荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

山田風太郎著 「江戸忍法帖」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

山田風太郎著「江戸忍法帖」(角川文庫/1,975年刊)を読む。

20161204-017 20161204-016

徳川五代将軍綱吉には世継ぎがなく、大老格として幕閣に権勢をふるう柳沢出羽守は秘かに画策するところがあった。

将軍家正統の血をうけながら、足柄山中に育った葵悠太郎の出現は、柳沢を驚倒させた。

前将軍の隠し子を抹殺せよとの厳命をうけた甲賀七忍。

柳沢の養女鮎姫を巻き込んだ、忍法と正剣の対決。


★★★★★★・・・・(6/10)

著者の「忍法帖」は“どれを読んでいて、どれは読んでいないのか?”もはや判らない。

とりあえず古本屋にあったら買ってしまう。

本作もそう。

何年か前に買っておきながら「読んだっけ?」と今まで放置していた。

我が家の本の整理のため、とりあえず今ある未読本を1冊ずつ潰していく。

どうやらこれは

読んだ事が無かった「忍法帖」。

それは良かったのだが

どうやらこれは

あまり面白くない「忍法帖」。

いや言い変えよう

それなりに面白いのだが

全体的に地味な「忍法帖」である。

敵の甲賀七忍の忍法はいつものごとく怪しく魅力的。

しかし、悪党が最後まで悪党に徹していなく、美女が出て来ても濡れ場は無く、主人公は強いが印象に薄い。

当たり外れの少ない著者の作品の中では珍しい。

そう考えて見ると何か表紙まで地味に見える。

すらすら読めて1日で読了出来たのに。

ちなみに本作は映画化されてるらしい。

B03000009335

1963年(古ッ!)作品でタイトルはそのまま「江戸忍法帖 七つの影」。

主人公、悠太郎を若き日の里見浩太朗が演じているとか。

ちょっと観てみたい気がする。

・・・ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2302-9c5bda98