荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

逢坂剛著 「カプグラの悪夢」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

逢坂剛著「カプグラの悪夢」(講談社文庫/2001年8月15日第1刷)

kapugura001_convert_20170809131126.jpg

失踪の後、娘婿は別人となって現れた!?

現代調査研究所の岡坂神策が探索する心の闇 傑作サスペンス集。

カプグラとは、家族や知人に対して、自分は外見はそっくりでも内部は別の人間に入れ替わっていると主張する症候群。

失踪の後、別人となって現れた娘婿。

果たして彼の正体は?

封印されていた過去の悪夢が蘇る。

現代調査研究所の岡坂神策が「心の闇」を探索する表題作はじめ、極上のサスペンス5編を収録。

【収録】
カプグラの悪夢
暗い森の死
転落のロンド
宝を探す女
過ぎし日の恋
解説 香山二三郎


★★★★★★★★・・(8/10)

スポンサーサイト

チャド・スタエルスキ監督 「ジョン・ウィック」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「ジョン・ウィック」を見る。

jyonnu1-002.jpg jyonnu1-001.jpg

愛する妻ヘレンと静かに暮らしていたジョン・ウィック。

その妻が病で亡くなり、悲しみに暮れる彼の心を癒してくれたのは亡き妻から贈られた一匹の小犬デイジーだった。

そんなある日、ロシア人の若者がジョンの愛車69年式マスタングを気に入り、売ってほしいとしつこく迫ってくる。

マフィアのボスを父に持つこの男ヨセフは、ジョンに断られるや夜中に彼の自宅を襲撃し、マスタングを奪い去っていく。

その際デイジーまでをも殺され、すべてを奪われたジョンの怒りが爆発、たった一人で犯人への復讐に立ち上がる。

彼こそは、かつて裏社会で恐れられた伝説の殺し屋だったのだ。

一方、息子があのジョン・ウィックを怒らせたと知ったボスは、あわてて事態の収拾に乗り出すが…。


★★★★★★★・・・(7/10)

スティーヴン・キング著 「1922」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

スティーヴン・キング著「1922」を読む。

1922-01-02_convert_20170709081027.jpg

8年前、私は息子とともに妻を殺し、古井戸に捨てた。

殺すことに迷いはなかった。

しかし私と息子は、これをきっかけに底なしの破滅へと落下しはじめたのだ…

罪悪のもたらす魂の地獄!恐怖の帝王がパワフルな筆致で圧倒する荒涼たる犯罪小説「1922」と、黒いユーモア満載の「公正な取引」を収録。

【収録作】
「1922:1922」 訳:横山啓阿明
「公正な取引: Good Marriage」 訳:中川聖
・作品解説 編集部


★★★★★★★・・・(7/10) 

NEC ビデオデッキ「VC-D810」の広告

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

1988saitouyuki.jpg
※斉藤由貴

こんなに可愛らしかったのに・・・・

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

まちなか職業体験プロジェクトでお仕事を体験しちゃおう!

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

参加無料

syokugyoutaikenn02.jpg

札幌・大通のPARCOやピヴォなどの商業施設、カナリヤや大丸藤井セントラルなどの専門店でお仕事体験を開催!
ぜひ参加してね。
事前申し込みをしなくても、当日楽しめるイベントもあるよ。
ぜひみんなで遊びに来てね!
※雨天、荒天時はホコ天の中止に伴い職業体験も中止となります。

■イベント概要■
 日時 :2017年9月16日(土)17日(日)
     13:00 ~ 17:00
 会場 :札幌市・大通エリア
     ※歩行者天国になります
 対象 :小学1~6年生
 参加費:無料

【詳細・応募はこちらから】→コチラ

応募締切: 平成29年 9月 3日(日)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

ロバート・B・パーカー著 「昔日」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

ロバート・B・パーカー著 加賀山卓朗訳 「昔日:Now and Then」(早川書房/ハヤカワ・ミステリ文庫/2011年刊)を読む。

mukasibi001_convert_20170816125938.jpg

「大学教授をつとめる妻の言動がおかしい、調べてくれないか」

そう依頼してきた男は妻への疑いと愛情のはざまで苦悩していた。

その姿に過去の自分を重ねたスペンサーは、日頃は引き受けない浮気調査に取り組む。

やはり妻は同僚の教授と浮気をしていた。

だが、その調査は意外な事実を掘り当てていた。

妻の浮気相手は、ただならぬ背景を持つ危険人物だったのだ。

そして犠牲者が……許し難い敵にスペンサーの怒りが炸裂する


★★★★★★★・・・(7/10) 

おにぎり専門店 「にぎりめし」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

以前から気になっていたおにぎり専門店「にぎりめし」に行ってきました。

DSC_0111.jpg

名代にぎりめしは、すすきの市場の一角にある24時間営業の手作りおにぎり専門店。
イートインはもちろんテイクアウトもでき、日中は家族連れなど幅広い世代の札幌市民、夜はすすきのの従業員や飲んだあとの締めに訪れるお客さんで賑わう。
おにぎりの定番と言えば塩握りだが、名代にぎりめしでは醤油握りを選べるところがポイント。
どちらの握りも具に合うが、一番人気の「たらこバター」は醤油握りがおすすめ。
変わり種の「鮭バター」やワサビがきいた「さばトロ(醤油握りのみ)」も、リピーターが多い人気の一品。
おにぎりのほか、日本の家庭料理をベースにしたお惣菜、具沢山の豚汁、おでんなども楽しめる。


TV番組で大泉洋氏がおススメしていたお店です。

nigirimesi002.jpg

24時間営業と聞いていましたので、こちらはススキノに来た時にいつでも食べられるとおもっていましたが、ススキノにいるときの私は飲む以外アタマにない酔っ払いなので「こんな時でないと食わんな」と考えて、「かき氷」の後に行きました。

私が注文したのは「さばトロ」と「卵黄のみそ漬け」、もちろん醤油握りです。

nigirimesi001_waifu2x_photo_noise1_scale_tta_1.jpg

お持ち帰りで家に戻ってから食べましたが、ウワサ以上に

「ウマっ!!」

でした。

カミさんは「明太子チーズ」と「さばトロ」でしたが、こちらも絶品だったそうです。

十分に満足したのですが

おにぎり4個に1200円

と考えると、小市民な私としては、とても罪悪感にさいなまれる昼食でした。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

「かき氷のきじや」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

カミさんが友人から聞いて行きたがっていたススキノにあるお店です。

kijiya001.jpg

春夏秋冬、年中おいしい手作りかき氷のお店です。不純物を一切含まない「純氷」をていねいに削ってふんわり仕上げています。手作りシロップは毎週変わります。寒くてもご安心を。厳選素材で作ったおいしい焼き菓子とお茶もあり〼。夜は「きしめんのきじや」

「わざわざ、かき氷にためにススキノ? しかも夜ではなく昼間に?」

と言う言葉を黙って飲み込み運転手に徹しました。

ですが

とても美味しかったです。

kijiya002.jpg

コチラのお店はもともと「きしめん」のお店だそうで、昨年6月より開いているお昼の時間だけ「かき氷専門店」がオープンしたそうです。

メニューは店主の選んだ季節の3種のみ(「これしかないの?」と文句を言ってすみませんでした)。

私が注文したのは「わらびりんごみるく」で、てっきり「わらびもち」が付いてくるモノだと思っていましたが、「わらびりんご」と言う種類の酸味が強いりんごだそうです。

かき氷自体に甘みが付いているせいか、もともと酸っぱいのが苦手な私でもすぐに完食。

あと二杯はいけるおいしさでした。

「また来たい」

と思えるお店でしたが、昼間の営業と言う点と女性中心の客層がオジさんにはちょっとネックかな。

機会があったら「きしめん」も食べてみたいです。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

金田治監督 「仮面ライダー1号」

Posted by Tommy荒野 on   2 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「仮面ライダー1号」を観る。

145477283387504171179.jpg news_thumb_kamenrider1_20160512_02.jpg

45年前、秘密結社ショッカーによって改造人間にされた本郷猛は、そこから脱出すると“仮面ライダー”となり、人間の自由を守るために戦い続けるのだった。

長年にわたり、世界各地で悪と戦ってきた猛が、久々に日本に帰ってきた。

目的は恩人・立花藤兵衛の孫で高校生の立花麻由を守るため。彼女の存在が、かつての最高幹部・地獄大使の復活に不可欠とショッカーに狙われていたのだ。

猛はショッカーの真の狙いを探る中で天空寺タケル=仮面ライダーゴーストやその仲間たちと出会う。

折しも、ショッカーを裏切ったウルガ、イーグラ、バッファルが新たな組織“ノバショッカー”を結成し、日本を標的に行動を開始する。

そんな中、長年の過酷な戦いせいで、もはやその肉体は限界に近づきつつあった猛だったが…。


★★★★★・・・・・(5/10)

今野敏著 「捜査組曲 東京湾臨海署安積班」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今野敏著「捜査組曲 東京湾臨海署安積班」(角川春樹事務所/ハルキ文庫/2016年7月18日第1刷)を読む。

adumihannkumikyoku001_convert_20170713104310.jpg

お台場のショッピングセンターで、放火との通報が入った。

安積班のメンバーが臨場した時には、警備員がいち早く消火活動を始めたので一大事にならずに済んだ。

警備員に話を聞いた須田は、何か考え込んでいるようで・・・・・・。

三日後、またしても同じショッピングセンター内で、強盗未遂事件が起きる――。

珍しく須田が、この事案をやらせてくれと安積に頼むが・・・・・・(「カデンツァ」より。)

安積班のメンバーをはじめ、強行犯第二係長・相楽、鑑識係・石倉、安積の直属の上司・榊原がそれぞれの物語を音楽用語になぞらえて描く、安積班シリーズの最新短篇集。


★★★★★★★・・・(7/10)