荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

TVドラマ 「沙粧妙子 最後の事件」 VOL.1

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDでTVドラマ「沙粧妙子 最後の事件 VOL.1」を観る。

20160411-009

「人間というものがいる限り、この世界から悪意が消滅することはあり得ない。そして悪意は、目に見えないものとは限らない。」

異常犯罪に関するデータから犯人像を推定するプロファイリングチームの一員だった、警視庁捜査一課の警部・沙粧妙子は、岩手県警から研修にやってきた刑事・松岡優起夫とコンビを組み、連続猟奇殺人事件の真相を追う。

一連の殺人事件の背後に元恋人でプロファイリングチームのリーダーだった梶浦圭吾の影を感じる沙粧。

懸命の捜査の一方で、次々と猟奇殺人事件が勃発していく…。

★★★★★★・・・・(6/10) 


何となく

昔のテレビドラマが観たくなってレンタルしました。

聞けば

諸事情により最近までDVD化がなされて無かった作品だったのですね。

まぁ内様が内容だけに解る気はします。

90年代に流行した「羊たちの沈黙」や「ツインピークス」などのサイコサスペンスブームに便乗した作品ですが、当時の日本のテレビドラマとしては革新的で、以後の飯田譲治氏の活躍は目を瞠るものでした。

今観るとちょっと時代を感じてしまったり、わざとらしさを憶える部分はあるにしろ、なかなか見応えのあるドラマです。

俳優陣も豪華だったのですね。

主役である浅野温子、柳葉敏郎、佐野史郎は憶えていたのですが、飯島直子や蟹江敬三は忘れていました。

脇役の金田明夫、川本淳一、根岸季衣もいい味出しています(根岸が以外にあっさり死んだのは残念でしたが)

今回驚いたのは

妹は黒谷友香だったのですね・・・憶えていませんでした。

クラブのトイレで死体を発見した女性・・・ほとんど映りませんでしたが声からすると神田うのでしょうか。

警察に連行される不良外人の一人はセイン・カミューでした。

みんな頑張っていたんですね。

観ている内に段々とストーリーが思い出されてきたのですが、それと同時に考えてしまうのが

「この頃の俺は何やっていたんだろう?」

て事です。

憶えていないほど忙しかったのか、憶えていないほどヒマだったのか、憶えていないほど飲み歩いていたのか・・・

sasyoutaeko112

続きを借りてきます。

◆「沙粧妙子 最後の事件 VOL.1」 1995年/日本・TV
演出:河毛俊作/田島大輔/落合正幸 脚本:飯田譲治 音楽:岩代太郎 出演:浅野温子/柳葉敏郎/佐野史郎/飯島直子/黒谷友香/蟹江敬三/金田明夫/川本淳一/根岸季衣/香取慎吾/升毅/冴木かおり

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/2998-a9677c07