荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ワン・イェミン監督 「闘茶 tea fight」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「闘茶~Tea Fight」を観る。

20160402-030

京都の老舗の茶屋“八木茶舗”の主人・八木圭は、お茶に没頭していた数年前に愛する妻を亡くしてしまい、それを八木一族に代々伝わる“黒金茶の呪い”と信じ込んでいた。

以来、圭はお茶への情熱を失い、店も開店休業状態に。

一方、そんな父をふがいなく思う大学生の一人娘、美希子は、古代中国で行われた“雄黒金茶”と“雌黒金茶”との闘茶に八木家の祖先が深く関わっていたことを知る。

そして、呪いの謎を解き明かそうと、ひとり台湾へと向かう美希子だったが…。


★★★・・・・・・・(3/10)


20120917-1

内容も知らず香川照之の名前だけに釣られて録画。

出だしのアニメーションの出来の良さに驚き、一気にのめり込んだのだが・・・

え~

解説を読むと

京都の老舗茶屋の父娘が、同家に伝わる茶の呪いの謎に迫る中で、台湾の伝説のお茶にまつわる不思議な因縁とめぐり逢う日本・台湾合作による異色のエンタテインメント・ムービー。

らしいです。

すみません

私には訳が分かりません。

シリアスでもなく、コメディでもなく、ドラマっぽい所もあれば、ドタバタの所もあって、全てが中途半端。

それらしく呪いとか因縁とか、愛情とか逃げない心とか言っているけど、何の重みも無く全てが薄っぺら。

観る側を集中させないような無駄な場面の連続で、それでいて音楽はちょっと良かったりして・・・

これは

観客を眠らそうとしているとしか思えん!

20120917-3

誰が誰に向かって何の目的で作った映画なのでしょう?

不思議なくらい面白く無い映画でした。

◆「闘茶 tea fight」 2008年/日本・台湾 【102分】
監督:ワン・イェミン 原案:ワン・イェミン 脚本:山田あかね 撮影:チャン・チーイン 音楽:ショーン・レノン 出演:香川照之/戸田恵梨香/ヴィック・チョウ/チャン・チュンニン/細田よしひこ/ほんこん/藤田陽子/エリック・ツァン

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2569-d8104384