荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

小林聖太郎監督 「毎日かあさん」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画していた映画「毎日かあさん」を観る。

毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組)毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組)
(2011/09/07)
小泉今日子/永瀬正敏

商品詳細を見る


締め切りに追われる漫画家サイバラ リエコは、6歳の息子ブンジと4歳の娘フミを育てる二児の母。

子育てと仕事で目が回るような忙しい日々を送っていた。

そんなサイバラの夫は元戦場カメラマンのカモシダ。

現在、アルコール依存症と格闘中で入退院の繰り返し。

しかも、克服どころかますます悪くなる一方。

ついにサイバラは離婚を決意するのだが…。


★★★★★★・・・・

mainitikaasann2-1

小泉今日子は小泉今日子である。

そう再確認。

好きなので文句は言いたくないし、本作も小泉今日子主演だから観たのだが、やっぱり小泉今日子は小泉今日子であり、西原理恵子には見えない。

同じく「グーグーだって猫である」も主役は大島弓子では無く小泉今日子だった。

「踊る大捜査線」でも私には狂気の役を演じる小泉今日子に見えてしまうし、ドラマでも小泉今日子本人が“モデルのような役ばかりの気がする。

小泉今日子はどんな役を演じても小泉今日子である。

創り手も観る側もそれは判っている事でそれを期待して観るのだから文句はあるまい。

本作は元気な子どもたちに振り回され、アルコール依存症に苦しむ夫との葛藤を抱えながらも、パワフルな毎日を送る主人公の家族への深い愛を笑いと涙で綴った作品。

元夫婦の共演としても話題となったが、それ故さらに本作は小泉今日子色が強い。

原作のエピソードを多く取り入れてはいるが、それはもう漫画やアニメとは別モノである。

この映画の成功は人気漫画に小泉今日子を起用した時点である程度保障されていたのだろう。

しかし、彼女の主演によって原作の良さが半減したのは事実である。

これは

「毎日かあさん」の映画化と言うよりは

「小泉今日子主演」の映画として観るのが正解である。

 ◆「毎日かあさん」 2011年/日本 【114分】
監督:小林聖太郎 原作:西原理恵子 脚本:真辺克彦 撮影:斉藤幸一 音楽:周防義和 主題歌:木村充揮 出演:小泉今日子/長瀬正敏/矢部光祐/小西舞優/正司照枝/古田新太/大森南朋/田畑智子/光石研/鈴木砂羽/柴田理恵/北斗晶



ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2387-f4ad4a60