荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

萩生田宏治監督 「帰郷」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「帰郷」を見る。

20160404-002

再婚する母親の結婚式に出席するため帰省した晴男は、かつての恋人、深雪と偶然の再会を果たす。

離婚したという彼女から小学生になる娘がいると聞かされる晴男。

翌日、深雪から“娘のチハルに会わせたい”と言われ、彼女のアパートを訪れた晴男だったが、そこにはチハルひとりだけがいた。

2人で深雪の帰りを待つが、晴男は子どもとの接し方が分からず気まずい空気が流れる。

やがて、どうやら深雪が行方をくらましたらしいと分かり、晴男は困惑する。

状況が呑み込めないまま、晴男はチハルを連れ立ち、2人で深雪さがしの小さな旅に出るのだった。


★★★★★・・・・・(5/10) 

kikyou001

最後まで鑑賞しましたが、どこか掴みどころのない虚構の世界に観えました。

ボ~ッと掴みどころが無い主人公のキャラは、主演の西島秀俊の(私の)イメージなので違和感は無かったし、片岡礼子演じる訳ありの女性も良かったと思います。

吉行和子や高橋長英、子役の女の子にも問題はありません。

ですが

物語自体が作り物っぽい・・・と言えばいいのでしょうか。

風景や設定は妙にリアルなのですが、そこにいる人間の台詞や行動がワザとらしく感じてしまい、ハートウォーミング・ストーリーのはずなのですが、どこにも感動できない自分がいました。

作為的な枠の中の自然体な演技。

私的にはとてもバランスの悪い映画に思えました。

とは言え

最後にハッキリと答えが出るエンタメ系話題作ばかりを観ていると、このようなちょっとだけマイナーな邦画に魅かれてしまうのも確かです。

最後まで鑑賞できたのはそんな理由からだと思います。

※やっぱり伊藤淳史だったのね?

◆「帰郷」 2004年/日本 【82分】
監督:萩生田宏治 脚本:萩生田宏治/利重剛 音楽:今野登茂子 出演:西島秀俊/片岡礼子/守山玲愛/光石研/相築あきこ/伊藤淳史/ガダルカナルタカ/高橋長英/吉行和子

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3239-3d6c4d54