荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

のりつけ雅春著 「さすらいアフロ田中」第1~2巻

Posted by Tommy荒野 on   2 comments   0 trackback

のりつけ雅春著 「さすらいアフロ田中」第1~2巻(小学館/ビッグコミックス/2010年刊)を読む。

さすらいアフロ田中 1 (ビッグコミックス)さすらいアフロ田中 1 (ビッグコミックス)
(2010/09/30)
のりつけ 雅春

商品詳細を見る

さすらいアフロ田中 2 (ビッグ コミックス)さすらいアフロ田中 2 (ビッグ コミックス)
(2010/12/25)
のりつけ 雅春

商品詳細を見る

オーライ、旅に出かけよう!!

別れから始まる「さすらい」がある。

千葉でトンネル掘りをするアフロヘアの契約社員、田中広。

つきあってた彼女の浮気現場に出くわして、大失恋を喫したせいか、どうも毎日がすっきりしない。

人生初の“トラウマ"がアフロ頭につきまとうのだった。

さあ、人生リセット。嫌なことは全部忘れて、旅に出かけよう。

平凡青年代表・田中広の自分探しのさすらいが、動き出す。


「たしか最近、映画化とか言っていたな・・・読んだ事無いな。」

と手に取った作品。

家に帰って良く見ると

タイトルに「さすらい」の文字が。

どうやら本作は「アフロ田中」シリーズ一編らしい。

しかも結構新しめの。

「失敗した!」

と思ったが読んでみると別に支障はない。

主人公と彼をとりまく人たちの青春ギャグ漫画。

これと言ったストーリーもある訳でも無いらしく・・・そのためどこから読んでも楽しめる。

それに主人公もアフロ以外はそれほど個性があるキャラでは無いようで意外と普通の若者って印象。

内容も結構ユルかったり、ただの世間話だったり、あるあるネタだったり。

予想とは全然違ったが

面白かったのだ。

おまけに絵柄も好みだし、私のツボにもはまる。

「これなら前作も読みたい。」

と思うが後の作品を先に読んでしまうと、初めのぎこちないストーリーや完成されてない絵柄などに不満を感じる事が多々あって・・・古谷実氏の「稲中卓球部」を未だに読めないのもそのせいだ。

とりあえず「さすらい」は読み続けるだろう。

そのもう一つの理由として

「俺もさすらいてぇ!」

と言うのもあるから。



ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720





スポンサーサイト

Comment

レオン says... "初めまして"
初めまして。私はアフロ田中の大ファンです。シリーズ中退アフロ、上京アフロ共に絵柄には全然問題ありません。大人買いして是非、抱腹絶倒してください。お勧めします。(高校アフロは絵柄が発展途上の為、お勧めしません)
2012.07.03 17:41 | URL | #n3ZSzfz6 [edit]
トミー荒野 says... "ありがとうございます。"
レオンさん、情報ありがとうございます。
では、高校以降を読んでみます!
2012.07.04 12:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2361-dc41a8d9