荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★海外映画 >   アメリカ映画

Comment (0)  Trackback (0)

フランシス・フォード・コッポラ監督 「ゴッドファーザー」

レンタルDVDで映画「ゴッドファーザー」を観る。

20160312-002

シシリーからアメリカに移住し、一代で財を成したドン・コルレオーネ。

三男のマイケルはひとり堅気な人生を送ろうとしていたが、敵対するファミリーにドンが襲われ重傷を負った時、彼は報復を決意する。

そしてニューヨークは抗争の場と化していった……。


★★★★★★★★★★(10/10)


ブルーレイで「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」をレンタル。

言わずと知れたコッポラ監督の名作。

私の洋画ベスト10を上げるとしたら本シリーズは確実に入る作品だし、何年かに一度は無性に観たくなる映画である。

う~ん、これで何回目だ?

憶えちゃいないが、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」を通して観るのは初めてかも。

今回は余裕を持って、映画全体を俯瞰で楽しみながら、以前より気になっていた部分をチェックしようと思う。

ちなみに今回「Ⅰ」の私的チェックポイントは(ちょっとマニアック)・・・

●ビト・コルレオーネの昔からの仲間、クレメンザ、テシオ、ジェンコの確認。
「Ⅱ」に繋がるポイントなので、彼らが何処でどういう役割をはたしていたのか再チェック。

●「Ⅰ」でマイケルの手助け(?)をするパン屋の息子の顔の確認。
どうやら「Ⅲ」の最初の場面に出て来るようなので。

●有名な心霊シーン。
ビトの葬式の時に映る人の顔だが、実はママ(ビトの妻役の女優)の顔がカメラに写り込んだだけと聞きそれを再確認。

●シシリーでマイケルを護衛する男をチェック。
2人のうち1人は「未公開シーン」でマイケルに殺されるが、もう1人は「Ⅲ」に同じ役で出ていたらしい。

●同じくシシリーでマイケルを匿う杖をついたドン・トマシーノの顔を確認。
「Ⅱ」ではその原因となる足を撃たれる場面があると聞くので。

その他もろもろあるのだが



どうだったかと言うと

ほぼノーチェックで・・・駄目だ、コリャ。

始まると同時に物語にのめり込み、そんな事はどうでもよくなった。

緻密な描写と重厚な人間関係。

何度観ても面白い。

やっぱ・・・買うしかないかな。

もう、何年のそう言ってる気がする。

gioddofa-za-1-1

◆「ゴッドファーザー:THE GODFATHER」 1972年/アメリカ 【175分】
監督:フランシス・フォード・コッポラ 原作:マリオ・プーゾ 脚本:フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ 音楽:ニーノ・ロータ 出演:マーロン・ブランド/アル・パチーノ/ジェームズ・カーン/ジョン・カザール/ダイアン・キードン/ロバート・デュヴァル/タリア・シャイア/シモネッタ・ステファネッリ/リチャード・カステラーノ/ジョン・マーリー/リチャード・コンテ/アル・レッティエリ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : 洋画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017