荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

薬丸岳著 「刑事のまなざし」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

薬丸岳著「刑事のまなざし」(講談社文庫/2012年刊)を読む。

刑事のまなざし (講談社文庫)刑事のまなざし (講談社文庫)
(2012/06/15)
薬丸 岳

商品詳細を見る


ぼくにとっては捜査はいつも苦しいものです。

通り魔によって幼い娘を植物状態にされた夏目が選んだのは刑事の道だった。

虐待された子、ホームレス殺人、非行犯罪。

社会の歪みで苦しむ人間たちを温かく、時に厳しく見つめながら真実を探り出す夏目。

何度読んでも涙がこぼれる著者真骨頂の連作ミステリ。


★★★★★★★・・・

著者の作品を読むのは初めてです。

タイトルにつられ購入したのですが、この前テレビで放送していたドラマの原作なのですね。

謳い文句の「何度読んでも涙がこぼれる」とまではいきませんでしたが、じんとくる場面がいくつかあったのは事実です。

内容的にも決して派手ではないし、短編なので大掛かりなどんでん返しはありませんが、1話1話が味のある作品に仕上がっていると思います。

「罪に対して犯罪者本人やその家族、被害者がどう向き合うか」と言う重いテーマでながらも、痛みを知る優しさを含んだ主人公の刑事のまなざしが最後には希望を与えてくれます。

物語の視点を主人公では無く事件の当事者にしたのも正解でしょう。

読み安かったので2日で読了しました。

面白かったです。

ですが・・・

続編・・・あるのですね。

読みたいかと問われれば微妙です。

主人公は正しい人なので私的にはそれほど魅力を感じません。

それを補っていたのは彼が刑事になった動機の謎と、娘の事件の真相でしたので、それが判った以上は彼を追っかける気持ちにはならないと言うのが正直なところでしょうか。

今度は著者の別の話しを読んでみたいと思います。

20140224-111

※主人公・・・イメージ違うくね?

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3082-58446aed