荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

三谷幸喜監督 「清須会議」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「清須会議」を観る。

20160530-005 20160530-006

天正10年(1582年)。

天下統一を目前にした織田信長が、本能寺の変で命を落とす。

長男の忠信も討ち死にし、にわかに織田家の後継争いが勃発する。

筆頭家老・柴田勝家と明智討伐の功労者・羽柴秀吉が後見に名乗りを上げ、それぞれ三男の信孝と次男の信雄を推して激しく対立する。

そんな中、2人が共に秘かな思いを寄せるお市様は、秀吉への恨みを晴らすべく勝家に加勢、一方の秀吉は軍師・黒田官兵衛を使って様々な奸計を巡らせていく。

互いに一歩も引かぬまま、いよいよ決戦の清須会議へと臨む勝家と秀吉だったが…。

★★★★★★・・・・(6/10)

kiyosukaigi0011

これから鑑賞する人は

あまり過度な笑いを期待しないでください。

三谷節ですが、あくまで歴史的事実にのっとっているので、そうそうブッ飛んだ笑いはありません。

最後の逆転劇も、実際のこのエピソードを知っている人にはそれほど驚きではありませんので・・・・先が観えないワクワク感は薄かったです。

登場人物たちもそれぞれ個性的ではありますが、それほど想定外なキャラはいませんし。

そんな訳で

「期待したよりもちょっと・・・」と言うのが正直な感想ですが、それなりに面白かったのは確かですし、このお話(清須会議自体)を知らない人はもっと楽しめたと思います。

また、三谷監督お得意の豪華キャストも見所で、

特に

我らが道産子タレント・大泉洋氏が、本作では役所広司と肩を並べて堂々の主役(?)は嬉しい限りです。

失礼ながら「サル」で「禿げネズミ」がピッタリでした。

鈴木京香の眉なしお歯黒のお顔が能面みたいで「怖ぇ~なぁ」と思っていましたが、終盤の剛力彩芽の笑顔もなかなか。

kiyosukaigi0013

中谷美紀は合っているんだか合っていないんだか、良く分からん配役。

あとはみんな“らしい”役を無理なく演じていました。

みんなが楽しそうな所が「監督らしい映画」だと思いました。

良いか悪いかは別として

あと2~3回は続けて観直せる軽く爽やかな映画です。

kiyosukaiggi0012

◆「清須会議」 2013年/日本 【138分】
監督:三谷幸喜 原作:三谷幸喜 脚本:三谷幸喜 撮影:山本英夫 音楽:荻野清子 出演:役所広司/大泉洋/小日向文世/佐藤浩市/妻夫木聡/浅野忠信/寺島進/でんでん/松山ケンイチ/伊勢谷友介/鈴木京香/中谷美紀/剛力彩芽/坂東巳之助/戸田恵子/近藤芳正/中村勘九郎/天海祐希/西田敏行

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3266-b748e177