荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

今野敏著 「初陣:隠蔽捜査3.5」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今野敏著「初陣:隠蔽捜査3.5」(新潮文庫/2013年刊)を読む。

初陣: 隠蔽捜査3.5 (新潮文庫)初陣: 隠蔽捜査3.5 (新潮文庫)
(2013/01/28)
今野 敏

商品詳細を見る


警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。

彼が壁にぶつかったとき頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。

原理原則を貫く男が愛想なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる。

ある日、誤認逮捕が起きたという報に接した伊丹は、困難な状況を打開するため、大森署署長の竜崎に意見を求める(「冤罪」)。

「隠蔽捜査」シリーズをさらに深く味わえる、スピン・オフ短篇集。


★★★★★★★・・・ 

隠蔽捜査番外編。

警視庁刑事部長、伊丹の視点から描かれた短編集です。

「隠蔽捜査」を読んでいない人には面白くも何ともないお話ばかりですが、

シリーズを読んでいる人にはすこぶる面白いお話でばかりです。

警察小説としての緊張感やスリル感には欠けますが、お馴染の登場人物たちにニヤニヤし、竜崎の謎解きの様なロジックが楽しめる作品です。

ホームズ&ワトソンか?はたまたのび太&ドラえもんか?

最初の何話かでパターンが出来あがり、途中で中弛みした感もあったのですが、そこに「3」の裏話が・・・と言う事は、竜崎はまんまと罠にハマったのですね、笑ってしまいました。

ここがタイトルの「3.5」の由来ですか。

とても面白かったです。

ただ、視点を変える事によって竜崎と言う特異なキャラは目立ちましたが、何だかその分、伊丹がそんなに有能じゃ無いと感じたのは私だけでしょうか?

最近はテレビドラマも観ているので、古田新太さんの顔がチラついて余計に・・・・

20140129-111

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3140-0237b887