荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

べ・テス監督 「トラブル・トラベラ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

夕張映画祭で「トラブル・トラベラ」を観る。

20140302-1120

ホテルに奇妙な奴らがやってくる。

日本のあるホテルを舞台にした世界共通のサイレント爆笑コメディー。


★★★★★・・・・・

こちらは結構期待して観たのですが・・・・いまひとつでした。

1話完結の短編ギャグマンガ集。

そんな感じです。

1回ずつアイキャッチが入るのは、その物語の終わりを告げているようです。

最初、判り辛かったのは

こっちはホテルを舞台にした連作短編だと思い込んでいましたので、各話で変わるキャスティングに戸惑いました。

主要の俳優さんは数人。

さっきまで別の役をやっていた俳優が、今度はまた別の役と、次々とキャラが変わるので

「あれ、この人従業員のはずじゃ」とか「この人はさっきの部屋にいた人じゃないの?」と、

理解し頭を切り替えるのにしばらくかかりました。

そんなせいもあるのかもしれませんが

あまり笑えなかったです。

韓国と日本の笑いのツボの違いなのでしょうか?

台詞が無いせいもあるのでしょうが、動きがオーバーで演出もかなりマンガチック。

私は韓国と言うとどうしてもブラックな笑いを求めてしまうので、万人ウケはするだろうこの笑いに、勝手に物足りなさを感じていました。

会場では笑い声が出ていたのは確かですが、そうで無い人もいたはずです。

その証拠に

審査員の斎藤工さん、

あなた寝ていましたね。

◆「トラブル・トラベラ / Trouble Traveller」 2013年/日本・韓国 【約30分】
監督:べ・テス 脚本:べ・テス 制作:秋山武一 撮影:チェ・テギュ/チェ・チャンファン 出演:ソ・ジンウォン/ユ・ジヨン/ゾ・ジョンファン/ソ・ホチョル

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3157-2937ab5a