荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ドラマW 「贖罪」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDでドラマ「贖罪(前・中・後篇)」を観る。

20160403-044

15年前、ある田舎町で小学生の少女エミリが男に連れ去られ、殺される事件が発生した。

直前までいっしょに遊んでいた仲良しの小学生4人は第一発見者になる。

犯人は見つからず、事件は迷宮入り。エミリの母・麻子は、目撃した犯人の顔をよく思い出せない4人を責め「犯人を見つけなさい。

でなければ、私が納得できるような“償い”をしなさい。」と激情の言葉を投げつける。

事件への恐怖、麻子の言葉へのショックを抱えながら、それぞれの道を歩み大人になった4人。

「“償い”とは何か?」という呪縛にとらわれてきた彼女たちは、やがて連鎖する悲劇を引き寄せていく。


★★★★★・・・・・(5/10)

syokuzai0002

原作と映像。

どっちを先に観るかは難しい所です。

ですが、本作に関して言えば

映像が先の方が良かった気がします。

作家は女性、監督は男性。

そんな違いも有ると思いますが、私は映像の方が分り易かったです。

出演者のイメージと言う点ではやっぱり若干の違和感はありましたが、こちらを先に観ていれば文句は無かったでしょう。

個々の物語や設定も微妙にアレンジされ、原作とはちょっと違った展開になっています。

なによりも

私が気になった一点が多少強引ですが解決されていました。

もしかして

小説は映像化を前提として描かれたのかな・・・なんて気がします。

ただ一番肝心な点が問題ありで・・・

本作は原作より面白く無いです。

原作を先に読んだせいもあるでしょうが、小説の様な読む側を引き込む魅力が感じられません。

おまけに1話1話が冗長で中弛みがします。

(そう言えば以前に観た黒沢清監督作品もそんな気がしました)

良い俳優陣を起用しているのにもったいない気がします。

それと

監督がワザとでしょうね。

出演している女優さんたちをキレイに撮らないのは。

普段テレビで観る小泉今日子よりも老けていますし、蒼井優も人形の様な透明感がありません。

・・・まぁ、それは別にいいのですが・・・・

小説を読んでから本作を観たなら小説のストーリーをどうしても引きずってしまいますが、本作を観てから小説を読めば、また別の物語(?)として楽しめるでしょうね。

syokuzai0001

※これから黒沢清監督インタビューを読もうと思うのですが・・・あまり気がノラないかも・・・

◆「贖罪」 2012年/日本・TV
第1話「フランス人形」 第2話「PTA臨時総会」 第3話「くまの兄妹」 第4話「とつきとおか」 第5話「償い」
監督:黒沢清 原作:港かなえ 脚本:黒沢清 撮影:芹澤明子 音楽:林祐介 出演:小泉今日子/蒼井優/小池栄子/安藤サクラ/池脇千鶴/森山未來/水橋研二/加瀬亮/長谷川朝晴/伊藤歩/新井浩文/田中哲司/嶋田久作/木村葉月/小俣絵里佳/木村真那月/菊池和澄/柴田杏花

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3054-4fce35cc