荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

リュ・スンワン監督 「生き残るための3つの取引」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「生き残るための3つの取引」を観る。

20160402-036

失態続きの警察は、世間を騒がせ大統領さえも関心を寄せる連続殺人事件の捜査に躍起となっていた。

その矢先、有力容疑者を誤って射殺してしまう最悪の事態が発生。事実のもみ消しに動き出した上層部は、学歴がないために出世コースを外れていた刑事チョルギに対し、昇進を条件にニセの犯人をでっち上げるよう命じる。

悩んだ末に、裏社会の大物である建設会社社長チャン・ソックに協力を頼み、犯人ねつ造を実行に移すチョルギ。

しかし、彼の不正に感づいたチュ・ヤン検事の存在が次第にチョルギを追いつめていく。


★★★★★★★・・・(7/10)

ikinokoru1-2

韓国映画の面白みの一つとして、その社会背景が日本と似ている部分が多い事が上げられる。

本作も

警察の不祥事、犯人の捏造、出世をネタに加担する刑事、刑事と取引し協力するヤクザ、それを察し出世に利用しようとするエリート検事など、日本人にも判り易いキーワードで物語は進む。

それぞれが欲に駆られ、足を引っ張り合い、やがては互いにアリ地獄に落ちる様をストーレートにバイオレンスに描いている。

二転三転する緻密な構成と力強い演出が目を引くが、途中でちょっとダレた部分はあったな。

隠蔽のため安易に人を殺す場面には「それってバレないか?」と首をかしげたくもなるが、国家権力でもみ消す事と考えれば逆にリアルっちゃリアルなのか。

バタバタしていて忘れていた真犯人も最後に意外なオチが付いて驚いた。

キレイな女もカッコイイ男も出て来なく、色気もましてや爽快感も無く、ただただ後味悪~い物語なのだが

とても面白かった。

のである・・・人には薦めないけど・・・。

◆「生き残るための3つの取引」 2010年/韓国 【119分】
監督:リュ・スンワン 脚本:パク・フンジョン 音楽:チョ・ヨンウク 出演:ファン・ジョンミン/リュ・スンボム/ユ・ヘジン/チョン・ホジン/マ・ドンソク/チョン・マンシク



ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2380-b49a0a40