荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

グリフ・ファースト監督 「フライング・ジョーズ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「フライング・ジョーズ」を観る。

フライング・ジョーズ [DVD]フライング・ジョーズ [DVD]
(2011/09/02)
クリスティ・スワンソン、ロバート・ダヴィ 他

商品詳細を見る


年に一度のワニ祭で賑わうルイジアナの避暑地。

そんな中、餌付けされたワニが名物のレストランで沼地で飼っていたワニたちが一夜のうちに消える事件が発生。

更に住民の死体まで発見され、レストランは営業停止にされてしまう。

その夜、サメのような影を見たレストラン経営者のレイチェルは、家族総出でサメ退治を始めるが、その間にも死体の数は増え続けていく…。

そして祭の日、ついに巨大なサメが姿を現す…。


★★★★・・・・・・

SWAMP SHARK111

チープな作りのB級映画はそのツッコミ所をぶっ飛ばすほどの何かが無ければ面白くありません。

それがエログロだったり、馬鹿ばかしさだったり、呆れるほどの内容の無さだったり・・・

そんな何かがあったら観る側の印象には残るモノです。

しかし、本作にはそれがありません。

全てにおいて中途半端な作りになっている作品です。

この手のモンスターパニック物にはお約束の”盛り上がるべき場面“は多々あるのですが・・・これがちっともワクワクしないのです。

主人公たちのキャラは立っているのに、それがストーリーとしては余計に感じます。

突っ込み所は満載なのですが、物語のテンポの良さで何となく上手くかわしている気がします。

何よりも

タイトルより期待した”空飛ぶサメ“が出て来ないのです。

これって、作る側がワザと盛り下げてないか?

と思って、気が付きました。

本作は

テレビ映画

なのですね。

つまりは、テレビなのでそんなにお下品な事は出来ないのに、何故かB級のモンスターパニック物を作っちゃった
って事が失敗の原因なのでしょう。

全てにおいて中途半端

ではなく

全てにおいて無難。

そう考えると、多少名の売れた往年の俳優たちの配役も納得できます。

もしかしたら

ある意味優等生な作品なのかもしれません。

面白くはなかったのですが

普通に考えたら「ワニ」になるべき怪物をあえて「サメ」にしたその勇気は買うべきだとおもいます。

SWAMP SHARK112

◆「フライング・ジョーズ:SWAMP SHARK」 2011年/アメリカ・TVM 【89分】
監督:グリフ・ファースト 脚本:チャールズ・ボロン/ジェニファー・イウェン/エリック・ミラー 撮影:ロレンツォ・セナトーレ 音楽:アンドリュー・モーガン・スミス 出演:クリスティ・スワンソン/ロバート・ダヴィ/D・B・スィーニー/ジェフ・チェイス/ソフィア・シニーズ



スカイネット 立体パズル 4D VISION 動物解剖 No.02 ホホジロ鮫解剖モデルスカイネット 立体パズル 4D VISION 動物解剖 No.02 ホホジロ鮫解剖モデル
(2008/05/29)
青島文化教材社

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3030-224fb56b