fc2ブログ

坂本敏夫著 「元刑務官が明かす死刑のすべて」

坂本敏夫著 「元刑務官が明かす死刑のすべて」(文藝春秋/文春文庫/2006年刊)を読む。

sikeinosubete090.jpg

起案書に30以上もの印鑑が押され、最後に法務大臣が執行命令をくだす日本の“死刑制度”。

「人殺し!」の声の中で、死刑執行の任務を命じられた刑務官が、共に過ごした人間の命を奪う悲しさ、惨めさは筆舌に尽くしがたい。

死刑囚の素顔、知られざる日常生活、執行の瞬間など、元刑務官だからこそ明かすことのできる衝撃の一冊。


まだ、死刑の現場をメディアが取り上げなかった当時はまさに衝撃の一冊だっただろう。

ただ、ノンフィクションの作品としては纏まりが無く、流れが掴めず読み辛かった。

途中で登場するデータがあまり内容をフォローしていない印象を受けたし、突如として出て来る漫画は・・・なぜ漫画?しかも下手な?

おまけに小説も何を訴えたいのか内容が絞り込めていないような感じだし、著者自身の立ち位置もいまいち見えてこない。

著者はノンフィクション作家ではないので

元刑務官が自分の知っている事を書いただけの本として読むのが良いのだろう。

★★★★・・・・・・ 

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク