荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

井上夢人著 「オルファクトグラム」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

井上夢人著 「オルファクトグラム」(講談社ノベルス/2001年刊)を読む。

オルファクトグラム (講談社ノベルス)オルファクトグラム (講談社ノベルス)
(2001/12)
井上 夢人

商品詳細を見る


2001年度「このミス」第4位の傑作!

2002年2月放送WOWOWドラマ化!

「ぼくの鼻は、イヌの鼻!?」

殺人者の襲撃に遭い、頭部を強打された後遺症で“匂い”を失った「ぼく」こと片桐稔は、その代わりに凄まじい“嗅覚”の世界を獲得する。

この尋常ならざる異能を用いて、殺人者に殺された姉の仇を討つことはできるのか?

「このミステリーがすごい!」2001年版第4位に輝いた傑作、ついにノベルス化!


★★★★★★・・・・

あらすじを読むとサイコ・サスペンスっぽいが、殺人鬼は出て来るものの謎解きやトリックが中心では無く・・・

特殊能力を身に付けた主人公が犯人を追うのだが、超能力バトルアクションでも無く・・・・

内容的にはSFタッチの青春ミステリとでも言おうか。

猟奇殺人もグロい描写は無く、重過ぎず軽過ぎず、緊張とリラックスのバランスが良く配置された本作。

主人公の“見える”世界の描写は多少冗長に感じるが、読みやすい文章と軽快なストーリー運びで500頁もあっと言う間に読了。

面白かった。

詳しく話したいのだが、そのためにはこの物語の核である“嗅覚の視覚化”を説明しなきゃならないので、難しいからヤメ。

(読むと何となく解かるんだけど)

けど、著者らしく斬新な目の付けどころと、著者らしい(?)清々しいラストだと思う。

なんとなく

私の大好きだったドラマの「デカワンコ」と

クソ面白く無かった邦画の「ギミー・ヘブン」を思い出した。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2523-fefe4930