に描き出した傑作。


★★★★★★★★・・(8/10)   

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★アニメ作品(TV・映画・OVA)

Comment (0)  Trackback (0)

高畑勲監督 「かぐや姫の物語」

録画した映画「かぐや姫の物語」を観る。

20160420-002

竹林にやって来た翁は、光る不思議な竹に気づき、近づくと小さな女の子が現われた。

女の子を連れ帰った翁は、媼とともに自分たちの子として大切に育てる。

女の子は捨丸ら村の子どもたちと元気に遊び回り、すくすくと成長。

翁は娘を立派な女性に育てようと、都に移り住み、教育することに。

そして美しく成長した娘は、かぐや姫と名付けられる。

やがて姫の美しさを聞きつけ、5人の求婚者が現われるが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Category: ★猫

Comment (0)  Trackback (0)

猫の日常14

20150322-003

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720


テーマ : 猫のいる生活  ジャンル : ペット

Category: ★小説 >   国内小説

Comment (0)  Trackback (0)

佐々木穣著 「警官の条件」

佐々木穣著「警官の条件」(新潮文庫/2011年刊)を読む。

20160421-018

警部に昇任し、組織犯罪対策部第一課の係長に抜擢された、安城和也。

彼は自らのチームを指揮し、覚醒剤の新たな流通ルートを解明しようとしていたが、過程で重大な失策を犯してしまう。

重苦しいムードに包まれる警視庁に、あの男が帰ってきた。

かつて、“悪徳警官”として石もて追われたはずの、加賀谷仁が!

警察小説の頂点に燦然と輝く「警官の血」――白熱と慟哭の、第二章。

★★★★★★★・・・(7/10)
 

テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Category: ★日本映画 >   2011年以後の作品

Comment (0)  Trackback (0)

山田洋次監督 「小さいおうち」

録画した映画「小さいおうち」を観る。

20160421-021

大学生の健史は、亡くなった大伯母・布宮タキから彼女が遺した自叙伝を託される。

そこには、健史が知らない戦前の人々の暮らしと若かりしタキが女中として働いた家族の小さな秘密が綴られていた。

昭和初期、山形から東京へと女中奉公に出たタキは、小説家の屋敷に1年仕えた後、東京郊外の平井家に奉公することに。

その家は、赤い三角屋根が目を引く小さくもモダンな文化住宅。

そこに、玩具会社の重役・雅樹とその若い妻・時子、そして幼い一人息子の恭一が暮らしていた。

3人ともタキに良くしてくれ、タキはそんな平井家のためにと女中仕事に精を出し、とりわけ美しくお洒落な時子に尽くすことに喜びを感じていく。

ある年の正月。平井家に集った雅樹の部下たちの中に、周囲から浮いた存在の青年・板倉正治がいた。

美術学校出身の心優しい板倉に恭一がすぐに懐き、時子も妙にウマが合って急速に距離を縮めていくが…。


★★★★★★・・・・(6/10) 

テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Category: ★映画チラシ・パンフレット

Comment (0)  Trackback (0)

「あしたのジョー」と「あしたのジョー2」のパンフレット

◆「劇場版 あしたのジョー」(1970年)のパンフレット

20150315-015

テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Category: ★日本映画 >   2011年以後の作品

Comment (0)  Trackback (0)

荻上直子監督 「レンタネコ」

録画した映画「レンタネコ」を観る。

20160421-022

平屋の日本家屋でたくさんの猫に囲まれて暮らすサヨコ。

彼女は“レンタネコ”という一風変わった商売を営んでいた。

それは、心の寂しい人に猫を貸し出すというサービス。

ただし、誰でも借りられるわけではなく、ちゃんと猫目線での厳しい審査に合格することが条件だった。

こうして、いつものように猫たちをリヤカーに乗せて街に繰り出し、夫と愛猫に先立たれた老婦人や単身赴任中の中年男性、あるいは誰も話し相手のいないレンタカー屋の受付嬢といったレンタネコを必要とする孤独な人たちとめぐり会うサヨコだったが…。

★★★★★・・・・・(5/10) 

テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Category: ★日本映画 >   2011年以後の作品

Comment (0)  Trackback (0)

荻上直子監督 「トイレット」

録画した映画「トイレット」を観る。

20160421-023


引きこもりでピアニストの兄モーリー、厭世的でプラモデルオタクの弟レイ、勝ち気な大学生の妹リサの3兄妹。

それぞれ好き勝手に生きてきた彼らも、母親を亡くしたことを機に彼女の遺した実家で同居することに。

さらにそこには、猫のセンセー、そして母が亡くなる直前に日本から呼び寄せた3兄妹の祖母“ばーちゃん”もいた。

英語の喋れない彼女は自室に籠もりきりで、トイレが異常に長く、出てくると何故か必ず深いため息をつく。

そして、何かというと財布からお札を出しては孫たちに気前よく差し出す不思議な人。

そんな、孫たちとは似ても似つかぬばーちゃんだが、3兄妹と交流を重ねていくうち、彼らの間には少しずつ絆が芽生えていく…。

★★★★★★・・・・(6/10)  

テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2015