fc2ブログ

貴志祐介著「我々は、みな孤独である」

貴志祐介著「我々は、みな孤独である」(角川春樹事務所/ハルキ文庫/2022年5月第1刷)を読む。

20231104 (3)

20231104 (1)

探偵・茶畑徹朗の元にもたらされた、「前世で自分を殺した犯人を捜してほしい」という不可思議な依頼。
前世など存在しないと考える茶畑と助手の毬子だったが、調査を進めるにつれ、次第に自分たちの前世が鮮明な記憶として蘇るようになる。
果たして犯人の正体を暴くことはできるのか? 誰もが抱える人生の孤独――死よりも恐ろしいものは何ですか。
鬼才がいま描く、死生観とは。著者7年ぶり熱望の傑作長篇。

巻末付録 貴志祐介インタビュー(『ランティエ2020年11月号』)インタビュー:池上冬樹
定価(本体740円)+税


【点数】 ★★★★★★・・・・(6/10)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 貴志祐介小説ミステリ

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク