荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

岩佐陽一著 「ゲッターロボ大全」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

岩佐陽一著「ゲッターロボ大全」(双葉社/1998年刊)を購入。

20160214-005

ゲッターロボからゲッター號まで、ゲッターの全てがここにある!永井豪、石川賢、上原正三を始めコミック・アニメ関係者が当時を振り返る徹底インタビュー。

アニメ版『ロボ』『G』全エピソード&敵キャラ百科。

『ロボ』『G』連載時の幻の予告編マンガ&原作扉絵、学年誌掲載の読み切りマンガを復刻。

グッズ・カード等アイテム大量掲載…etc.

本著は1974年4月4日よりフジテレビ系列でオンエアされた『ゲッターロボ』、翌1975年5月15日よりその続編として放送された『ゲッターロボG』。

そして―16年の時を経て製作され、1991年2月11日よりテレビ東京系に放送局を移動してのスタートとなった『ゲッターロボ號』の3作品を統括する意図のもとに刊行されたものである。

その誕生背景をはじめ、アニメ作品はもちろん原作、アイテムに至るまで『ゲッターロボ』というキーワードが誘引する要素のほとんどを集約したつもりである。


子供の頃

アニメにもハマっていましたが、何よりマンガ版が大好きでした。

ある意味「デビルマン」の原作よりもショッキングで・・・

アニメとは違うワイルドな竜馬に、狂気の隼人、マッドな早乙女博士に、マントを羽織った寸胴ゲッター。

ゲッター1が頭だけで戦う場面や竜馬が平然と野良犬をブチ殺すシーン。

何もかもが今までに無く斬新で、ションベン漏らしゲロ吐く隼人までカッコ良く見えました。

ちょうどあの頃「魔獣戦線」なんかも読みだして、石川テイストにハマって行った時期でした。

そのため今ではアニメ版にはまったく興味はありませんが、もともとアニメの企画だったゲッターの誕生秘話には大いに興味を惹かれました。

本作は数年前に古本屋で見つけ欲しいと思いながら手が出無かったのですが・・・・待ってみるものです、今になって105円落ちしていたので喜んで購入しました。

ゲッターに関する情報はアニメからマンガ版まで充実していて読んでいて楽しいのですが、一番面白かった、と言いますか笑いながら納得したのは、永井豪も石川賢も当時描いた絵が自分でも区別できていないのですね。

こっちが分らないのも当たり前です。

マニアックな内様に満足したのですが・・・どうやら続編がある模様。

また何年か越しで探そうと思います。

20131027-120
★★★★★★・・・・



完全変形ゲッターロボ [リニューアルバージョン] メタリックタイプ完全変形ゲッターロボ [リニューアルバージョン] メタリックタイプ
(2007/06/03)
スタジオハーフアイ

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3048-061ffeac