fc2ブログ

横山秀夫著 「出口のない海」

横山秀夫著「出口のない海」(講談社文庫/2006年刊)を読む。

degutinonai-syousetu

人間魚雷「回天」。

発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。

ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。

命の重みとは、青春の哀しみとは。

ベストセラー作家が描く戦争青春小説。


★★★★★★・・・・  

本作は戦争物と言うより、推薦分の通り戦時中の青春小説。

物語は主人公の野球部の仲間とピッチャーとしての挫折と幼馴染との淡い恋愛話などから始まる。

おまけにあまり時代を感じさせない現代風なストーリーなので、「人間魚雷」を題材とした重たい小説と決め付け読み始めたのだが、正直最初は肩すかしをくう。

著者らしく無駄なく読みやすい文体なのでさくさく読めるのだが、それがかえって悲壮感を薄めている気がする。

戦争の悲惨さよりも戦争への矛盾や「死」と「生」の意味を模索する主人公の姿は、今の若い世代にも通じる所があるので感情的には読みやすい作りなのだろう。

感動したし良い物語だと思う。

しかし私にはどこか薄っぺらく綺麗な物語に感じて・・・戦争と言う極限状態の中で生まれた鬼気の兵器「回天」の物語がこれでいいのか?と言う気持ちが最後まであった。

特攻を語るのに暗く悲惨な話しでなければならない理由は無いのだが・・・・

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

出口のない海 (講談社文庫)出口のない海 (講談社文庫)
(2006/07/12)
横山 秀夫

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク