荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

石井あけみ著 「信長協奏曲」 第1~2巻

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

石井あけみ著 「信長協奏曲」 第1~2巻(小学館/ゲッサン少年サンデーコミックス/2009~2010年刊)を読む。

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)
(2010/03/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る


勉強が苦手な高校生のサブローは、ひょんなことから戦国時代、天文18(1549)年にタイムスリップしてしまい、そこで出会った本物の織田信長に、病弱な自分の代わりに信長として生きてくれと頼まれ、信長として生きていくこととなる。

第57回小学館漫画賞少年部門受賞

「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」、7位


設定自体はよくあるお話で斬新さは無い。

絵柄もキャラも魅力は無いし、物語に厚みも無い。

リアリティは無いし、歴史物が好きな人にはお子チャマ向けの内容だし、絵もけっして上手いとは言い難い。

何でこんな漫画が人気で第57回小学館漫画賞少年部門受賞まで獲っちゃうのか疑問だったが・・・

読むとそこそこ面白いのである。

何だろうな・・・このお手軽感と言うか薄っぺらさと言うか・・・何も考えず読める安心感と言うか・・・

史実のポイント部分の解釈も「ほぉ、そう来たか」(驚くほどでは無い)と思える所もあるし。

戦国時代のお話なのに残酷な場面やいやらしい描写は一切無いので子どもにはお薦めかな。

今後の信長の運命を考えると、主人公がいつまで人を殺さず無垢なままでいられるのか・・・作者の腕の見せ所であろう。



ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2358-30017942