荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

日渡早紀著 「ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編―」 第1巻

Posted by Tommy荒野 on   1 comments   0 trackback

日渡早紀著「ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編―」第1巻(白泉社/花とゆめCOMICS/2005年刊)を読む。

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))
(2005/06/17)
日渡 早紀

商品詳細を見る


前世に決着をつけ、幸せな日々を送る輪と亜梨子。

そんな二人の息子・蓮はごくごくフツーの男の子。

ある日、彼の前に守護天使(?)が表れて---。

蓮に秘められた能力とは!?

「ぼく地球」次世代シリーズ待望の第1巻登場。


日渡早紀著「ぼくの地球を守って」全21巻読了。

今読むと古臭い表現も多いし、途中ちょっと中弛みもしたが、

とても面白かった。

感動と共に読了した事に長年の痞えが取れた様で清々しい気分。



調子に乗ってこっちの1巻も購入。

う~ん。

作者もちょっと調子に乗っている印象を受ける。

ファンサービスの読み切り作品で、「ぼく地球」を読んでいない人はまったく意味が解からないし、今後の展開もまるで読めない。

ここからどうシリーズとして展開するのか?

気が向いたら読もうと思う。

ただ・・・上手くなっているが、ちょっと現代風になった作画はあまり好きでは無いな。

201205061423000



ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720





スポンサーサイト

Comment

添え状の書き方 says... ""
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012.06.05 11:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2395-9d2cdb42