荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   11~15年作品

Comment (0)  Trackback (0)

三池崇史監督 「愛と誠」

レンタルブルーレイで映画「愛と誠」を観る。

愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [Blu-ray]愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [Blu-ray]
(2012/11/02)
妻夫木聡、武井咲 他

商品詳細を見る


1972年の新宿。

ブルジョア家庭の令嬢・早乙女愛は、幼い頃に雪山で助けられた“白馬の騎士”太賀誠と運命の再会を果たす。

すっかり札付きの不良になっていた誠は上京早々、不良グループと乱闘を繰り広げ、少年院送りに。

そこで愛は、彼を更正させようと両親に頼んで自分が通う名門青葉台学園に編入させる。

そんな愛の献身的な努力も誠にとっては単なるお節介でしかなく、すぐに問題を起こして退学となり、不良のたまり場、花園実業へと転入する。

すると今度は、誠を追って愛も転校してしまう。

さらに愛への一方的な想いを貫くメガネ優等生・岩清水弘、誠に一目惚れのスケバン、ガムコ、誠と心を通わせていくミステリアスな女子高生・高原由紀らも加わり、愛と誠の運命はますます混沌としていくのだが…。


★★★★★★★・・・


20130414--9999

原作のファンです。

ですので「観たかった」のですが「原作とは別モノ」との覚悟をして鑑賞しました。

結果

とても面白かったのですが・・・ちょっと微妙です。

“まるで別モノ”では無く、ちゃんと原作を踏襲し、原作に対する愛情も伝わる作りでした。

観ている側にあの時代の雰囲気を感じさせるためでしょうか、ミュージカル風に繰り出される昭和歌謡の数々と出演者たちのヘタウマな踊りは、懐かしさと共に笑いを誘いました。

その場面だけでもより抜きにしてミュージック・ビデオとして欲しいぐらいです。

ただ、ストーリーは原作ファンからすると整理し過ぎて不満に思う部分も多々ありました。

時間的には仕方の無い事かもしれませんが、私の好きな座王権太が硫酸を被るシーンが無かったのが残念です。

それでも全体的にはミュージカル風の学園恋愛エンタテインメント・ムービーでした。

ただ・・・このエンタテインメントってのが微妙な所です。

70年代の熱血恋愛学園ドラマを現代に蘇らすにはエンタメの名を借りたコメディにしかならないのですね。

小(体も)悪党の誠、勘違い女の愛、変態ストーカーの石清水、老け顔の権太・・・

「白馬の騎士」も「君のためなら死ねる」も今となってはお笑いのネタですね。

まぁ原作も荒唐無稽なストーリーなのですが、漫画より漫画っぽい実写に素直に楽しめ無い自分がいます。

ブッ飛んだ面白い邦画であるには及第点なのですが・・・・

20130418-1111

※ガム子が一番イメージ通りだった気がします・・・歌上手いし・・・。

◆「愛と誠」 2012年/日本 【134分】
監督:三池崇史 脚本:宅間孝行 原作:梶原一騎/ながやす巧 脚本協力:高橋美幸 振付:パパイヤ鈴木 音楽:小林武史 主題歌:一青窈 出演:妻夫木聡/武井咲/斎藤工/大野いと/安藤サクラ/前田健/加藤清史郎/一青窈/余貴美子/伊原剛史/市川正親

50150510-00149
※Flyer

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017