荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

今野敏著 「烈日 東京湾臨海署安積班」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今野敏著「烈日 東京湾臨海署安積班」(角川春樹事務所/ハルキ文庫/2013年刊)を読む。

烈日―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫 こ 3-37)烈日―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫 こ 3-37)
(2013/07/13)
今野 敏

商品詳細を見る


新しく庁舎が建てられた東京湾臨海署の刑事課に新たな刑事が配属された。

安積班にやってきたのはなんと水野真帆という女性だった。

鑑識課出身で、歪に膨張した水死体にも怯むことのない水野。

だが、彼女には意外なコンプレックスがあった・・・・・・。

新顔の女性刑事は果たして安積班の一員として活躍することができるのか(『新顔』より)。

安積、村雨、須田、黒木、桜井、交通課の速水、それぞれの物語を四季を通じて描く、大人気警察小説、ついに刊行!

ドラマでは味わうことの出来ない原作に感涙必至。


「東京湾臨海署安積班」としては7作目でしょうか?

20141004-001

本作ではテレビドラマより逆輸入された(小説版には居なかったがドラマでは登場していた)女刑事が新キャラとして登場。

お馴染のメンバーに新たな刺激を与えてくれます。

何でしょうね・・・刑事ドラマなのに爽やかで清々しいこの後味。

リアルと非リアルとの程良い狭間で、重くも無く、かと言って軽過ぎず、サラリと読めてしみじみと感じさせる登場人物たちの人間模様・・・・今更ながら「上手いな」と感じさせてくれる短編集でした。

特に、最近忙しくお疲れ気味だった私にとっては、この読みやすさが心地良かったです。

しばらくするときっと忘れてしまうお話ですが、また絶対に読みたくなる作品なのです。

(ドラマは観ていなかったけど)

★★★★★★★・・・  
→今野敏読了作品一覧

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3336-bdfdfba4