荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

くろがねゆう監修 「世界映画・拳銃大図鑑―小林弘隆ベストワーク集」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

くろがねゆう監修 「世界映画・拳銃大図鑑―小林弘隆ベストワーク集」(洋泉社/1997年刊)を購入。

20160214-004

永遠の映画少年に捧ぐ。

懐しの西部劇から90年代アクションまで掲載作品250本、銃350丁を網羅。

映画・拳銃ファンの少年たちに熱烈に支持されたイラストレーター小林弘隆の集大成。


古本屋で見つけ、即購入しました。

昔から大好きなイラストレーターの作品集です。

小林弘隆氏ことイラコバさんはモデルガンメーカーMGCの広告やボックスアートを手掛けるイラストレーターで、映画や銃器を題材にしたイラストエッセイを執筆していた明日蘭さんでもあります。

私が初めてイラコバさんの絵に触れたのは、小学生の時に買ったMGCのモデルガン、コルト・トルーパーの4インチモデルの取扱説明書です。

katarogu001

MGCのモデルガンを買った事のある人でしたらご存じでしょうが、MGCの取説には詳細で美しいイラストが挿絵として載っていました。

その絵がイラストの小林さんことイラコバさんの作品です。

絵が好きだった私はすぐに真似をして拳銃を描いていたモノです。

また、当時の月刊「GUN」の にもよく銃を持った俳優のイラストが載っていました。

こちらも高校の頃によく、このタッチそっくりの映画俳優の絵を描いていました。

(とは言っても、技術的には足元にも及びませんでしたが)

今では懐かしい思い出ですが、あれから何十年経った今も氏のイラストを見ると感動いたします。

読むのではなく眺める本ですので、私にとっては一生かかっても読み終わる事は無い本だと思います。

20141113-008
★★★★★★★★★・ 

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3365-b025ef68