荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

増村保造監督 「陸軍中野学校」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「陸軍中野学校」を観る。

20160427-022

市川雷蔵が知性派スパイをクールに演じる人気シリーズ!

実在期間を描くリアルなスパイ・サスペンス!

日本映画界が誇るスパイ映画の名作!

三好次郎ら18人の少尉たちは上層部の命令で日本陸軍のスパイ養成機関・陸軍中野学校へ。

彼らは戸籍を抹消され、過酷な特殊訓練を受けるが、ひとり、またひとりと脱落していく。


★★★★★★★★・・(8/10)

柳広司氏の小説「ジョーカー・ゲーム」を読み、もう一度観たくなった映画です。

古い作品なので随分と探しましたが、灯台下暗しで近所のレンタル店で見つけました。

本作は戦前から戦中にかけて実在した大日本帝国陸軍のスパイ養成機関である陸軍中野学校に所属することになった一青年将校と、彼を追う内に彼らと戦うスパイになっていく恋人を主人公に戦争の悲劇を描いた作品です。

「ジョーカー・ゲーム」ほどクールでドライでは有りませんが、日本の数少ないスパイ映画の中ではディティールを丁寧に描いている至極の一品だと思います。

スケールが大きく無いのも良い様に作用しているし、乾いた主人公の語りに対し、監督のウェットな演出が物語に人間臭さを与えていてそのメリハリがとても良かったです。

日本の為、世界の為と中野学校の使命を夢のように語る主人公たちの姿が、滑稽で哀れに映るのは監督の狙いでしょうか?

私としては主人公が組織から与えられた任務と私的な感情との板挟みでもっとドタバタする展開を予想していたのですが・・・以外にアッサリと結論を出したのは多少の不満が残りましたが、ラストの殺しのシーンは静かで残酷なだけに妙にリアリティがあってゾクゾクさせました。

内容を憶えていなかったのも幸いしたのでしょうが、

とても面白かったです。

つづきのあと4作。

近日中にレンタルするでしょう。

20130203-1213

◆「陸軍中野学校」 1966年/日本 【95分】
監督増村保造 脚本:星川清司 撮影:小林節雄 音楽:山内正 出演:市川雷蔵/小川真由美/待田京介/E・H・エリック/加東大介/村瀬幸子/早川雄三/仁木多鶴子/ピーター・ウィリアムス

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2708-52f7ea6b