荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★小説 >   国内小説

Comment (0)  Trackback (0)

辻仁成著 「海峡の光」

辻仁成著 「海峡の光」(新潮文庫/2000年刊)を読む。

海峡の光 (新潮文庫)海峡の光 (新潮文庫)
(2000/02/29)
辻 仁成

商品詳細を見る


廃航せまる青函連絡船の客室係を辞め、函館で刑務所看守の職を得た私の前に、あいつは現れた。

少年の日、優等生の仮面の下で、残酷に私を苦しめ続けたあいつが。傷害罪で銀行員の将来を棒にふった受刑者となって。

そして今、監視する私と監視されるあいつは、船舶訓練の実習に出るところだ。

光を食べて黒々とうねる、生命体のような海へ……。

海峡に揺らめく人生の暗流。

第116回(平成8年度下半期)芥川賞受賞作。



著者の作品を読むのは初めてです。

小説以外で何かと話題の多い方だけに今まで敬遠していたのですが、最近の痛々しい姿をテレビで見て、逆に関心が高まり購入しました。

読まず嫌いと言いますか・・・読み始めるとすぐにその世界に引き込まれ、あっと言う間に読了しました。

函館に住んでいた私は、あの街特有の雰囲気の描写に懐かしさと切なさを憶え、多少は堅いが詩の様な文体に緊張と美しさを感じました。

丹念に描き出された主人公の心の葛藤とそこに生まれる闇の部分が読んでいる側に共感を与えます。

最後まで読者は、何かが起きそうで起きない日常が一変する事を期待し、この物語を読み続けます。

結局、謎は謎のままで終わりますが、本作は主人公の一方的な視点から描かれているので、そこの部分は篇に理屈付けをしない方が良かったのでしょう。

とても面白かったです。

コレを機会に著者の作品を読んで観ようと思いました。

なんとなく悔しいけど・・・

★★★★★★★★・・

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー  ジャンル : 本・雑誌

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017