荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ジェームズ・ファーゴ監督 「ダーティハリー3」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「ダーティハリー3」を観る。

ダーティハリー3 [Blu-ray]ダーティハリー3 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、タイン・デイリー 他

商品詳細を見る


「ダーティハリー」シリーズ第三弾。

強盗事件に駆り出され、犯人たちをマグナム44で仕留めたハリー・キャラハン刑事だったが、いつもながらの乱暴ぶりに刑事課長から目を付けられ人事課に配属されてしまう。

一方、陸軍の兵器庫に過激派グループが押し入り、新型バズーカ砲など大量の武器弾薬を強奪する事件が発生。

相棒フランクが巻き添えを喰って死んだことで、ハリーの怒りは爆発。

殺人課に戻ったハリーは新米の女刑事ムーアと共に過激派グループを追うが、彼らはサンフランシスコ市長を誘拐し、脱獄不可能と言われたアルカトラズ刑務所跡に立てこもっていた…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

20131125-1112

シリーズ中一番面白く無いと思っていた作品だったのですが・・・今観直すとそうでもありません。

まぁ、観る側としてはその都度、前作を上回る期待があるので・・・・

話は大きくなっていますが、迫力や緊張感に欠ける展開。

頭の悪そうなテログループに、多少コミカルさを増したストーリー。

漫画の様に判り易いウーマンリブ女史や市長のキャラ、訳のわからない上司。

ちょっと老けた主人公に美人じゃない女の相棒。

観た当時は全てが許せなかったのでしょうね、

個人的な好みで言えば、
ハリーはやっぱりスーツ姿であって欲しいし、最後はマグナムで締めて欲しかったのもあります。


細かい事を言えば、今回のハリーのサングラスの型も好きじゃないのです。

こうやって書くと不満だらけですね(笑)。

そんな本作を今は面白く観られるのも、この後の「4」「5」のおかげです。

ハリー=クリント・イーストウッドが44マグナム持ってカッコ良く登場する・・・それ以外は期待するな!

そう教えられたからです。

だから、今では本作も余裕を持って楽しめる作品になりました。

私が好きなシーンは人質を取っている立てこもり犯に車で突っ込んでマグナムを乱射する所です。

常識では測れないダーティ過ぎるハリーが笑えます。

アルバート・ポップウェルの出番も増えていますし、前2作と違った楽しみ方が出来る作品だと思います。

※出だしのホットパンツのおネエちゃんなんかは・・・どうしても「俺がハマーだ!」を思い出してしまう(最終回)。

20131125-1111

◆「ダーティハリー3: THE ENFORCER」 1976年/アメリカ 【97分】
監督:ジェームズ・ファーゴ 脚本:スターリング・シリファント/ディーン・リーズナー 撮影:チャールズ・ショート 音楽:ジェリー・フィールディング 出演:クリント・イーストウッド/タイン・デイリー/ハリー・ガーディノ/ブラッドフォード・ディルマン/アルバート・ポップウェル/デヴェレン・ブックウォルター/ジョン・クロフォード/ジョン・ミッチャム/サマンサ・ドーン



どこでもバズーカ砲どこでもバズーカ砲
()
アイコ

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3068-d52f7f81