荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ラーチェン・リムタラクーン監督 「チョコレート・ソルジャー」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「チョコレート・ソルジャー」を観る。

20160402-028

男に浮気されヤケ酒をあおっていたデューは、女性ばかりを狙う誘拐組織「ジャガー団」に目を付けられる。

しかし、誘拐されそうになったデューを救い出してくれた1人の男がいた。

彼はHIP HOPダンスと酔拳を融合させた「泥酔拳」を駆使して、仲間と一緒に誘拐組織を追いかけるサニムだった。

サニムと仲間たちは大切な女性をそれぞれジャガー団に誘拐されてしまい、復讐と救出計画を企てている者たちだったのだ。

「泥酔拳」を学んだデューは、囮となってジャガー団のアジトに潜り込むのだが…。


★★★★★★・・・・(6/10)

20121228-333

「チョコレート・ファイター」のジージャーが主演と言う事だけで付けられたタイトルなのでしょう、「チョコレート」も「ソルジャー」も関係無いお話です。

前作での彼女のキレの良いアクションを期待するとガッカリするでしょう。

本作はアクションもストーリーも「チョコレート・ファイター」にはかないません。

前半は彼女が活躍しないので退屈で早回しをしちゃいそうになりましたが、敵の正体が明かされる頃より少しずつ盛り上がってきます(ちょっと遅いのですが)。

アクションシーンは盛りだくさんでアイデアも悪くは無いので、最後までそこそこ楽しめます。

ラストは感動的なシーンも有ります。

ただ、泥酔拳にしろ、事件の背景、敵の組織にしろ、設定があやふやで、イマイチのめり込めません。

脚本をもっと練り込んだら、面白い映画になったのに

そう思わせる残念な作品ですが、ジージャーは可愛いです。

◆「チョコレート・ソルジャー:RAGING PHOENIX」 2009年/タイ  【109分】
監督:ラーチェン・リムタラクーン 脚本:ソムポップ・ウェーチャピパット 音楽:カニソーン・プアンジーン 撮影:タナーチャート・ブンラー/ティワー・ムアイタイソン/タィラワット・ルジナタム/
出演:“ジージャー”ヤーニン・ウィサミタナン/カズ・パトリック・タン/ルンタワン・ジンターシン/マーク・ニー・ホアン/デヴィッド・ブエノ/タケシタアイノ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2667-97807e89