荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   71~80年作品

Comment (0)  Trackback (0)

山根成之監督 「続 愛と誠」

レンタルDVDで映画「続 愛と誠」を観る。

20170114-013

学園に吹きすさぶ暴力の嵐!

愛と誠に迫る絶対絶命の危機!!

「愛と誠」第二作目。

不良校・花園高校に転校した太賀誠、彼を追って来た早乙女愛、そして大番長の高原由紀の三人が展開する青春の愛と憎しみを描いた青春映画。


★★★★・・・・・・


20130607-1113

三池監督の「愛と誠」は面白かったのですが、由紀と権太のエピソードをまるまるカットしていたのが、ちょっと残念でした。

で、多岐川裕美が由紀役を演じていると言う本作をレンタルしました。

物語は誠の花園高校転校から由紀の自殺までをほぼ原作に忠実に(?)映像化しています。

今観ると笑えるような部分は多いのですが、それなりに頑張っていますので原作ファンも(しぶしぶながらも?)納得する所でしょう。

森次晃嗣演じる教師のエピソードなどはすっかり忘れていましたが、ナイフのあの場面はあまりにも原作通りだったので笑いながらも懐かしい想いで見ていました。

主役の早乙女愛・・・今回はクレジットが一番最初なんですね・・・は「1」と同じくズブの素人の演技をしております。

対する誠役の南条弘二は・・・すみません、歌手の方だったのですね、存じませんでした。

ちょっと垢抜けない感じがしましたが声が良いと思いました。

そして、影の大番長ならぬ影の主役は高原由紀演じる多岐川裕美です。

本作は彼女を中心に物語が進み、肝心の主役二人の進展はあまり無く、ラストを締めるのも彼女でした。

セーラー服には無理があると思いましたが、美しかったです。

本来ならば彼女に絡む蔵王権太ももっと存在感が欲しかったのですが、これじゃ居ても居なくてもよかったですね。

本作を観て一番思ったのは、

これは1本の映画として楽しむ作品では無く

原作を読んだ人が本作を観て、原作を思い出して比較をし、その差異を楽しむ映画です。

多分、公開当時も原作を読まずに映画だけを観た人は誰もいなかったでしょう。

三部作の真ん中なので、物語が中途半端なのは仕方が無い事ですが、映画としての魅力は皆無な作品だと思います。

・・・・でも、観ちまった以上は「3」も観るけどね。

20130607-1112

※主題歌を歌っている「あいとまこと」って早乙女愛と南条弘二のデュエットなんでしょうか?

◆「続 愛と誠」 1975年/日本 【91分】
監督:山根成之 原作:梶原一騎/ながやす巧 脚本:石森史郎/山根成之 撮影:竹村博 出演:早乙女愛/南条弘二/多岐川裕美/森次晃嗣/志水理恵



女猫(早乙女愛) [DVD]女猫(早乙女愛) [DVD]
(2010/12/03)
早乙女愛、岩城滉一 他

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017