荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   01~10年作品

Comment (0)  Trackback (0)

西冬彦監督 「ハイキック・ガール!」

レンタルDVDで映画「ハイキック・ガール!」を観る。

20160505-021

美しい高速ハイキックを得意技に、男子顔負けの強さで道場でも一目置かれる女子高生の土屋圭。

しかし、師匠の松村からは型の稽古ばかりを命じられ、苛立ちが募っていく。

自分の強さを証明したいと焦る圭は、“黒帯狩り”と称して腕に覚えのある空手家たちに戦いを挑んでは、得意のハイキックで次々となぎ倒していく。

やがて格闘界のアウトロー集団“壊し屋”にスカウトされる圭。

しかしそこには、彼女のまだ知らない恐るべき陰謀が待ち構えていたのだった。


★★★★★★・・・・(6/10)


20121004-3

以前観たタイの映画「チョコレート・ファイター」の日本版を期待してレンタルしました。

ストーリーは単純で、女子高生がハイキックで悪人どもをバッタバッタとなぎ倒すアクションシーンがウリのB級映画・・・そんな予想をしていました。

実際、その予想はほとんど当たっていたのですが、ただ一つ大きな違いがありました。

それは

一番の見せ場が主人公の女子高生では無く、その師匠(男!)が戦うのです。

確かに前半は主人公が女性でありながら体を張ったナマのアクションを炸裂させ、観ている側をドキドキワクワクさせるのですが、途中より敵に囚われた主人公を助けるため立ち上がった師匠が次々と登場する悪党どもを叩きのめすと言うブルース・リーの「死亡の塔」を彷彿させる展開にシフトします。

大ボスの最後の一撃は主人公が決めてくれるのですが、それまではほぼ師匠の独壇場です。

観ていて「すげぇ!」と思う空手アクションなので退屈はしないのですが、心のどこかで「なんだ男かよ!」と言っている自分がいます。

なんか

女子高生で引っ掛けといて、開けてみたら中身は空手の教材ビデオ

って感じもしないでもありません。

ただ、

師匠を演じていた空手家の方の動きには驚かされました。

アクションだけでは無い一つ一つの無駄の無い動きは土下座さえ美しく見えました。

これと主役の武田梨奈のハイキックを観るだけでも本作は価値があると思いました。

たとえストーリーや演出は最低でも。

20121004-2

◆「ハイキック・ガール!」 2009年/日本 【81分】
監督:西冬彦 原作:西冬彦 脚本:西冬彦/木村好克 撮影:松井信行 出演:武田梨奈/高橋龍輝/天野暁兒/須藤雅宏/八木明人/山根和馬/鈴木信二/蒲生麻由/西冬彦

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017