荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

園子温監督 「自殺サークル」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「自殺サークル」を観る。

自殺サークル [DVD]自殺サークル [DVD]
(2002/07/12)
石橋凌、永瀬正敏 他

商品詳細を見る


新宿のプラットホーム。

楽しげにおしゃべりをする女子高校生の集団。

電車がホームに入ってきた瞬間、彼女たち54人の女子高校生たちは手をつないだまま飛び降りた。

同じ頃、各地で集団自殺が次々と起こり始める。

“事件”なのか“事故”なのか、迷う警察。

そんな中、警視庁の刑事・黒田のもとに次回の集団自殺を予告する電話が入る。

本格捜査に切り替え、なんとか集団自殺をくい止めようと奮闘する黒田たちだったが……。


★★★★★・・・・・

54人もの女子高校生が一斉に電車に飛び込む謎の事件をきっかけに、各地で頻発する集団自殺の前に騒乱状態と化すさまを描く衝撃のホラー・ミステリー。

jisatusa-kuru1-1

10年ほど前の作品です。

ウェブサイトに集まった若者の集団自殺が社会問題になっていた時期に作られた作品で、結構話題になった映画と記憶します。

何となく思い出して借りたのですが・・・園監督だったのですね。

出だしよりかなりショッキングなシーンが続きます。

オレンジがかった人工的な血糊がひっきりなしに飛び散り、作り物の肉片があちこちに散らばります。

jisatusa-3-1

もうこの時点で観る側は

集団自殺と言う社会問題をテーマとして作られた問題作品では無く、

悪趣味的にカリカチュアされた胡散臭いB級スプラッタ映画と割り切って鑑賞するのが良いでしょう。

そうしないと最後に不満が爆発します。

思いっきり広げに広げた大風呂敷は最後まで集約できていません。

謎は謎のままで、伏線は回収されません。

物語自体に説得力も無ければ、メッセージや結論は観た人それぞれにお任せです。

つまりは

前半、物語に対し期待した事が何一つ帰って来ず、そのままラストへ繋がっています。

「先の読めない物語を作った」

と監督は言っていましたが、監督自身も着地点を見失っているような・・・・。

前半のインパクイトとパワーだけで最後まで引っ張った感のある作品でした。

◆「自殺サークル」 2002年/日本 【99分】
監督:園子温 脚本:園子温 撮影:佐藤和人 音楽:長谷川智樹 出演:石橋凌/長瀬正敏/さとう珠緒/宝生舞/野村貴志/ROLLY/嘉門洋子/萩原明/余貴美子/迫英雄/麿赤兒

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2466-fc9c3ade