荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

今野敏著 「イコン」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今野敏著「イコン」(講談社文庫/1998年刊)を読む。

20151204-006

マニアを熱狂させるバーチャル・アイドル、有森恵美。

主役が登場しない奇妙なライブで、少年が刺殺された。

警視庁生活安全部少年課の宇津木真は、仮想現実の世界で生まれたリアルな殺意の真相を探る。電脳メディアに宿る、現代の「聖画」とは!?

若者たちの神々は降臨するのか……。

若者たちの神々が呼び覚ます悪意。

バーチャル・アイドルをめぐる少年刺殺事件の驚くべき真相。

傑作長編ミステリー。

★★★★★・・・・・(5/10) 

スポンサーサイト

深町秋生著 「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

深町秋生著 「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子」(幻冬舎文庫/2011年刊)を読む。

20151215-001

暴力を躊躇わず、金で同僚を飼い、悪党と手を結ぶ。

上野署組織犯罪対策課の八神瑛子は誰もが認める美貌を持つが、容姿から想像できない苛烈な捜査で数々の犯人を挙げてきた。

そんな瑛子が世間を震撼させる女子大生刺殺事件を調べ始める…。

真相究明のためなら手段を選ばない、危険な女刑事が躍動する、ジェットコースター警察小説シリーズ誕生。

★★★★★★・・・・(6/10)  

司城志朗著 「ロング・グッドバイ [東京編]」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

脚本・翻案:渡辺あや 司城志朗著 「ロング・グッドバイ [東京編]」(ハヤカワ文庫JA/2014年刊)を読む。

20151129-002

僕のことは忘れてください。

でもその前に、僕のためにギムレットを一杯注文してもらえないだろうか――

妻を殺したと告白して死んだ原田保からの手紙にはそう書かれていた。

彼の無実を信じ逃亡を助けた探偵には心残りのある結末だった。

だが別の依頼で保と同じ町内に住む作家の失踪を探るうちに、再び事件の渦中へと……

チャンドラーの名作を、戦後の東京を舞台に翻案し、非情な視線で男の友情を綴る、傑作ハードボイルド。


★★★★★★★・・・(7/10) 

市川崑監督 「黒い十人の女」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「黒い十人の女」を観る。

20151215-003

テレビプロデューサーの風松吉は、美しい妻・双葉がいながら、多くの女と浮気していた。

妻と愛人たちはお互いの存在をそれとなく知っており、松吉が浮気者であるという事も重々承知しているものの、なぜか松吉から離れられないでいた。

あるとき妻と舞台女優で愛人の市子とで松吉を殺す計画が持ち上がる。

それは計画を立てることで松吉への鬱憤を晴らすための架空の計画であったのだが、気の小さい松吉は、愛人たちが自分を殺そうとしていると思いこみ、妻に相談する。

妻はあっさり計画を認めた上で、二人で愛人を一掃するために、愛人を集めて松吉を糾弾する会を開き、その席上でピストルで松吉を殺したように見せかけるという狂言殺人を行うことにするが・・・・


★★★★★★★★・・(8/10)

麻耶雄嵩著 「隻眼の少女」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

麻耶雄嵩著「隻眼の少女」(文春文庫/2013年刊)を読む。

20151129-004

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。

犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。

静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。

日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。

★★★★★★★★・・(8/10)

麻耶雄嵩読了作品一覧

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

■麻耶雄嵩読了作品一覧 【2015年12月現在】

01) 「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」 
02) 「痾」
03) 「夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)」 
04) 「メルカトルと美袋のための殺人」 
05) 「鴉」 
06) 「木製の王子」 
07) 「名探偵 木更津悠也」 
08) 「まほろ市の殺人 秋―闇雲A子と憂鬱刑事」 
09) 「蛍」
10) 「隻眼の少女」
   ※第64回日本推理作家協会賞 ※第11回本格ミステリ大賞

米林宏昌監督 「思い出のマーニー」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「思い出のマーニー」を観る。

20151206-007

北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。

辛い生い立ちから心を閉ざし、誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。

そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに。

そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。

地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈。

その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、必ずそこには金髪の少女の姿があった。

ところがある晩、湿っ地屋敷へとやって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる。

少女はマーニーと名乗り、“わたしはちのことは2人だけの秘密よ”と語る。

そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を育んでいく杏奈だったが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

似顔絵 2015/12/20

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

tubasa001

翼君、顔丸くなりました?

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

大沢在昌著 「パンドラ・アイランド(下)」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

大沢在昌著「パンドラ・アイランド(下)」(徳間書店/トクマ・ノベルズ/2006年刊)を読む。

20151207-001

老人の転落死、放火事件、そして射殺事件。

高州の赴任以来、青國島の平和な暮らしは一変した。

捜査を続けるうち、島でアメリカ統治時代にコカの栽培をしており、それが「財産」になっていることを知る高州。

そんな彼に収入役の草引、助役の木島らは苦言を呈する。

村長の井海、島の過去を知るアメリカ人医師オットー、高州に近づく娼婦チナミ……真実を知っているのは誰だ? 

島の人間が守ろうとする“秘密”とは?
 
孤独な闘いのなか、しだいに明らかになる島の過去。

事件の核心に迫る高州を待ち受けるものは!?

柴田錬三郎賞受賞作。


★★★★★★★・・・(7/10) 

似顔絵 2015/12/19

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

kusanagi001

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720