荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

冲方丁著 「マルドゥック・スクランブル The 2nd Compression 」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

冲方丁著 「マルドゥック・スクランブル The 2nd Compression-燃焼 〔完全版〕 」(ハヤカワ文庫JA/2010年刊) を読む。

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/10/08)
冲方 丁

商品詳細を見る


少女は戦うことを選択した。

人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したバロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。

ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力と正確無比な射撃で次々に相手を仕留めていくバロット。

しかしその表情には強大な力への陶酔があった。

やがて濫用されたウフコックが彼女の手から乖離した刹那、ボイルドの圧倒的な銃撃が眼前に迫る。

緊迫の第2巻!


漫画版で読んでいる部分ではありますが、こちらはこちらで面白かったです。

本作では物語のテーマである「己の有用性」が、より強く反映されたストーリーになっています。

それを追い求める登場人物たち、主人公を含めの一人一人が哀しく美しいです。

と感傷に浸っていたら

後半からはカジノを舞台にしたギャンブル小説に早変わり。

あまりの展開に戸惑いながらも・・・これがまたエキサイトするのですわ。

ゲームの駆け引きとブラフとイカサマ。

あっという間に読了です。

「3」は引き続きカジノが舞台で楽しみなのだが・・・・

何となくストーリーが本編から離れた様で、残り1冊でこの物語をキチンと収束できるのかが不安に感じてしまうのは杞憂でしょうか。

20130329-567

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2761-471e492d